テレビの電源コードが断線した時の対処法!修理するより交換が早い!

「テレビの電源コードが断線してしまったのですが
こんな時はどのように対処したら良いのでしょうか?」

先日、我が家のテレビの電源コードが
断線してしまいテレビが見れなくなってしまったので、
電源コードが断線した時の対処法について
いろいろと調べていたのですが、

調べていると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、テレビの電源コードが断線してしまった時の
対処法についてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

テレビの電源コードが断線した時の対処法

 

テレビの電源コードが断線した場合は、
どのような対処法があるのでしょうか?

まず、最もおすすめの対処法となるのが、
テレビの電源コードを新しいものに交換する
という対処法になります。

テレビの電源コードは大抵の場合、
メガネケーブルというものが使われており、
メガネケーブルは家電量販店などで
普通に手に入れる事ができるので、
新しいメガネケーブルを買ってきて、
断線した電源コードと取り替えれば
またテレビを見る事ができるようになります。

・メガネ型汎用電源コード

ちなみに、メガネケーブルは長さにもよりますが、
500円~1,000円くらいで手に入れられる場合が多いです。

また、断線してしまった電源コードを
電気屋さんで修理してもらう場合は、
修理費用が5,000円ほどかかってしまうので、
新しくメガネケーブルを買った方が
安く済ませられるのですね(^_^;)

 

テレビの電源コードの断線を自分で修理できるみたいだけど…

 

ここまでは、
テレビの電源コードが断線した時の
対処法についてご紹介したんですが、

一応、テレビの電源コードの断線は
自分で修理しようと思えばできる場合もあるということだったので、
この事についてもご紹介しておきたいと思うんですが、

やはり、電源コードのつくりが簡素とはいえ、
知識のない素人が電気回りを修理するというのは
リスクが高い行為になってしまうので、
自信がない場合は新しく電源コードを
買い換えるようにしてくださいね。

ですが、もし、テレビの電源コードを
自分で修理する方法が気になる!
という場合は電源コードの断線を
修理する手順が解説されたページを
確認されてみてください。

・電源コードの修理方法

 

まとめ

 

今回は、テレビの電源コードが
断線した時の対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

テレビに使われている電源コードは
大抵の場合メガネケーブルが使われているので、
交換用のメガネケーブルと取り替えれば、
またテレビを見られるようになります。

ただ、交換用のメガネケーブルを買う場合は
お使いのテレビの電源コードとサイズが違わないかや、
コードのワット数をテレビのワット数がオーバーしないか
ということを確認してから買うようにしてくださいね。

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください