USBメモリを水没させてしまった時の対処法!ドライヤーで乾かせば直る?

パソコンを使わない日はない
というくらい、
パソコンは私たちの生活に
浸透していますが、

パソコンのデータを手軽に
持ち運びする事ができる
USBメモリを間違って洗濯して
水没させてしまう…

というトラブルは後を絶たないようですΣ(´∀`;)

かくいう私も、
USBメモリを水没させてしまった
一人なんですが…

USBメモリを水没させてしまうと、

「中に入っていたデータはどうなってしまうの?」

と不安になってしまいますよね?

なので、
水没したUSBメモリを
復活させる方法について
調べてみたんですが、

私と同じようにUSBメモリが
水没して困っている方も
少なくないようだったので、

今回はUSBメモリを水没させてしまった時の
対処法についてご紹介していきたいと思います^^

USBメモリを水没させてしまった時絶対やってはいけない事!

USBメモリを復活させる方法について
ご紹介する前に…

USBメモリを水没させてしまった時に
絶対にやってはいけない事
についてお伝えしたいと思います!

それは一体何かというと…

完全に乾燥していない状況のUSBメモリは
絶対にパソコンなどに挿し込んではいけない

ということなんです!

少しでもUSBメモリに水分が残っている状態で
使用し通電させてしまうと、
USBメモリがショートを起こして故障し
データを取り出す事が本当に
できなくなってしまいます。

なので、USBメモリを水没させてしまった時は
慌ててデータが生きているかどうか挿し込んで
確認しようとするのは絶対にやめてくださいね。

USBメモリが水没してしまった時は
データを壊さないためにも
しっかりと乾燥させる手順を踏んで、
データが読み取れるか確認するのが
USBメモリを復活させる必須条件です^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



USBメモリを水没させてしまった時の対処法!ドライヤーで乾かせば直る?

では、ここからは、

水没したUSBメモリを復活させるための
対処法についてご紹介していきたいと思います^^

まず、用意しなければならないのが、
「無水エタノール」と「ドライヤー」になります。

これらが用意できたら、

まず無水エタノールを適当な容器
(USBメモリ全体が浸る大きさ)に
たっぷりと入れ、
そこにUSBメモリを入れて
1時間程つけおきします。

そうしたら、
USBメモリを無水エタノールの中から取り出し、
ドライヤーを使って乾燥させていきます。

いきますが、
ドライヤーは少し離して
USBメモリが熱くならないように風を当てます。

また、この時USBメモリを完全に
ドライヤーで乾燥させるというよりかは
大まかに水分を飛ばすというイメージで
やるようにします。

ドライヤーであらかた水分を飛ばしたら、
USBメモリが乾燥しやすいように
風通しの良い場所で1日くらい放置しておきましょう。

USBメモリが完全に乾燥したと思ったら、
いつも通りパソコンに挿し込んで見てください。

USBメモリがしっかり乾燥していれば
パソコンがこれまで通りデータを
読み込んでくれるはずです(*^^*)

まとめ

今回は、
USBメモリを水没させてしまった時の
対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

USBメモリを水没させてしまった場合は
とにかくしっかり乾燥させる
ということが大切になってきますので、
しっかり乾燥させるようにしてください。

また、水没したUSBメモリが復活した場合は、
すぐデータを他の安全な場所に移動しておいた方が
良いかと思います^^

・USBメモリ人気ランキング【楽天市場】

復活したと思っても、
いつデータを読み取れなくなってしまうか
分かりませんからね(;´∀`)

ということで、
この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです(^_^)v


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする