タワー型扇風機のメリットとデメリット!リビング扇と比較してみた

この間扇風機を追加で1台買おうと
電気屋さんに足を運んでみたんですが、

今は普通の形の扇風機だけでなく
テレビの横に置くような縦長のタワー型の
扇風機もあるということを知り驚きました^^

タワー型の方がかなりスタイリッシュですし、
場所も取らなそうだったので、

「タワー型の方が良いかも!」

と一瞬思ったんですが…

いろいろとタワー型の扇風機について調べてみたところ
メリットだけでなくデメリットもあったので、

普通の扇風機とタワー型扇風機
どっちを選んだ方が良いか
迷ってしまったということがあったんですが…

もしかしたら、私と同じように、

「普通の扇風機(リビング扇)とタワー型扇風機
どっちにしたら良いのか分からない…」

と悩まれてしまう方もいらっしゃるかもしれないので、

今回はタワー型扇風機の
メリットとデメリットについて
リビング扇と比較しながら
ご紹介していきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



タワー型扇風機のメリットとデメリット!リビング扇と比較してみた

タワー型扇風機のメリットとデメリットについて
早速見ていきましょう(^^)/

■タワー型扇風機のメリット

  1. 細長い形なので省スペース
  2. 見た目がスタイリッシュ
  3. ファンにほこりが付きづらい
  4. 部屋の角に置きやすい

タワー型扇風機にはこのような
4つのメリットがあります。

タワー型扇風機は縦に細長い形状をしているので
リビング扇と比較すると設置した時
省スペースなのでスタイリッシュです。

なので、インテリア性を求めるという場合は
タワー型扇風機を選んだ方が、
納得できる買い物になるのではないでしょうか?

また、タワー型扇風機の場合は
裏側にフィルターがついているため
ファンにほこりが付きづらいという
メリットもあります。

リビング扇(普通の扇風機)のように
羽にほこりがつく心配がなく、
フィルターなので掃除がしやすいのですね。

■タワー型扇風機のデメリット

一方、タワー型扇風機には次のようなデメリットもあります。

  1. リビング扇よりも動作音がやや大きめ
  2. 上下に風を送ることができない
  3. 構造上内部の掃除がしづらい
  4. 本体が割りと重たい

タワー型扇風機も左右の首振りは可能ですが、
上下に首振りができない機種も少なくないので、
風が体全体に当たらないということがあったりします。

また、機種によってはリビング扇よりも
動作音が若干大きく感じられる場合があり、

本体の重さが重たく大変と思われる方も多いです。

タワー型は縦長にしてある分
安定感が損なわれやすいので、
あえて重くして安定感をアップ
させる必要があるのでしょう。

では、次にリビング扇のメリットと
デメリットについて見ていきましょう!

■リビング扇のメリット

  1. 安く手に入れることが出来る
  2. 風量が安定していて風を広い範囲に送ることができる
  3. 動作音が静か
  4. 羽や網の取り外しが簡単でお手入れしやすい

リビング扇にはこのようなメリットがあります^^

リビング扇はかなり手頃な価格で買うことができるので、
初期費用が安くて済みますし、

風量が安定していて、
上下左右の首の角度の調整が簡単にできたり、
首の高さを変えるのも簡単なので
風の送り方の自由度が高いです。

また、構造がシンプルなため、
網を取り外したり羽を取り外して
お手入れしやすいというメリットもあります。

■リビング扇のデメリット

では、リビング扇のデメリットは
どのようなものがあるのかということなんですが…

リビング扇のデメリットは
次のようなものが考えられます。

  1. タワー型扇風機に比べると大きい
  2. 羽や網にほこりが付着しやすい
  3. 昔ながらの見た目
  4. 羽で怪我をする恐れがある

やはり、リビング扇は羽の部分と
土台の部分がかなり大きいので
タワー型扇風機に比べると
場所を取る感じになりますし、
見た目もスタイリッシュとはいえません。

また、フィルターなどもないので
羽の部分にほこりがたまりやすいですし、
誤って網の部分に指を入れてしまったりすると
怪我をしてしまうという危険もあるので、
小さいお子さんがいるような場合は注意が必要です。

まとめ

ということで、

今回はタワー型扇風機のメリットとデメリットを
リビング扇と比較しながらご紹介してみましたが
いかがだったでしょうか?

タワー型扇風機は設置場所を取らないですし、
見た目がスタイリッシュなので、
リビング扇よりも自分のライフスタイルに
マッチしているという場合は、
タワー型扇風機にチャレンジしてみるのも
良いのではないでしょうか?

というわけで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする