テレビ画面がフリーズして止まる!原因はB-CASカード?電波?

「最近なんだかテレビの画面が
フリーズして一瞬止まる事が多いのですが、
テレビの画面がフリーズする原因て
一体何なのでしょうか?」

ということで、
テレビを見ているとフリーズして
止まる事があったので、
こんな疑問を持ったんですが、

テレビがフリーズする原因について調べてみると、
私と同じようにテレビがフリーズして
困っているというかたも少なくないようだったので、

今回は、テレビ画面がフリーズして
止まる場合に考えられる原因や
対処法についてご紹介していきたいと思います^^

テレビ画面がフリーズして止まる!
原因はB-CASカード?電波?

 

テレビを見ている時、
画面が一時的にフリーズしてしまう…
という場合には一体どのような
原因が考えられるのでしょうか?

テレビ画面がフリーズしてしまうと、
視聴の妨げになってしまうので、
しっかり解決しておきましょう。

 

原因1・テレビの電波受信レベルが低下している

 

テレビはアンテナから受信した電波を
アンテナケーブルを通じて受信し、
映像が流れるようになっていますが…

テレビに届く電波の強度が低下してしまっていると、
映像がうまく流れなくなってしまい、
フリーズするようになってしまったり、
さらに低下すると映像が映らなくなってしまいます。

ですから、
テレビの画面がフリーズを起こすようになった場合は
一度テレビのアンテナレベルが低下していないかどうか
確認してみるようにしましょう。

テレビのアンテナレベルを確認したい場合は、
テレビの設定メニューやホーム画面を開き、
設定に進んでいくと確認することができます。

もし、アンテナレベルが低下していた場合は
対処法について別の記事で解説しているので、
参考にしてみてください。

・テレビのアンテナレベルが低下する原因とは?

 

原因2・アンテナケーブルの接触不良

 

テレビに電波を送るためのアンテナケーブルですが、
このアンテナケーブルが接触不良を起こしていると、
テレビに電波がうまく届かなくなってしまうため、
テレビ画面がフリーズしてしまう原因になります。

なので、

  1. アンテナケーブルはしっかり挿し込まれているか?
  2. アンテナケーブルを見て異常はないかどうか?

というような事をチェックしてみてください。

また、アンテナケーブルはテレビと
壁面のテレビコンセントに挿し込まれているので、
両方しっかり確認するようにしましょう。

 

原因3・B-CASカードの接触不良

 

テレビを視聴するためにはB-CASカードが必要ですよね?
テレビの裏面や側面を見てみると、
B-CASカードが挿し込まれていると思いますが、
このB-CASカードがしっかりと挿し込まれていないなど
接触不良が起こっていると、
テレビ画面がフリーズしてしまう事があるようです。

ですから、
アンテナレベルやアンテナケーブルなどを
確認してみたにも関わらず、
画面のフリーズがなくならないという場合は、
B-CASカードを一度抜いて、
再度しっかり挿し込んでみてください。

・テレビにB-CASカードエラーが出て見れない時の対処法

 

原因4・アンテナの向きが変わってしまった

 

テレビ画面がフリーズするのは
もしかしたらアンテナの向きが
変わってしまったからかもしれません。

強風などでアンテナの向きが変わってしまうと、
アンテナが電波をしっかり受信できなくなり、
アンテナレベルが低下してしまう原因になるので、
アンテナケーブルなどがしっかり
接続されているにも関わらず、
テレビ画面がフリーズするという場合は、
アンテナの向きが変わっていないかどうかを
疑ってみると良いでしょう。

また、アンテナの向きを自分で調整できない場合は、
業者に連絡して調整してもらう必要があります。

 

原因5・無線LANが干渉している

 

テレビの画面がフリーズしてしまうという場合、
自宅に無線LAN(Wi-Fi)の電波が
テレビの電波に干渉してしまい
フリーズしてしまうという可能性もあるようです。

なので、一度無線LANの電源をOFFにした状態で
テレビをつけてみて正常に映像が流れるようであれば、
無線LANが干渉している可能性が高いので、

無線LANルーターの位置を遠ざけてみるなどして
電波の干渉が起こらないようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、テレビ画面がフリーズして止まる場合に
考えられる原因や対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

テレビの画面がフリーズしてしまう原因は
いろいろと考えられますので、
1つずつ確認して原因を見つけて
適切に対処することが大切です。

ただ、もし自分で原因が分からない場合は、
業者に連絡して点検してもらった方が
良いかもしれませんね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください