漂白剤で漂白されたティッシュと無漂白ティッシュの違い3つ!

ティッシュの色といえば白色が一般的ですが、
ティッシュが白いのは製造過程で、
漂白剤で何度も漂白されているから
ということはご存知でしたか?

「ティッシュが漂白剤で
漂白されていたなんて知らなかった!」
という方も少なくないかもしれませんが、

肌がデリケートな小さな子どもさんがいる
親御さんの間では、「漂白剤が使われていない
無漂白ティッシュを使用した方が良いみたい」
と、話題になる事も少なくありません。

ただ、漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュにはどんな違いがあるのか?
よく分からないという方も多いようなので、
今回は、漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュの違いについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

漂白剤で漂白されたティッシュと無漂白ティッシュの違い3つ!

 

では早速、漂白剤で漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュの違いについて見ていきましょう!

 

違い1.色の違い

 

漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュの違いの1つ目は
ティッシュの色の違いになります。

無漂白ティッシュは原料のパルプの
もともとの色であるブラウン色ですが、
これを漂白剤で何度も漂白すると、
私たちが見慣れている白色のティッシュになります。

白色の方が好まれる傾向があるので、
ブラウンのティッシュに抵抗感を持ってしまう
という方も多いかもしれません。

また、再生紙や古紙から作られるティッシュの場合は、
ブラウンではなくグレーなどの色になる場合もありますが、
牛乳パックが再利用されたティッシュは、
無漂白でも白色のティッシュになります。

 

違い2.肌や環境への優しさの違い

 

漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュの違い2つ目は、
肌や環境への優しさの違いになります。

当然ですがティッシュは肌に直接触れるものなので、
肌に刺激になる漂白剤が使われていない
無漂白ティッシュの方が肌に優しく
安心して使うことができます。

また、ティッシュを漂白して白くするためには、
大量の水と薬品が必要で、
有害な水が大量に排出されてしまうため
地球環境にも良くありません。

 

違い3.値段の違い

 

漂白されたティッシュと
無漂白ティッシュの違い3つ目は、
値段の違いになります。

ティッシュといえば白い
というのが当たり前ですが、
これは漂白されたティッシュが
一般的に使われて大量に消費されるので、
その分コストが安く作れるということになります。

なので、漂白されたティッシュの方が
無漂白のティッシュよりも値段が安いです。

ただ、無漂白のティッシュも
たくさんまとめ買いするようにすれば、
それなりにお手頃な値段で手に入れることもできるので、
漂白されたティッシュと比べて
かなり大きな値段差があるというわけではありませんが、
家計に優しいにこしたことはありませんよね。

【エコ商品】ティッシュペーパー ボックス 200組 モーリ ティシュ50箱 ティッシュペーパー☆モーリティシュ☆まとめ買い エコ 丸富製紙

 

まとめ

 

今回は、漂白剤で漂白されたティッシュと
無漂白のティッシュの違いについて
ご紹介しましましたがいかがだったでしょうか?

白いものの方が売れるという理由から、
ティッシュは漂白されたものが
一般的になっていましたが、
近年では人や地球環境への負担から
無漂白ティッシュを支持する人も増えてきているようです。

本来であれば無漂白ティッシュの方が
コストを抑えて生産することができるのですが、
生産量がまだまだ少ないことで、
漂白されたティッシュよりも値段が高い現状があるようです。

無漂白ティッシュを使う人が今後増えていけば、
より手頃な価格で手に入れることができるようになったり、
種類が増えたり、取り扱うお店が増えていくのでしょうね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください