【洗濯機】一緒に洗ったティッシュを楽に取る方法!洗い直しはダメ?

洗濯機から終了のメロディーが聞こえると、
「洗濯物を干さなきゃ~」ってなりますが…

洗濯機のふたを開けてみたら、
洗濯物が粉々になったティッシュまみれに
なってしまっていた…
なんて残念なパターンもありますよね(^_^;)

ティッシュまみれの洗濯物は干すに干せないし、
濡れたままだとティッシュを
きれいに取るのも難しいので、

「一緒に洗濯してしまったティッシュを
楽に取る方法はないのかしら?」

と、思いこの事について調べてみると、

私と同じように一緒にティッシュを洗濯してしまい、
どうしたら良いか分からず困っているという方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機で間違って一緒に
洗ってしまったティッシュを
楽に取る方法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【洗濯機】一緒に洗ったティッシュを楽に取る方法!洗い直しはダメ?

ということで、
早速、一緒にティッシュを洗濯してしまい、
洗濯物がティッシュだらけに
なってしまったときの対処法について
ご紹介していきますね。

ティッシュだらけになった洗濯物の
ティッシュを最も楽に取る事ができる方法は、

ズバリ…

乾燥機で30分乾燥させてから、
ティッシュを取るようにする
という方法になります。

濡れたままの状態だと
ティッシュは洗濯物に
ピタッとくっついてしまい
とても取りづらいですが…

乾燥させるとくっつかなくなり
むしろ取れやすくなってくれるので、
とても簡単に洗濯物についてしまった
ティッシュを取ることができるんです^^

また、乾燥させている時の遠心力でも
ティッシュはいくらか飛ばされるので、
乾燥機にかけるだけで、
だいぶ手作業で取り除かなければならない
ティッシュの量を減らす事ができます。

そして、
手作業でティッシュを取る時は、
パタパタと一度外ではたいて、
それからガムテープやコロコロを使って
取り除いていくと良いですね。

それから、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった場合は、
洗濯槽にもティッシュが付着している可能性が高いので、
一度洗濯機の水量をMAXに設定して空の状態で運転して、
洗濯槽のティッシュを取っておくようにしましょう。

ちなみに、
間違ってティッシュを一緒に
洗濯してしまった時に、
「洗い直しをすれば取る事ができるのでは?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

ティッシュは水に濡れた状態だと
くっついて逆に取れにくくなるので、
乾燥させてティッシュを取り除いていく
というふうにした方が楽に取る事が
できるかと思います。

ティッシュが原因で洗濯機が故障する事ってある?

ここまでは、
一緒にティッシュを洗濯してしまい、
洗濯物がティッシュまみれに
なってしまった時の対処法について
ご紹介しましたが、

ここからは、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった事が原因で
洗濯機が故障してしまう可能性はあるのかどうか?
ということについて書いていきたいと思います。

実際、ティッシュを一緒に洗濯してしまうと、
こんな不安が頭をよぎったりすると思いますが…

結論から言ってしまうと、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった事が原因で
洗濯機が故障することはまずないので心配ありません^^

ただ、ティッシュを一緒に洗濯してしまうと、
洗濯槽にティッシュの残骸がこびりついて
そこから黒カビが発生してしまったり、

ティッシュのカスが排水口に詰まって
洗濯機が排水不良を起こすようになってしまう
という原因になる可能性はあるので…

ティッシュを一緒に洗濯してしまった場合は、
こういった点に気をつけると良いかと思います。

まとめ

今回は、一緒にティッシュを洗濯してしまい、
ティッシュまみれになった洗濯物から
楽にティッシュを取る方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯物を干そうとふたを開けてみたら、
洗濯物がティッシュまみれだった時の
がっかり感はハンパないですが、
今回ご紹介したように一度乾燥させると、
楽にティッシュを取ることができるので
ぜひ参考にして取ってみてくださいね。

という事で、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする