炊飯器の寿命は何年くらい?寿命が近い時に起こる症状についても

我が家では炊飯器を最近買い替えたのですが、

炊飯器の寿命って何年くらいなのか?
ということについて
ふと疑問に思いました。

というのも、
以前使っていた炊飯器は
10年以上使えていたからなんですが、

「多分、普通ならこんなに長く
使うことができないよね?」

というのが率直な感想でした。

で、炊飯器の寿命は何年くらいなのか
ということについて調べてみたところ、
私と同じように炊飯器の寿命について
気になっている人も少なくないようだったので、

今回は炊飯器の寿命は何年くらいなのか?
ということなどについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


炊飯器の寿命の目安は何年?

ということで、

炊飯器の寿命は何年くらいなのか?

について、
気になりすぎて仕方なかったので

調べてみたところ…

炊飯器の寿命は5年~7年が目安ということが分かりました。

で、どうして5~7年が目安なのか?
ということなんですが、

これにはいくつか理由があり、

1つ目の理由は、
炊飯器の部品をメーカーが保有してくれている期間が
製造終了から6年であることになります。

つまり、
炊飯器がどれくらい長く持ったとしても
6年以上使用していた場合、
部品がなくて修理不可能と
なってしまう可能性が高いため、
炊飯器を使い始めてから6年前後というのは
1つの節目であると考えられますね。

また、炊飯器の中で最も消耗が激しいのは
「内釜」になると思うんですが、
この内釜も6年の保有期間を過ぎた場合は
手に入れることが難しくなってしまうので、
本体は問題なく使えるけど
内釜がボロボロで使えないという
状態になってしまう事も少なくないようです(^_^;)

・炊飯器の内釜のコーティングがはがれてきた…内釜だけ交換ってできるの?

そして2つ目の理由なんですが、
炊飯器はどんどん便利な機能が追加されたり、
使い勝手がよくなるように改良されているため、
無理に古い炊飯器を使い続けるのに
あまりメリットがないということです。

例えば、一般的に寿命と言われている5~7年
使った炊飯器が故障してしまった場合は、
修理できるから修理して使い続けるのではなく、
新しい炊飯器に買い替えた方が
何かとメリットが多いとなりますよね?

もちろん、私のように10年以上
故障せず炊飯器を使える場合もありますので、
その場合は無理に買い替えたりせず
大切に使い続けるというのも1つの方法になりますが、

炊飯器はいきなり故障してしまう事が多く、
いきなり故障してしまうと、
ご飯を炊けなくなりかなり困るので、
炊飯器の寿命が来そうだと感じた場合は
早めに炊飯器の買い替えを検討しておいた方が
良いのではないかと思います。

炊飯器の寿命が近づいている時に起こる症状

炊飯器の寿命の目安は5~7年くらい
ということだったんですが、

炊飯器の寿命が近づいている場合に
起こる症状はあるのでしょうか?

これはもしあるのであれば
知っておきたいところですが、

やはり、不具合が起こり始めるというのが
大きなポイントとなってくるようです。

例えば、
ちゃんとご飯が炊けていなかったり、
買った当初よりもご飯が美味しく炊けなくなったり、
ボタンの反応が悪くなってしまっていたり、
蓋がきちんと閉まらなくなっていたり、

というように、
炊飯器の寿命が近くなってくると、
何かしらの不具合が起こってくるようなので、

炊飯器に不具合が起こり始めた場合は、
「もしかしたら寿命が近くなってきているのかも?」
と考えるようにすると良いのではないかと思います。

まとめ

今回は、炊飯器の寿命は何年くらいなのか
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

炊飯器は一概に何年で故障する
というものではありませんが、
どんな炊飯器でもいずれは故障する時が来ますので、
それだけは頭の中に入れて置かなければなりませんね。

ただ、1つの目安として5~7年というのが
炊飯器の寿命の時期となるようですので、
購入してから5~7年経っている場合は、
炊飯器の買い替えを検討しはじめても良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする