ティッシュがない…でも鼻水をかみたい時の対処法!鼻水を止める方法

鼻水が止まらない時って、
ティッシュをあっという間に使い切ってしまって、
「鼻をかみたいけどティッシュがない、どうしよう…」
ってなってしまう事ありますよね。

こんな時、鼻をかむのを我慢してしまうと、
鼻水が鼻の下にタラーンとなって
なんともみっともない感じになってしまうので、
「鼻をかみたい!」と思ったら、
ティッシュがなくてもすぐかみたいところ。

そこで、ティッシュがない時に
鼻水をかみたい時はどのように対処したら良いのか?
ということについて調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、鼻水をかみたいけど
ティッシュがない時の対処法や、
鼻水を止める方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

ティッシュがない…でも鼻水をかみたい時の対処法!

 

では早速、
ティッシュがない…、家に忘れた…、
でも鼻水をかみたい!という時の
対処法についてご紹介していきます。

 

1.トイレに行ってトイレットペーパーで鼻水をかむ

 

ティッシュがない、
でも鼻水をかみたい時の対処法の1つ目は、
トイレに行ってトイレットペーパーで鼻水をかむ
という方法になります。

コンビニやショッピングセンター、
建物の中などにあるトイレを借りれば、
そこにあるトイレットペーパーで
鼻をかむことができます。

 

2.ティッシュをもらってかむ

 

飲食店で食事をしている時、
鼻をかみたくなった場合は、
一緒に食事をしている人にティッシュを
もらって鼻をかんでも良いでしょうし、
店員さんに「ティッシュをください」と
一声かければティッシュをもらうことが
ほとんどの場合できるかと思います。

このように、
誰かからティッシュをもらって
鼻をかむというのも1つの方法です。

 

3.ハンカチなど代用できそうなものでかむ

 

ティッシュはないけど、
ハンカチなら持っているという場合は、
ハンカチで鼻をかむのも1つの方法です。

もちろん、ハンカチで鼻をかんだら、
後でしっかり洗濯しなければなりませんが、
鼻水をズルズルすすっているよりはマシですよね?

また、新聞紙やいらないチラシなどがあれば、
こういったものをティッシュ代わりにして
鼻をかんでも良いでしょう。

 

4.鼻水をすすって飲み込む

 

ティッシュもないし、
鼻をかめそうな状況でもない。
でも、鼻をたらすわけにもいかない…
という場合では鼻水をすすって
飲み込むしかありません。

鼻水をかむことができるまで、
鼻水をすすって飲み込んで耐えましょう。

 

鼻水を止める方法

 

鼻水が止まらない…と困ってしまいますよね。

そんな時は鼻のまわりにあるツボを
押すようにすると、
鼻水が出てくるのを和らげることが
できる場合があるので試してみて下さい。

  1. 小鼻の両脇(迎香)ををグーっとゆっくり数回押す
  2. 鼻筋の真ん中辺りをつまんで上下にゆっくりさする
  3. 鼻筋の出っ張った骨の部分(鼻通)を押す
  4. 目頭と鼻の付け根のあたり(晴明)を押す

 

まとめ

 

今回は、ティッシュがない時に
鼻水をかむ方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

花粉症や風邪などで鼻水が
止まらなくなってしまう…
ということって結構あると思いますが、
そんな時ティッシュがなくて困った時は、
今回ご紹介した対処法を参考にして
乗り切っていただければと思います。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください