炊飯器の内蓋をつけ忘れて炊いたお米は食べられる?内蓋の役割とは?

お米を炊く時に欠かせない炊飯器ですが…

たまに、
炊飯器の内蓋をつけ忘れた状態で
お米を炊いてしまうことってありますよね?

私もついこの間やってしまったんですが…(^_^;)

その時は…

何も気にせずお米を食べたんですが、

味が普段と違っていたような気がしたので、

後になってから、

「内蓋をつけ忘れた状態で炊いたお米は
食べても大丈夫かしら??」

と少し不安になりました。

そこで、内蓋をつけないで炊いたお米は
食べても大丈夫なのかどうか
いろいろと調べてみたところ、

私と同じように気になっている人も
多いようだったので、
今回は炊飯器の内蓋をつけ忘れて
炊いてしまったお米は食べられるのかや、
炊飯器の内蓋の役割について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


炊飯器の内蓋をつけ忘れて炊いたお米は食べても大丈夫なの?

というわけで、

炊飯器の内蓋をつけ忘れてしまった状態で
お米を炊いてしまった場合、

そのお米は食べても大丈夫なのでしょうか?

結論からいってしまうと、

普通に食べてしまって全く問題ありません^^

なので、

内蓋をつけ忘れてしまった状態で
お米を炊いてしまったからといって
落ち込んだりする必要は
ないということだったんですね(*^^*)

炊飯器の内蓋の役割とは?

ということで、

炊飯器は内蓋を取り付けなかったとしても
問題なくお米を炊くことができる

という衝撃的な事実が判明したわけなんですが、

だとしたら、

「炊飯器の内蓋って何の役割があるの?」

という疑問がわき上がってくるのではないでしょうか?

おそらく、かなりの確率でこのような
疑問を抱く人が私を含めていると思うのですが、

炊飯器の内蓋の役割としては
次のような役割があるようです。

  1. 炊飯器内の圧力を上げてお米を美味しく炊き上げる
  2. 炊飯中にブクブクと出て来る泡をガードする
  3. 蒸気の熱からプラスチック製の部品を守る

このように、

炊飯器の内蓋にはちゃんと意味があったんですね^^

ただ、なくてもお米は炊ける
ということみたいなので、
そこまで重要なのか?
という視点で見ると、

ないよりはあったほうが良い

くらいのものなのかもしれませんが、

あったほうが良いということは
間違いなさそうなので、

炊飯器の内蓋は付け忘れないように
気をつけるにこしたことはなさそうです^^

まとめ

今回は、

炊飯器の内蓋をつけ忘れた状態で
炊いたお米は食べても大丈夫なのかや
炊飯器の内蓋にはどんな役割があるのか

ということなどについてご紹介しました。

炊飯器の内蓋は内釜と同じように
毎回使用後に洗うように推奨されているのですが、
内釜と違ってつけ忘れやすい部品なので
つけ忘れには気をつけたいですね(笑)

ただ、つけ忘れてしまったとしても
そこまで大きな問題はないようなので、
あまり神経質になり過ぎるのも良くないかもしれません。

この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)/

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする