洗濯機の掃除に最適なワイドハイターは液体と粉末どっち?違いは何?

「そういえば、
前回いつ槽洗浄コースで洗濯槽を洗ったっけ…」

と、ふと思い出したりすることってありますよね?

そこで、
「思い立ったが吉日だわ^^
洗濯槽クリーナーで槽洗浄しよう!」
と思った時に限って、

「洗濯槽クリーナーないじゃん…」

って事が結構あるんですよねΣ(´∀`;)

なので、洗濯槽クリーナーの代わりに
なるものをと探していたんですが、
どうやらワイドハイターを使うと良い
ということだったんですが、

ワイドハイターには
粉末と液体の2種類があったので、

「洗濯槽の掃除には粉末と液体どちらの
ワイドハイターを使ったら良いのかしら?」

と思い、
粉末ワイドハイターと液体ワイドハイターの違い
調べてみたんですが、

すると、私と同じ疑問を持っている方も
結構多いみたいだったので、

今回は、洗濯槽の掃除に最適なワイドハイターは
粉末と液体どっちなのか?ということや、
ワイドハイターを使った洗濯槽の掃除方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機の掃除に最適なワイドハイターは液体と粉末どっち?違いは何?

さて、「ワイドハイター」といえば
液体と粉末の2種類がありますが、
液体ワイドハイターと粉末ワイドハイターには
一体どんな違いがあるのでしょうか?

まず、この事についてご紹介すると、

液体ワイドハイターは弱酸性なのに対し、
粉末ワイドハイターは強めのアルカリ性
という違いがあります。

液体ワイドハイターは「過酸化水素」が主成分で
粉末ワイドハイターは「過炭酸ナトリウム」が主成分なので、

同じワイドハイターですが、
全く違うものなんですね(^_^;)

では、
液体ワイドハイターと粉末ワイドハイターは
どちらが洗濯機の掃除に適しているのか?
ということなんですが、

結論から言ってしまうと、
洗濯機の掃除に適しているのは
「粉末ワイドハイター」になります。

そもそも、
洗濯槽クリーナーの成分を見てみると、
過炭酸ナトリウムとなっていますが、
これは粉末ワイドハイターと同じ成分なんですよね^^

ちなみに、洗濯機の機種によっては、
ワイドハイターを使用してしまうと、
発生する泡によってセンサーが誤作動を起こす場合があり、
ワイドハイターを使用しないようにと
取扱説明書に書かれてある事もあるようなので、

ワイドハイターで洗濯機を掃除する場合は、
一度、お使いの洗濯機の取扱説明書に
「ワイドハイターを使用しないように」
と書かれていないかどうか確認してから
使用するようにしてください。

・洗濯槽の掃除方法!大量発生した黒カビぴろぴろワカメにも

洗濯機を粉末ワイドハイターで掃除する方法

ここまでは、
粉末ワイドハイターと液体ワイドハイターは
どちらが洗濯機の掃除に適しているのか?
ということについてご紹介しましたが、

ここからは、
粉末ワイドハイターで洗濯機を掃除する方法について
ご紹介していきたいと思います。

●粉末ワイドハイターで洗濯機を掃除する手順方法

  1. 洗濯槽いっぱいに40℃のお湯をためる
  2. 水10Lに対し50gの粉末ワイドハイターを入れる
  3. 洗濯機を5分くらい運転させ一度停止する
  4. そのまま2時間ほどつけおき状態にする
  5. 水面に浮いているゴミやカビをゴミ取りネットですくう
  6. 洗濯機を再度動かす
  7. 最後にきれいな水で空運転させる

このようにすると、
粉末ワイドハイターで洗濯槽を
きれいにすることができますので
もしよかったら参考にしてみてください^^

まとめ

今回は洗濯機の掃除に最適な
ワイドハイターは液体と粉末どっちか?
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

液体ワイドハイターと粉末ワイドハイターは
それぞれ全く主成分が違っているので、
同じようで別物ということなんですが、

洗濯機の掃除に効果を発揮してくれるのは
主成分が過炭酸ナトリウムの粉末ワイドハイターなので、
洗濯機の掃除をする場合は粉末ワイドハイターを
使用するようにしてみてください。

ただ、洗濯機の種類によっては
過炭酸ナトリウムによる槽洗浄が
NGとなっている場合もあるようなので、
粉末ワイドハイターで洗濯機を掃除する場合は、
お使いの機種の説明書を確認してから
使用するようにしてくださいね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする