野菜室と冷蔵室の温度の違い!冷蔵庫に野菜室がない時はどうするの?

冷蔵庫に野菜室があると、
野菜を新鮮なまま長くキープできるので、
冷蔵庫に野菜室がなくては困る
という方も少なくないかもしれませんが、

冷蔵庫の野菜室は普通の冷蔵室と
どんな違いがあるのかご存知でしょうか?

私も冷蔵室と野菜室って一体何が違っているの?
と以前から疑問に思っていたのですが、
ふと、この事について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、冷蔵室と野菜室の違いや、
野菜室がない場合は野菜をどのように
保存すると良いのか?ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

野菜室と冷蔵室の違いは温度と湿度!

 

冷蔵室と野菜室の違いは一体何なのでしょうか?
この事について疑問に思われている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
冷蔵室と野菜室の違いは、
温度と湿度が違うということになります。

一般的に冷蔵室の温度は2℃~6℃に設定されていますが、
野菜室の温度は3℃~8℃と冷蔵室に比べて
やや高めに設定されており、
また、湿度も冷蔵室に比べて
10%~20%高く設定されています。

では、なぜ野菜室は温度と湿度が
やや高めに設定されているのでしょうか?

それは、野菜は温度が高すぎても低すぎても
鮮度を維持することができないからです。
つまり、冷蔵庫の野菜室は野菜を保存するのに
最適な環境になるよう温度と湿度が
設定されているというわけなんですね。

・野菜室なのに凍る…原因は故障なの??

 

ちなみに、野菜室で肉や魚など、
野菜以外のものを保存するのは避けましょう。
肉や魚にとって野菜室の温度や湿度は
高いのでいたみやすくなってしまいます。

・冷蔵庫と冷凍庫の平均的な温度は何度??

それと、りんごも野菜室に入れるのがNGになります。
りんごは野菜などの腐敗を促進させてしまう
「エチレンガス」が多く発生しているので、
りんごと一緒に野菜や果物を保存しない方が
他の野菜や果物がいたみにくくなります。

 

また、

  1. もやし
  2. キャベツ
  3. アスパラ
  4. 大根

これらの野菜は、
冷蔵室の温度で保存した方が
鮮度を保ちやすい野菜になるので、
野菜室ではなく冷蔵室に入れて
保存するのがおすすめです。

 

冷蔵庫に野菜室がない場合はどうやって野菜を保存すれば良い?

 

ここまでは、
冷蔵室と野菜室の違いについて
ご紹介しましたが、

使っている冷蔵庫に野菜室がない場合は、
野菜を保存する時どのような点に
注意すると野菜を長持ちさせられるのでしょうか?

ここからは、この事について書いていきたいと思います。

 

まず、野菜室がない場合は、
一気に野菜をたくさん買ってくるのではなく、
できるだけすぐに食べ切れる量だけを
買ってくるようにするという事が大切です。

すぐ食べ切れる量の野菜であれば、
保存をあまり気にしなくても良くなるので、
野菜室がない場合はこまめに野菜を買ってくる
というふうにすると良いでしょう。

 

また、

  1. 芋類
  2. しょうが
  3. 玉ねぎ

これらの野菜は常温で保存できるので、
直射日光があたらなない
風通しが良い日陰に置いておきます。

キャベツやレタスなどの葉物野菜は、
乾燥を苦手としているので、
濡らした新聞紙などでくるんで、
ビニール袋に入れ切り口を下にし
冷蔵庫もしくは冷暗所で保存しましょう。

また、きのこ、ピーマン、にんじん、
おくら、ほうれんそう、アスパラガス、セロリなどは
適当な大きさにカットしタッパーに軽く水を入れ
冷蔵庫に入れて保管すると良いですね。

 

まとめ

 

今回は、冷蔵室と野菜室の違いや、
野菜室がない時はどのように野菜を
保存したら良いのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

野菜室は野菜を保存するのに
ちょうど良い温度と湿度に設定されているので、
野菜を新鮮なまま長持ちさせられる
ようになっていたというわけなんですが、

中には野菜室で保存しない方が良い野菜や果物もあるので、
そういったものは野菜室に入れないように注意しましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください