テレビのつけっぱなしは赤ちゃんにどんな影響を及ぼすのか?【育児】

赤ちゃんがいるママさんには
テレビを見せる派と見せない派に
分かれることがあるようですが、
育児の観点からテレビは赤ちゃんに
どのような影響を及ぼしていくのでしょうか?

またテレビをつけっぱなしにしているという方の中には
「赤ちゃんに悪影響が出ることがあるのかしら…?」
と気にされている方もいるようなので、
今回はテレビのつけっぱなしは赤ちゃんに
どんな影響を及ぼすのかということについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


テレビのつけっぱなしは赤ちゃんにどんな影響を及ぼすのか?

赤ちゃんは周囲の状況を観察し、
覚えたことをまねすることで
だんだんと成長していくものですが、
テレビを見せることは赤ちゃんに対して
どんな影響を与えてしまうのでしょうか?

これについていくつか考えられる
影響についてご紹介すると…

1,言語・コミュニケーション能力が育たない

まず、テレビが赤ちゃんに与える影響として
もっとも懸念されてしまうのが、
「言語・コミュニケーション能力が育たない」
ということになります。

テレビは一方的に流れてくる情報を受け取るだけなので、
赤ちゃんが何かテレビに反応したとしても
テレビから何か反応をもらうことはできませんよね。

大人からすると当たり前のことかもしれませんが、
まだ何も知らない赤ちゃんからすると
自分を表現しても意味がないということになってしまい、
言葉を話さなくなってしまう可能性があったり、
また、直接親とのコミュニケーションをする時間が減ってしまうので、
そこから生きたコミュニケーションを学ぶことができないため
言語・コミュニケーション能力に遅れが出てきてしまう恐れがあるのです。

2,テレビの音や光の刺激が強すぎる

赤ちゃんにとってテレビの音や光の刺激は強すぎるため
赤ちゃんがテレビを見ると脳がたくさんの
エネルギーを消費してしまい赤ちゃんが疲れてしまいます。

また、赤ちゃんの時期には実際に五感を使って
体験することで脳の発達を促進することができますが、
テレビですと視覚と聴覚のみしか使わないので
偏った発達の仕方をしていってしまう可能性も考えられます。

3,歌や手遊びなどの育児に効果的な遊びをする時間が減る

赤ちゃんにはテレビを見せるよりも
歌や手遊びをしたりお母さんとのコミュニケーションをしたり
ということの方がとても大切な学びになります。

また赤ちゃんはそもそもテレビを見たいとは思っていませんので、
テレビを見せなかったからといってストレスを
感じてしまうというようなこともありませんので
赤ちゃんにはテレビを見せるのではなく、
大変かもしれませんが直接相手をしてあげたり
遊びを教えてあげるようにすることが大切です。

育児的にテレビは3歳になってからがベスト

さて、ここまではテレビをつけっぱなしにすると
赤ちゃんにどのような影響があるのか
ということについてご紹介してきましたが、
赤ちゃんにテレビを見せるというのは本来不要なことなので、
育児的にはあまり推奨されることではないのですが、
ではいつからテレビを解禁するのが良いのかというと、
それは3歳以降ということになります。

では、どうして3歳以降なのかというと、
赤ちゃんの感性は3歳くらいで完成するので、
それまではしっかりと五感を使った遊びをしたり
直接コミュニケーションをすることで
しっかりと感性を育ててあげることが大切だからなのです。

逆にいうと、この感性が発達していく1番大事な時期に
テレビを見るという受動的な行為の時間が長いと
感性がバランス良く発達していくことができないので
テレビを見せる必要はあまりないのですね。

ちなみに、味覚も3歳くらいまでは完全ではないので
与える食べ物にも注意する必要があるのですが、
チョコレートがNGであることは知っていましたか?

・赤ちゃんにチョコレートをあげちゃダメな理由とは?

まとめ

今回はテレビのつけっぱなしは赤ちゃんに
どのような影響を及ぼすのかということについて
いろいろとご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

育児的に感性が発達しきる3歳くらいまでは
五感を使わせてあげたり、
直接のコミュニケーションをしてあげたり
ということをしないとうまく感性が発達していかない
という可能性があるので、
親御さんがしっかりと赤ちゃんの相手を
してあげるということが大切なのですね。

また今では赤ちゃんが遊べるおもちゃもたくさんあるので
そうしたものを活用して知育していくと良いかもしれません。
触ると音が出たりするようなものは定番ですね♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする