全自動洗濯機の水が出る仕組みとは?蛇口は開けっ放しで大丈夫?

普段何気なく使っている洗濯機ですが、
よくよく考えてみると、
スタートボタンを押すだけで、
給水から脱水まで勝手にやってくれるって
とてもすごい事ですよね?

なので、ふと、

「洗濯機は一体どうやって自動で
水が出したり止めたりしているのかしら?

あと、元栓の蛇口を開けたままにしていて
水漏れが起こってしまうことってないのかしら?」

と疑問に思い、洗濯機の水が自動で
出る仕組みはどうなっているのか?
ということについて調べてみたのですが、

もしかしたら、私と同じように、
全自動洗濯機の水が自動で出る仕組みについて、
気になっている方もいらっしゃるかもしれないので、

今回は、全自動洗濯機の水が自動で
出たり止まったりする仕組みは
どうなっているのか?
ということなどについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



全自動洗濯機の水が勝手に出たり止まったりする仕組み

というわけで、

早速ですが、

全自動洗濯機の水が自動で
出たり止まったりするのには
一体どんな仕組みがあるのでしょうか?

この事について、
気になっている方も多いと思いますが…

結論から言ってしまうと、
全自動洗濯機には「ソレノイドバルブ」
という電磁弁がついていて、
ソレノイドバルブが水の給水や止水を
コントロールすることで、
水が自動で出たり止まったりする
ということが分かりました。

なので、イメージしやすいように説明すると、

全自動洗濯機のスタートボタンを押すと
ソレノイドバルブが開いて給水が始まり…
水の量が規定のところまで来たら、
ソレノイドバルブが閉じて給水が止まるように
なっているから給水も止水も
洗濯機にお任せ出来ていたというわけなんですね。

全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しで大丈夫?

さて、ここまでは、
全自動洗濯機の水が勝手に出たり
止まったりする仕組みについて
ご紹介しましたが、

1つ疑問が残るとしたら、
「全自動洗濯機の蛇口は開けっぱなしで大丈夫なの?」
ということではないでしょうか?

ソレノイドバルブがあるので、
洗濯機に給水が必要ない時は、
自動的に閉じて水を遮断してくれるわけですが、

蛇口を開けっ放しにしていたら、
ソレノイドバルブに負荷がかかって
壊れたりして水漏れしてしまいそうな
気もしますからね(^_^;)

そこで、
全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しでも大丈夫なのか?
ということについて調べてみたところ、

安全面を考えると、
洗濯機を使用しない時は、
蛇口を閉じておいた方が良い
ということが分かりました。

というのも、
蛇口を開けっ放しの状態の時に、
ソレノイドバルブが破損してしまって、
水の流れが遮断できなくなってしまったとしたら、

水が溢れて水漏れする原因になったり、
無駄な水道代がかかってしまうことになります。

なので、
洗濯機を使用しないのであれば
蛇口を念のために閉じておいた方が良い
ということになるでしょう。

また、特に旅行などで家を何日か
開けるような場合は、
洗濯機の蛇口は閉じてから出発するようにしないと、
万が一水漏れしていたとしても
対処することができなくなってしまうので、

洗濯機を使わない期間は蛇口を閉じる
というふうにしていた方が安心です(*^^*)

まとめ

今回は、全自動洗濯機の水が
勝手に出たり止まったりする仕組みは
どうなっているのか?
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

自動で給水と止水をしてくれる
ソレノイドバルブのおかげで、
私たちはボタン1つで洗濯ができているなんて、
技術の進歩に感謝しかありませんね(笑)

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする