炊飯器でご飯を保温するとべちゃべちゃになる原因と対処法3つ!

我が家で使っていた炊飯器の話なんですが…

ある時から保温すると、
ご飯が異常にべちゃべちゃするように
なってしまったんです(^_^;)

「一体どうして保温すると
ご飯がべちゃべちゃになってしまうの?」

という疑問を割りと長い期間持っていたんですが、

保温するとご飯がべちゃべちゃになる事を
家電に詳しい友人と話ているうちに
いろいろな原因がある事が分かり、

それから、自分でも原因について調べてみたところ、
実は私と同じように炊飯器でご飯を保温すると
べちゃべちゃになって悩んでいるという方も
少なくないようだったので、

今回は炊飯器でご飯を保温すると
べちゃべちゃになる原因や対処法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク



スポンサーリンク



炊飯器でご飯を保温するとべちゃべちゃになる原因とは?

炊飯器でご飯を保温するとべちゃべちゃに
なってしまう場合にはどのような原因が
考えられるのでしょうか?

これにはいくつか原因が考えられます。

  1. ご飯をほぐさずに保温してしまった
  2. 少ないご飯を長時間保温してしまった
  3. 一度ご飯が冷めてから保温してしまった
  4. 水加減が多いご飯を保温してしまった
  5. 蒸気口がふさがっていたことで釜内が結露しやすくなっていた

炊飯器でご飯を保温してべちゃべちゃに
なってしまった場合には
このような原因があげられるのですが、

例えば、ご飯をほぐさずに保温してしまうと、
ご飯と釜の底の水分が逃がされないので
ご飯がべちゃべちゃになりやすくなりますし、

一度冷えたご飯を再度保温すると、
冷えたところから温められるので、
ご飯がゆるみやすくなってしまいます。

炊飯器の保温でご飯がべちゃべちゃにならないようにする対処法3つ

ということで、

ここまでは保温するとご飯が
べちゃべちゃになってしまう
場合に考えられる原因について
ご紹介しましたが、

ここからは、ご飯が保温でべちゃべちゃに
ならないようにするための対処法について
書いていきたいと思います。

まず、ご飯を保温するとべちゃべちゃに
なってしまうという場合に
真っ先に確認する必要があるのが、

炊飯器の蒸気口が塞がってしまっていないかどうか?
ということになります。

蒸気口が塞がってしまっていると、
釜の内部の水分が外に逃げられなくなってしまうので
釜内が結露しやすくなりご飯げべちゃべちゃに
なりやすくなります。

なので、
蒸気口はご飯を炊いている時に出る
糊状のお米が詰まったりするので、
炊飯するたびにお手入れするのが理想です。

2つ目の対処法は、
ご飯を保温する場合は定期的にかき混ぜるようにする
ということなんですが、

ご飯をかき混ぜないで釜に放置してしまうと、
保温しているいないに関わらず、
ご飯と釜の間に水分が溜まってしまうため
ご飯がべちゃべちゃになってしまうんですね。

ちなみに、どれくらいの頻度で
かき混ぜるのが理想的なのかということなんですが…

これは、炊飯直後は必ずかき混ぜるようにし、
あとは1時間おきくらいに
かき混ぜるようにすると良いかと思います^^

3つ目の対処法は、
ご飯が炊けたら粗熱を取り冷凍保存する
という方法になるんですが、

炊きたてのご飯を冷凍保存すれば、
ご飯が水気を吸ってべちゃべちゃに
なってしまうという心配がありませんし、
解凍した時には熱々の炊きたてに近い
美味しいご飯が食べられるようになります。

・ご飯を上手に冷凍保存する方法!

まとめ

今回は炊飯器でご飯を保温すると
べちゃべちゃになってしまう原因と
その対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

保温するとご飯がべちゃべちゃに
なってしまう原因はいろいろあったんですが、
炊飯器の蒸気口が塞がってしまっていることが原因で
ご飯がべちゃべちゃになってしまっている場合は
炊飯自体も上手くいかなくなってしまう
可能性が出てきてしまいますので、

炊飯器の蒸気口が塞がっていないかどうかは
必ず確かめるようにしましょう!

ということで、
この記事が何かのお役になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする