テレビのアンテナコードの延長方法2つ!無線化する手順についても!

先日、
テレビをテレビコンセントがある部屋の
隣の部屋に移動させたのですが、

テレビを移動させたところ、
アンテナコードの長さが短かったので、
こんな時はどうしたら良いのか?
ということについて調べてみたところ、

  1. アンテナコードを延長
  2. アンテナコードを無線化

の、2つの対処法がありました。

で、それぞれのメリットやデメリットについて
いろいろと調べてみたところ、

私と同じようにアンテナコードを延長する方法や
無線化する方法について気になっている方も
少なくないようだったので、

今回はこの事について、
みなさんにシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



テレビのアンテナコードを延長する方法2つ

テレビコンセントがない部屋で
テレビを見ようと思った時、
アンテナコードの長さが足りずに
見れなくなってしまった…
というような場合は、

  1. 中継アダプタとアンテナコードを追加して延長する
  2. 長いアンテナコードに交換する

のどちらかの方法で、
アンテナコードをテレビまで届くようにして
テレビが見られるようにする事が出来ます。

方法1・中継アダプタとアンテナコードを追加して延長する

テレビのアンテナコードの長さが足りない場合、
中継アダプタとアンテナコードを追加して
アンテナコードを延長することで、
テレビまでアンテナコードを届くようにする
という方法があります。

アンテナコードの先端は
「オスーオス」になっているので、
そのままではアンテナコード同士を
つなぎ合わせて延長することができませんが、

アンテナコード同士をつなぐための
「メスーメス」の中継アダプタを用意すれば、
アンテナコードをつなぎ合わせられる事が出来ます。

F型中継用アダプター

ちなみに、アンテナコードを中継アダプタで
延長した場合テレビの画質が悪くなってしまう…
という可能性もあるようですが、

アンテナレベルが高ければ、
画質の劣化は起こらないはずなので、
アンテナレベルを確認してみて
電波をしっかり受信出来ている場合は、
アンテナコードを延長することによる
画質の劣化を気にしなくても大丈夫でしょう。

方法2・長いアンテナコードに交換する

テレビのアンテナコードの長さが足りない場合は、
十分な長さのアンテナコードの交換する
という方法もあります。

中継アダプタを使って延長した場合よりも、
アンテナコードごと交換してしまった方が、
方法としてもシンプルですし、
テレビの画質の劣化も起こりづらいので、
アンテナレベルがやや低い場合などは、
アンテナコードごと交換した方が安心かもしれません。

ちなみに、10Mほどの長さの
アンテナコードは1,000円くらいで
手に入れることができるので
費用的にも中継アダプタを使う方法と
同じくらいになりますね^^

高品質 アンテナケーブル 10m

また、もっと長く延長していきたいという場合は
20M・30Mというようなアンテナコードも売られていますし、
それこそ、中継アダプタを使って延長していっても良いですね。

テレビの電波をWi-Fiで無線化する方法

もし、テレビの電波を無線化する事ができれば、
わざわざアンテナコードを延長したり交換する必要がなく、
家中どこでも好きな場所でテレビを
見る事ができるようになりますが、
果たしてそんな便利な方法はあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、

  1. 無線LANルーター
  2. DLNA対応のチューナー付きレコーダー
  3. DLNA再生可能な無線LAN対応テレビ

が揃っていれば、
テレビをアンテナコードにつながなくとも
テレビが見られるようになります。

では、具体的な方法について簡単にご説明していきます。

  1. 無線LAN環境(Wi-Fi)が整っている事を確認する
  2. テレビコンセントがある部屋にレコーダーを設置し、
    アンテナコードをつなぎ、無線LANにつなぐ
  3. テレビを無線LANにつなぐ
  4. 各テレビの操作方法に従ってDLNA再生を行う

このように、
必要な機器と無線LAN環境が揃っていると、
アンテナコードにつながなくとも
テレビを見られるようになりますので、
もし興味がある場合は、
テレビの無線化にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、
テレビのアンテナコードを延長する方法や、
テレビの電波を無線化する方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

テレビが無線化されていない場合は、
アンテナコードを接続しなければならないので、
テレビコンセントから遠い位置にテレビを設置する場合、
アンテナコードの長さが足りずテレビが
見られなくなってしまうという場合がありますが、

そのような場合は今回ご紹介した方法で、
アンテナコードを延長すれば、
テレビまで届くようになるでしょう。

また、DLNA対応のレコーダーとテレビ、
そして無線LAN環境が整っていれば、
アンテナコードを接続しなくとも
テレビが見られるようになるので、
興味がある場合はチャレンジしてみると良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする