テレビのリモコンの効きが悪い時の対処法!アルミ箔で修理する方法!

テレビの電源を入れたり、
チャンネルを切り替えたりする時に
欠かせないテレビのリモコンは、
ボタンを押す回数が多いので、

使っているうちに、
一部のボタンの効きが悪くなってしまう…
なんて事が起こってしまったりするようです。

我が家のテレビのリモコンは
電源ボタンの効きが悪くなってしまい、
テレビの電源がなかなか入らなく
なってしまっていたので、

「リモコンの効きを復活させる方法はないのかしら?」
と思い、リモコンの効きが悪い時の
対処法について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、テレビのリモコンの効きが悪い時の
対処法についてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

テレビのリモコンの効きが悪い時の対処法!
アルミ箔で修理する方法!

 

テレビのリモコンの効きが悪い時は
どのような対処法があるのでしょうか?

この事について気になっている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
リモコンの効きが悪くなってしまっている場合は、
リモコンを分解して効きが悪いボタンを石けんと水で掃除し、
ボタンの裏側の部分がすり減っていると思いますので、
その部分を埋めるようにアルミ箔を貼って、
元に戻すとリモコンの効きを復活させる事ができます。

リモコンの効きが悪くなった場合は、
大抵ボタンの裏がすり減ってしまい、
ボタンが押しにくくなってしまっている
という事が原因である事が多いので、

効きの悪いボタンのすり減った部分を埋めれば、
またリモコンの効きが良くなるというわけなんですね。

 

学習リモコンを買って代用するのも良いです

 

ということで、
テレビのリモコンの効きが悪い時の
対処法についてご紹介したんですが、

自分で分解して修理するのがちょっと難しそう…
というような場合は、

学習リモコンを買って、
テレビリモコンとして代用する
というふうにした方が良いかもしれません。

やはり、リモコンのボタンは物理的な
接触を繰り返しているうちに摩耗して
効きが悪くなってしまうものなので、

「テレビのリモコンの効きが悪くて困るなぁ」と
感じている場合は、
先程ご紹介したような方法で修理するのも
1つの対処法になりますが、

学習リモコンを使って代用するのも、
もう1つの対処法の選択肢になります。

ちなみに、汎用・万能リモコンは、
1つ1,000円~2,000円ほどで
手に入れる事ができますし、

1つのリモコンで複数の機器を操作できる
高性能なリモコンもあったりして、
リモコンを変えるだけで生活がより便利になる
という場合も少なくありませんよ。

・【最大6台操作可能】学習リモコン

 

まとめ

 

今回は、テレビのリモコンの効きが
悪い時の対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

リモコンは使っているうちに、
接触部分が摩耗して効きが悪くなってしまう場合があるので、
そういった場合は一度リモコンを分解して
摩耗している部分にアルミ箔を貼って
修理すると効きを復活させることができます。

ただ、学習リモコンを使用すれば、
テレビリモコンとして代用することができるので、
自分で修理したりするのが苦手という場合は、
学習リモコンを使うようにすると良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください