テレビのイヤホン(ヘッドホン)をワイヤレス(コードレス)化する方法!

音楽プレーヤーやスマホの音楽をブルートゥースを
使ってワイヤレスで楽しんでいるという方も多いと思いますが、
ワイヤレスイヤホンやヘッドホンだとコードが
絡まってしまうなどの煩わしさがないのでとても便利ですよね^^

さてさて、そこでテレビを見る時にも
ワイヤレスイヤホンやヘッドホンを使いたいと
思われている方も少なくないようなのですが、
ほとんどのテレビにはブルートゥース機能がないため
ブルートゥースイヤホンやヘッドホンを
そのままでは使用することができず、
どうしてもミニピンジャックがついたイヤホンを
使うことになってしまいます。

一体どうすればテレビのイヤホンをワイヤレス化
することができるのでしょうか?
今回はこういったことについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


テレビのイヤホン(ヘッドホン)をワイヤレス(コードレス)化する方法

テレビの音声をブルートゥースでワイヤレス化して
ブルートゥースイヤホンやヘッドホンで楽しむためには
「ブルートゥーストランスミッター&レシーバー」という
外部接続機器が必要となります。

ブルートゥーストランスミッター&レシーバーは
どのようなものか簡単に説明すると、
ブルートゥース機能がついていないテレビなどに
ブルートゥース機能を後付するためのものになります。

つまり、ブルートゥーストランスミッター&レシーバーを
テレビに接続すればテレビの音声をワイヤレス化して
楽しむことができるようになるというわけですが、
ブルートゥーストランスミッター&レシーバーを
選ぶ際には1つ注意点があるので
次にご紹介していきたいと思います。

ブルートゥース送信機は「apt-X」対応しているかどうかが重要

さて、テレビの音声をワイヤレス化するためには
ブルートゥーストランスミッター&レシーバーが
必要になるということについてお話しましたが、
このブルートゥーストランスミッター&レシーバーを
選ぶ際には「apt-x」に対応しているかどうかが重要となります。

今現在「apt-x」に対応しているものは少ないので
特別に表記がされていないものだと
非対応となっている可能性が高く注意が必要なのですが、
一体「apt-x」とは何なのか気になりますよね?

「apt-x」非対応のブルートゥースの場合
音声が実際に再生されているものと
イヤホンやヘッドホンに届くまでの間に
少しロスが生じてしまうため、
例えばそれでテレビを見ると音声だけが
遅れて聞こえてきてしまうということになってしまいます。

そこで、この音声の遅延を防ぐための技術が
「apt-x」ということになるのですが、
もう少し詳しく説明すると「apt-x」は
音声コーデックの種類でクリアで透明感のある
音をワイヤレスで再生することができたり、
ワイヤレス化による音声の遅延が少ないなどのメリットがあります。

ということで、テレビをワイヤレス化する場合には
「apt-x」に対応しているブルートゥーストランスミッター&レシーバーを
選ぶようにされてくださいね^^

まとめ

今回はテレビの音声をワイヤレス化して
ブルートゥースイヤホンやヘッドホンで
楽しむための方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

「apt-x」に対応しているブルートゥーストランスミッター&レシーバーを
テレビに接続することで遅延が少なくクリアな音声を
ワイヤレスで聞くことができるようになるので、
テレビの音声をワイヤレス化したいという場合には
ぜひ参考にされてみてください^ー^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする