炊飯器の早炊きは何分くらいで炊ける?普通の炊飯と何が違うの?

炊飯器の普通のモードで炊飯すると、
大体1時間くらいで
ご飯が炊き上がってくれますが、

時には、

「1時間も炊けるまで待ってられない」

なんて時もありますよね?

で、そんなときは、
早炊きモードを使って炊飯すると
待ち時間を短縮することができるわけなんですが、

そういえば…

早炊きモードって早く炊き上がるのは分かるけど、

何分くらいで炊けるのかということや、
普通に炊飯した場合と何が違っているのかなど

ちょっと疑問に思うことがあったんですね(笑)

で、それについて調べてみたところ、

私と同じように気になっている人も
少なくないようだったので、

今回はこういったことについて
ご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


炊飯器の早炊きは何分くらいで炊けるの?

というわけで、

早炊きで炊飯した場合は
何分くらいでご飯が炊けるのか?

ということなんですが、

これは、

大体20分~30分くらいで炊き上がるようです。

普通に炊飯した場合は、
1時間前後炊けるまで
時間が必要になるので、

早炊きした場合は、
普通に炊飯するよりも
2倍ほど早くご飯が炊き上がる
という感じになります。

我が家の場合は
普通に炊飯した場合が73分、
早炊きした場合が35分と表示されたので、
ちょっと炊き上がるまでに
時間がかかる炊飯器のようですが、

30分ほどでご飯が炊けるのであれば
時間に余裕がない時なんかは
かなり助かりますね(*´ω`*)

普通の炊飯と早炊きでは何が違うの?

というわけで、

早炊きをすると、
炊飯時間が約2分の1になる
ということだったんですが、

早炊きと普通の炊飯モードでは
ご飯の炊き方にどのような違いが
あるのでしょうか?

まず、
普通の炊飯モードの場合は、
大体1時間くらいかかるのですが、
その内訳がどんな感じになっているのかというと、

  1. 吸水25分
  2. 炊き20分
  3. 蒸らし15分

という感じになっているんですが、

これが、早炊きになると、

  1. 吸水5分
  2. 炊き20分
  3. 蒸らし5分

という感じになります。

なので、早炊きは、
吸水と蒸らしの工程の時間を
短縮して炊飯するモード
といいかえることができそうですね(^^)/

まとめ

ということで、

今回は炊飯器の早炊きは
何分くらいで炊けるのか?
ということや、
普通の炊飯モードと早炊きでは
どんな違いがあるのか?

ということについてご紹介しました。

私と同じように、
早炊きはとにかく早く炊けるモード
というふうにしか知らなかった
という方もいるかと思いますので
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする