【炊飯器】無洗米モードは普通炊飯の炊き方とどんな違いがあるの?

我が家では毎日のように
炊飯器でご飯を炊いているんですが、

お米を研ぐのって結構な手間ですし、
冬ともなってくると
手がキンキンに冷えてしまうので、
できればお米を研がないで炊ける
無洗米を前々から使いたいと思っていました(笑)

で、ようやく、

最近無洗米生活を始めたのですが、
炊飯器には無洗米専用の
「無洗米モード」なるものがあったので、
とりあえず無洗米モードを使って炊いていたのですが、

ふと、

「無洗米モードは普通の炊飯モードとくらべて何が違うの?」

と疑問に思いました。

で、この事について調べてみると、
私と同じように無洗米モードと
普通の炊飯モードは何が違っているのか
ということについて気になっている人も
かなりいるようだったので、

今回はこれについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


【炊飯器】無洗米モードは普通炊飯の炊き方とどんな違いがあるの?

では、早速…

無洗米モードと普通の炊飯モードには
どんな違いがあるのか?

ということについて
書いていく前に…

無洗米はどうして、
研がなくても炊けるのか?

この理由をみなさんはご存知でしょうか?

私も良く知らなかったのですが、

無洗米はお米の表面のヌカの部分が
予め取り除かれたものになります^^

ですから、いちいち研ぐ必要がないというわけなんですが、

無洗米は普通の白米に比べると
粒が小さくなっているため、
普通のお米の軽量カップで
無洗米を計ってしまうと
分量が多くなってしまうんですね。

なので、

無洗米を軽量する場合は
無洗米用の軽量カップを使う必要があります。

ちなみに、
無洗米用の軽量カップは炊飯器を買った時に
ついてきているはずなので、
あったかどうかあやふやな場合は
一度探してみると良いかと思います(^^)/

で、

無洗米モードと普通の炊飯モードは
一体何が違っているのかといことなんですが…

無洗米モードは、
普通の炊飯モードよりも
余熱を長くとり、
ゆっくりと時間をかけて炊き上げるモード

になります。

無洗米は表面にデンプンが残っているため
吸水が悪く、焦げたり吹きこぼれやすいという特徴があるんですが、
無洗米モードではこの特徴に合わせて
炊き上げてくれるようになっているので
無洗米を炊く場合は無洗米モードで炊くのが基本となりますね!

無洗米はお米の粒が小さい分
水の吸水も良いのかと思っていたんですが、
実は普通のお米よりも吸水が悪かったなんて驚きでした(^_^;)

まとめ

今回は炊飯器の無洗米モードは
普通の炊飯モードに比べて
何が違うのかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

無洗米は研がずに炊けるため
時短にもなりますし水道代の節約にもなるので
使ってみるとかなりありがたいお米なんですが、

普通のお米に比べると吸水が悪く、
焦げたり吹きこぼれやすいという
デメリットもあるので、
無洗米を炊く場合は
無洗米モードを使って炊くのがベターです。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする