賃貸物件にエアコンを取り付けたい場合許可が必要?退去時撤去するの?

以前、私が入居した賃貸物件の話なんですが、

エアコンがついておらず、
自分でエアコンを取り付けたいと思ったんですが、

エアコンを取り付けるとなると、
部屋の壁に穴を開ける工事をしなければならないので、
勝手にエアコンを取り付けてしまうのはNGだと思いました。

そこで、賃貸物件でエアコンがない場合
どうすれば取り付けることができるのか?

ということについて
いろいろと調べてみたのですが、

エアコンがない賃貸物件にエアコンを取り付ける場合、
いくつか注意しなければならないことがありました。

そこで、

今回は私と同じように悩んでいる人に
役立ちそうな情報をシェアしていきたいと思います。

賃貸物件にエアコンを取り付けるのに許可は必要

 

賃貸物件にエアコンを取り付けようと思った時には、

まず、部屋にエアコンの設置のために必要な
「穴」が空いているかどうかを確認してみましょう^^

もし、エアコン設置のための穴がある場合は
エアコン設置のために大掛かりな工事を行う必要がないので、
大家さんに一言相談しておけばエアコンの設置を
すんなり許可してもらえるかと思います。

 

ただ、部屋にエアコン設置のための穴がない場合は、
部屋に穴を開ける工事をしなければならなくなるので、
まず大家さんにエアコンを設置した旨と
穴を空ける工事をしても良いかどうかを
事前に確認しておかなければなりません。

もし、勝手に壁に穴を空けたりしてしまうと、
退去時に原状回復をしてくださいと言われてしまう
可能性が非常に高くなってしまうので、

確実に大家さんに許可をもらってから
エアコンの取り付け工事を行うようにしてください。

 

また、

状況によっては室外機を置く場所が
問題になる可能性もあります。

例えば、自分は2階に入居していたとして、
エアコンを設置するにあたって室外機を
1階に置かなければならないというような場合、

エアコンの室外機の音が別の入居人に対して
迷惑になってしまう可能性もありますからね。

このように、エアコンのない賃貸物件に
エアコンを取り付ける場合には
様々な問題が想定されてくるので、

エアコンを設置したいと思ったら、
まずは大家さんに相談して許可をもらってから行動する

というふうにしないと、
何事も進める事が難しいということになります。

 

取り付けたエアコンは退去時撤去しなければならないの?

 

さて、大家さんに無事許可を取って
賃貸にエアコンを取り付けることができた

と仮定して話を進めていくのですが、

エアコンがない賃貸に自分で取り付けた
エアコンは退去時に撤去しなければならないのでしょうか?

基本的に賃貸物件から退居する場合は
すべてのものを入居時の状態に戻す
というのが基本なので、

もともとエアコンがなかった部屋であれば
エアコンがない状態に戻すというのがルールに思えます。

で、この事について調べてみると、
エアコンを撤去しなければならない場合もあれば、
撤去しなくても大丈夫な場合もあるようです。

 

例えば、
撤去しなければならなくなる理由としては、

  • エアコンが正常に動作するかどうか確認するのに手間がかかる
  • 次の入居者が撤去費用を負担しなければならなくなる可能性がある

というような理由から、
撤去をしなければならなくなる
という事があります。

ですが、大家さん次第では撤去せず、
そのまま置いていって構わないという場合もあるようです。

 

なので、一概に退去時エアコンを
撤去しなければならないかといえば、
そうではなかったりもするんですね(^_^;)

なので、賃貸にエアコンを取り付ける場合は、
エアコンの設置の許可を大家さんに取る段階で、
退去時にエアコンをどうしたら良いのかということも
相談しておくようにすると退去時
スムーズに動く事ができるかと思います。

 

まとめ

 

今回は賃貸物件にエアコンを取り付けるのに
大家さんの許可は必要なのかや、
退去時は撤去しなければならないのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

エアコンがない賃貸物件に
エアコンを取り付ける場合は、
壁の穴あけ工事が必要かどうかに関わらず、
事前に大家さんにエアコンを設置する許可を
もらってから設置するのが無難ですし、

もし、設置する許可をもらえた場合、
退去時はどうしたら良いのか?
ということも一緒に相談しておくと良いでしょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください