ウォシュレット後トイレットペーパーがくっつく時の対処法!

ウォシュレットをした後に
トイレットペーパーで拭いた時、
トイレットペーパーがボロボロなって、
くっついてしまう…
なんてことありますよね(^_^;)

トイレットペーパーがくっついているは
自分だと気がつきにくく、
万が一他人に指摘されてしまったら大変です。

そこで、ウォシュレット後に
トイレットペーパーがくっつかないようにする
対処法についていろいろと調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ事について気になっている方も
少なくないようだったので、

今回は、ウォシュレットした後、
トイレットペーパーがくっつかないようにする
対処法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

ウォシュレット後トイレットペーパーがくっつく時の対処法!

 

ウォシュレットを使った後、
トイレットペーパーがくっつかないようにするには
どんな対処方があるのでしょうか?

 

1.ウォシュレット専用のトイレットペーパーを使う

 

ウォシュレットをした後、
トイレットペーパーがくっついてしまう原因として、
トイレットペーパーが水ですぐボロボロになりやすい
という事があります。

紙質が悪いトイレットペーパーだったり、
シングルで薄く吸水性が低いトイレットペーパーだと、
ウォシュレット後の水分ですぐボロボロになり
くっついてしまうというふうになりがちです。

最近は、こうしたトイレ事情を踏まえて
ウォシュレット後に使うための
ウォシュレット専用トイレットペーパーもあります。

ウォシュレット専用トイレットペーパーは
厚手で吸水性に優れているため、
ウォシュレット後に使ってもボロボロになりにくいため
くっつく心配をかなり軽減することができますよ。

大王製紙 エリエールシャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー12R (ダブル)

 

また、ウォシュレット専用の
トイレットペーパーでなくても
紙質がしっかりしているものは、
くっつきにくいので、
自分が使いやすいトイレットペーパーを
いろいろと探してみるようにしてみると良いと思います。

 

2.強く拭かないようにする

 

ウォシュレットを使った後、
トイレットペーパーがくっつかないようにする
対処法の2つ目は強く拭かないようにする
ということになります。

トイレットペーパーは水に溶けやすいように
紙の繊維が崩れやすく作られているので、
必要以上に強く拭いてしまうと、
ボロボロになりくっついてしまう原因になりますし、
体にも負担になってしまうのでよくありません。

トイレットペーパーで拭く時は、
できるだけ優しく拭くようにするようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、ウォシュレット後トイレットペーパーが
くっつく時の対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ウォシュレットを使った後、
必ずといっていいほどトイレットペーパーが
くっついてしまうという人は、
今回ご紹介した対処法を参考にしていただくと
トイレットペーパーがくっつきにくくなるかと思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください