釜が厚い炊飯器の方が美味しく炊ける?釜の厚さより重要なポイントとは?

炊飯器を選ぶ時の基準って
みなさんは何か持っていますでしょうか?

私は炊飯器を選ぶ時は
これまで「釜の厚さ」で
決めるようにしていたんですが、

以前炊飯器を買い替えた時、
お店の店員さんから

「今は釜の厚さはそれほど
気にしなくても大丈夫ですよ^^」

と言われ驚きました。

釜の厚さが厚ければ厚い程
美味しくご飯が炊けると思い込んでいたのですが、
昔の話みたいですね(^_^;)

で、炊飯器の釜の厚さは
ご飯の炊きあがりに
どのような影響を及ぼしているのか?

ということについて
私と同じように気になる方も
いるかもしれませんので、

今回は炊飯器の釜の厚さは
ご飯の美味しさと
どんな関係性があるのか
ということについて
ご紹介していきたいと思います^^

炊飯器の釜の厚さはご飯の美味しさにどれくらい影響するの?

 

炊飯器は各社からたくさん
いろんな機種が発売されていますが、

炊飯器が目指しているものは
ずばり「かまどで炊いたご飯」になります。

かまどは釜の厚さがあって
火によって加熱していくため
釜の温度上昇が早く、
むらなく釜が温まり、
それでいて釜の中の熱が逃げにくいため、

ご飯の粒のうまみが閉じ込められますし、
ご飯が潰れず粒がしっかりと残ってくれるので
ふっくら美味しいご飯が炊きあがります。

 

つまり、ご飯が美味しく炊き上がるかどうかは

  1. 火力
  2. むらなく加熱できる釜の厚み
  3. 釜の熱伝導率と保温性

この3つが大きく影響しているというわけなんですが、

釜が厚いとご飯をむらなく加熱することができ、
釜の保温性も高くなるため
基本的には釜の厚さというのは
美味しくご飯が炊けるためには
大切なポイントになってくる

といえますね。

 

しかし、

炊飯器の場合、
熱源はコンセントから取ってくる
電気になりますよね。

コンセントの電源は容量に限界があるため、
炊飯器は火力という点ではかまどと比べてしまうと
アドバンテージが出てきてしまいます。

そのアドバンテージをどうすれば
克服しかまどで炊いたような
ご飯を炊き上げることができるのか?

ということをいろいろ試行錯誤しているため
炊飯器はたくさんいろんな機種が
発売されているということになるのですが、

炊飯器を選ぶ時はどんな目線で
比較していけば良いのでしょうか?

 

炊飯器の場合釜の厚さだけで決めるのはNGです

 

ということで、

ご飯が美味しく炊けるためには

  1. 火力
  2. むらなく加熱できる釜の厚み
  3. 釜の熱伝導率と保温性

という3つのポイントが重要である
ということについてご紹介しました。

かまどであればこの3つのポイントを
難なくクリアすることができるのですが、

熱源がコンセントの炊飯器は
火力という点でやはりアドバンテージがあるため、

かまどのように厚い釜を使った場合
釜の温まりが遅くなってしまいます。

なので、
炊飯器で美味しいご飯が炊けるかどうかは釜の厚さよりも、

火力と釜の熱伝導率と保温性、
そしてむらなくご飯を加熱できる炊飯方式を
採用しているかどうか

ということが重要であるといえます。

ちなみに、
高級な炊飯器になればなるほど
上記のポイントをしっかりと
クリアしている傾向があるので
興味がある場合は、
安い炊飯器と高い炊飯器の違いを
見比べてみてくださいね^^

・炊飯器ランキング【楽天市場】

 

まとめ

 

ということで、

今回は炊飯器の釜の厚さは
ご飯の美味しさにどれくらい影響するのか?

ということについてご紹介しました。

炊飯器の場合は電源の容量が
限られてしまうため
釜の厚さよりも
釜の熱伝導率の良さや保温性、
そしてむらなく加熱できる炊飯方式かどうか
ということが重要になってくるようです。

この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください