ティッシュでメガネを拭くとレンズが傷つく?水洗いの最適な頻度は?

先日メガネを新調したのですが、
その時店員さんとこんな話になりました。

店員「メガネのレンズの掃除はどうされていますか?」
私「ティッシュで拭いたりしてます」
店員「ティッシュですが…それだとレンズに傷がついてしまうかもしれないので、正しいメガネのお手入れ方法をご紹介しますね。」

というわけで、
メガネの掃除方法について軽く
ダメ出しされてしまったわけなんですが、

メガネを大切に長く使っていくためには、
正しい手入れで使うようにしないといけない
ということだったので、
メガネの正しいお手入れ方法について
しっかり覚えることにしました。

で、もしかしたら、私と同じように、
メガネをティッシュで拭いてしまっていた…
という方もいらっしゃるかもしれませんので、
今回は、メガネの正しい掃除方法について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

ティッシュでメガネを拭くとレンズが傷ついてしまう?

 

ティッシュでメガネのレンズを
拭いてきれいにしている…
という方もいらっしゃるかと思いますが、
ティッシュでメガネを拭くのは
レンズに傷をつけてしまう可能性があるため、
推奨されていないお手入れ方法になるようです。

メガネのレンズの表面に、
ホコリなどがついていない場合は、
ティッシュでも優しくレンズを拭く分には、
傷をつけてしまうことはありませんが、

ティッシュで強く拭いてしまったり、
レンズにホコリなどがついていたりするのを
ティッシュで拭いてしまうと
ティッシュの硬い繊維や、
その繊維に引っかかったホコリが

レンズを引っかいてレンズに傷を
つけてしまう原因になります。

もし、レンズに傷がついてしまった場合、
直すことはできませんし、
傷にはホコリが入り込みやすく、
また視界を邪魔したりしてしまうので、
メガネのレンズをきれいにしたい場合は、
傷がつかない方法で行うことが大切です。

 

メガネの正しいお手入れ方法!水洗いの最適な頻度は?

 

では、メガネの正しいお手入れ方法を見ていきましょう。
メガネの正しいお手入れ方法は基本水洗いですが、
フレームが木製や革製、べっ甲のような素材の
メガネの場合は水洗いすることができませんので
購入先の眼鏡屋さんに相談するようにしてください。

 

メガネの基本のお手入れは水洗い

STEP.1
メガネを水で流す

 

まずは、メガネをしっかり水で洗い流します。
水道の水で洗い流してもいいですし、
洗面器に水をためてそこでかるくすすいでもOKです。

このように、メガネを水で流すと、
レンズについているホコリなどを取り除くことができます。

もしかすると、
「お湯で洗い流した方が汚れがよく落ちるのでは?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
お湯を使ってしまうとレンズのコーティングに
ダメージを与えてしまう原因になるので
お湯でメガネを洗うのはNGです。

メガネの汚れがひどい場合は、
食器洗い用の中性洗剤を数滴つけて
指で軽く洗うようにして汚れを落とし、
水でよくすすいでください。

STEP.2
水気を拭き取る

 

メガネを水洗いすることができたら、

  • メガネ拭き
  • タオル
  • ハンカチ
  • ガーゼ
  • ティッシュ

で優しく水気を取ります。

水分を拭き取るのではなく、
吸い取るようにするのがコツです。
また、水気を拭き取るときに使うものは
清潔なものを使うようにしてください。

STEP.3
メガネ拭きで仕上げ

 

メガネの水気がしっかりなくなったら、
最後にメガネ拭きで拭き上げて終了です。

メガネの水洗いの最適な頻度は、
メガネの汚れたらその都度洗うということになるので、
人それぞれ違ってくるかと思いますが、
毎日メガネをかけていればすぐ
汚れてしまうかと思いますので、
毎日水洗いするのが理想的ですね。
最低でも2日に1回程度水洗いすると良いでしょう。

超音波洗浄器でのお手入れ

 

隅々までメガネをきれいにしたいという場合は
超音波洗浄器でメガネを洗いましょう。

超音波洗浄器を持っていない場合は、
メガネを購入した眼鏡屋さんに持っていけば、
超音波洗浄器でメガネを洗浄してもらうことができるはずです。

 

STEP.1
メガネを超音波洗浄器の中に入れる

超音波洗浄器に水を溜め、
その中にメガネを入れます。

STEP.2
超音波洗浄器のスイッチを入れる

メガネをセットすることができたら、
超音波洗浄器のスイッチを入れ洗浄を開始します。

STEP.3
洗浄が終わったらメガネを取り出し水気を取る

 

超音波洗浄器が止まったら、
メガネを取り出し、

  • メガネ拭き
  • タオル
  • ハンカチ
  • ガーゼ
  • ティッシュ

で優しく水気を取ります。

水分を拭き取るのではなく、
吸い取るようにするのがコツです。
また、水気を拭き取るときに使うものは
清潔なものを使うようにしてください。

STEP.4
メガネ拭きで仕上げ

 

メガネの水気がしっかりなくなったら、
最後にメガネ拭きで拭き上げて終了です。

メガネの水洗いの最適な頻度は、
メガネの汚れたらその都度洗うということになるので、
人それぞれ違ってくるかと思いますが、
毎日メガネをかけていればすぐ
汚れてしまうかと思いますので、
毎日水洗いするのが理想的ですね。
最低でも2日に1回程度水洗いすると良いでしょう。

まとめ

 

今回は、ティッシュでメガネを拭くと
レンズに傷がついてしまうのかということや、
メガネの正しいお手入れ方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

メガネのお手入れ方法は基本水洗いして、
優しく水気を取るというやり方になります。
ティッシュなどでレンズを乾拭きしてしまうと、
レンズに傷をつけてしまう原因になるので注意してください。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください