【洗濯機】一緒に洗ったティッシュを楽に取る方法!洗い直しちゃダメ

洗濯機から終了のメロディーが聞こえると、
「洗濯物を干さなきゃ~」ってなりますが…

洗濯機のふたを開けてみたら、
洗濯物と洗濯槽が粉々になった
ティッシュまみれになってしまっていた…
なんて、事もありますよね(^_^;)

このように、
ティッシュを洗濯物と一緒に洗ってしまって、
洗濯機と洗濯物がティッシュまみれに
なってしまったときはどうしたら良いのでしょうか?

この事が気になって調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機で間違って一緒に
洗ってしまったティッシュを
楽に取る方法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

洗濯機で一緒にティッシュを洗った…
洗濯物と洗濯機がティッシュまみれの時の対処法

 

ということで、
早速洗濯機で一緒にティッシュを洗ってしまって、
洗濯物と洗濯機がティッシュまみれに
なってしまった時の対処法について
ご紹介していきたいと思います。

まずは、洗濯物についているティッシュを
取り除く方法について見ていきましょう。

 

ティッシュまみれの洗濯物からティッシュを取る方法

 

ティッシュまみれになった洗濯物から
ティッシュを取る簡単な方法は、

乾燥機で30分ティッシュまみれの
洗濯物を乾燥させてから、
付着していたティッシュを
コロコロやガムテープで
取り除いていくという方法になります。

 

洗濯機から取り出した時の
濡れた状態のまま洗濯物に
付着しているティッシュを
取り除こうとしたとしても、

ティッシュがピタッと洗濯物に
はりついているだけでなく、
濡れている事でティッシュが破れやすいので
濡れた状態のままティッシュを
取り除くのは避けた方が無難です。

 

しかし、
乾燥機でティッシュを乾燥させると、
ティッシュが洗濯物から剥がれて
取りやすくなるだけでなく、
乾燥機にかけている最中の遠心力でも
ティッシュがいくらか飛ばされてくれるので、

ティッシュまみれの洗濯物を
乾燥機にかけるようにすると、
手作業で取り除かなければならない
ティッシュの量も減らす事ができるのです。

 

また、乾燥機がない場合は、
手に玉ねぎなどが入っている野菜ネットをはめて、
洗濯物をこするようにすると、
ティッシュをボロボロと落とす事ができますから、
この方法で大まかにティッシュを取りましょう。

ちなみに、この方法は濡れたまま出来るので、
野菜ネットでティッシュをあらかた取り除いたら、
一旦洗濯物を干して乾燥させ、
乾燥したら外でパンパンとはたいてティッシュを飛ばし、
最後の仕上げとしてコロコロやガムテープで
細かい部分を取り除くようにすればOKです。

 

ティッシュまみれの洗濯物を洗い直しするのがNGな理由

 

さて、ティッシュを一緒に洗濯してしまって
洗濯物がティッシュまみれになってしまった時、

「もしかして、洗い直したら、
ティッシュが取れてくれるのでは?」

と思われる方も少なくないようですが、

ティッシュまみれの洗濯物を
洗い直すというのはあまりおすすめできません。

というのも、
先程もお話した通りティッシュは
水に濡れている状態だと、
くっつきやすく破れやすくなるので、
ティッシュを洗い直したとしても
それほど思ったようにティッシュが
取れてくれるというふうにはならないのです。

 

ただ、柔軟剤を入れてティッシュまみれの
洗濯物を洗い直すのは良いですね。

柔軟剤には静電気の発生を抑える効果があるので、
柔軟剤を使うと洗濯物がふんわりして、
からまりにくくなるというわけだったんですが、
その静電気の発生を抑えてくれる効果によって
洗濯物に付着してしまったティッシュが取れやすくなるのです。

なので、柔軟剤を入れて洗濯物を洗い直して、
その後野菜ネットで取り除くようにすると、
かなりティッシュが簡単に取れるようになるでしょうし、
洗濯槽に付着したティッシュも剥がれて
減らす事ができる可能性がありますね。

 

洗濯機についたティッシュを掃除する方法

 

では、ここからは、
洗濯機側、洗濯槽についてしまっている
ティッシュを掃除する方法について
ご紹介していきたいと思います。

ティッシュを一緒に洗濯してしまった場合、
洗濯槽にもかなりティッシュが
付着してしまっているはずですので、
しっかり掃除しておかないと、
洗濯するたびに洗濯物がティッシュだらけ…
なんてことになってしまいかねません。

 

では、洗濯槽に付着しているティッシュの掃除は
一体どのようにしたら良いのでしょうか?

 

洗濯槽に付着してしまったティッシュを掃除する場合は、

  1. 洗濯槽に水をたっぷり入れる
  2. 洗いで3分まわす
  3. 一度洗濯機を止めふたを開ける
  4. 浮いているティッシュをゴミすくいネットで取り除く
  5. 2~4の手順をティッシュが浮かなくなるまで続ける…

ということで、
洗濯槽のティッシュを掃除する方法は
いたってシンプルそのものですね。

また、洗濯機の排水口にも
ティッシュが溜まっている可能性があるので、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった場合は、
排水口の掃除もやっておくようにすると安心です。

 

ティッシュが原因で洗濯機が故障する事ってある?

 

ここまでは、
一緒にティッシュを洗濯してしまい、
洗濯物がティッシュまみれに
なってしまった時の対処法について
ご紹介しましたが、

ここからは、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった事が原因で
洗濯機が故障してしまう可能性はあるのかどうか?
ということについて書いていきたいと思います。

実際、ティッシュを一緒に洗濯してしまうと、
こんな不安が頭をよぎったりすると思いますが…

結論から言ってしまうと、
ティッシュを一緒に洗濯してしまった事が原因で
洗濯機が故障することはまずないので心配ありません^^

ただ、ティッシュを一緒に洗濯してしまうと、
洗濯槽にティッシュの残骸がこびりついて
そこから黒カビが発生してしまったり、

ティッシュのカスが排水口に詰まって
洗濯機が排水不良を起こすようになってしまう
という原因になる可能性はあるので…

ティッシュを一緒に洗濯してしまった場合は、
こういった点に気をつけると良いかと思います。

 

まとめ

 

今回は、一緒にティッシュを洗濯してしまい、
ティッシュまみれになった洗濯物から
楽にティッシュを取る方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯物を干そうとふたを開けてみたら、
洗濯物がティッシュまみれだった時の
がっかり感はハンパないですが、
今回ご紹介したように一度乾燥させると、
楽にティッシュを取ることができるので
ぜひ参考にして取ってみてくださいね。

という事で、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください