全自動洗濯機の水が出る仕組みとは?蛇口は開けたままでいいの?

全自動洗濯機は給水から脱水までを
すべて自動で行ってくれますが
水が給水される仕組みは一体どのようなものなのでしょうか?

というのも、
「洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていたのですが
水道代が大変な事にならないか心配です…」
という相談がちらほら見られたからなのです。

そんなわけで、
今回は全自動洗濯機の水が出る仕組みなどに
ついていろいろとご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


全自動洗濯機の水が出る仕組みとは?

電源を入れてスタートすると水が
勝手に出てきて洗濯をしてくれる
全自動洗濯機ですが、
この勝手に水が出てくる仕組みは
どのようなものになっているのでしょうか?

全自動洗濯機には「ソレノイドバルブ
という電磁弁が付いていますが、
このソレノイドバルブが洗濯機を
使用していない時には水の流れを遮断してくれるので
たとえ蛇口を開けっ放しにしていたとしても
水が流れることはありません。

そして、洗濯機を起動すると自動的に
このソレノイドバルブが開いて
給水を始めてくれるという仕組みになっているのです。

全自動洗濯機の蛇口は開けたままでいいの?

さて、ソレノイドバルブのおかげで
使用していない時には自動的に
水を遮断してくれている全自動洗濯機ですが、
繋がれている蛇口を開けっ放しにしている派と
使用していない時には閉じる派に
分かれていていろいろなところで議論されているようです(笑)

果たしてこれはどちらが正しいのでしょうか?

ということで、私の個人的な見解を
ご紹介していこうと思うのですが、
個人的には使用しない時には蛇口を
閉じたほうが良いと思います。

確かに、全自動洗濯機にはソレノイドバルブが
あり自動的に水を遮断してくれるのですが、
問題はこのソレノイドバルブが破損してしまった場合です。

ソレノイドバルブが水を遮断できなくなってしまうと
水がずっと流れている状態になってしまうので
知らずに放置していてしまうと水道代が
大変なことになってしまったり、
水が漏れだしていることで近隣の人や
下層階に住んでいる人に迷惑がかかってしまう
というような可能性も考えられるからです。

なので、ソレノイドバルブを過信せずに
使用しない際には蛇口を閉じておいた方が
安心できると思うのです。

もちろん、ソレノイドバルブが正常に機能していれば
蛇口を開けっ放しにしていても
水は流れないので水道代が高くなることはありませんし、
もちろん水が漏れだしてしまうこともないですよ。

まとめ

今回は全自動洗濯機から勝手に水が出る
仕組みなどについてご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

ソレノイドバルブ(電磁弁)によって
水の流れをコントロールしているわけなので
蛇口を開けっ放しにしていたとしても
水が流れだしてしまうことはありませんが、
ソレノイドバルブが故障してしまったり、
蛇口とホースの接続がゆるんでいたり
破損していたりすると水が流れ出してしまい、
水道代が大変な事になったり、
水漏れで近隣住民とトラブルになってしまう
可能性があることも頭の中に入れておく必要がありそうです。

普段は蛇口を開けっ放しだったとしても
長期留守にするような場合には
蛇口を閉めて出かけた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする