炊飯器で炊いたお米が生炊きになる原因とは?生炊きご飯の対処法!

ご飯が炊きあがった音が
炊飯器からしてきたら、

そろそろご飯時…

という感じになりますが、

そんな炊飯器の蓋を開けてみたら、
ご飯が生炊きだったなんて事も
あったりしますよね(^_^;)

「え?なんで生炊きなの??」

と思って、
一瞬固まってしまうのは
仕方ないことだと思いますが、

私と同じように、

炊飯器で炊いたはずのご飯が
生炊きになってしまって
どうして生炊きになったのか
その原因について
気になっている方も少なくないようだったので、

今回は炊飯器でご飯が生炊きに
なってしまう原因や
対処法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


炊飯器で炊いたお米が生炊きになる原因とは?

炊飯器でご飯が炊きあがったと思ったら、
生炊きだったという場合もありますが、

一体なぜ生炊きになってしまったのでしょうか?

これについては
いくつかの原因が考えられるので
1つずつ確認していきましょう^^

1,水加減が少なかった

ご飯が生炊きになってしまった場合に
考えられる1つ目の原因は、

水加減が少なかったということが考えられます。

例えば、
ご飯の分量が3合なのに
間違って2合分の水しか入れていなかったとか、

炊き込みご飯で、
普通よりちょっと水を多く入れなければ
ならなかったのに
いつもと同じ水加減にしてしまった、

というように、
ご飯や炊飯する具に対して
水加減が少なくなってしまうと、
生炊きになってしまう原因となります。

2,お米がならされていなかった

2つ目に考えられる原因は、

お米が平にならされていなかった
ということなんですが、

お米を研いで分量通り水を入れて、
炊飯器に釜をセットしたとしても
お米が水平にされていないと
しっかりとバランス良く火が通りにくくなり、
ご飯が生炊きになってしまう可能性があります。

なので、ご飯を水平にならしてから
炊飯ボタンを押すようにしましょう。

3,炊飯器の故障

ここまでの原因を確認して、
ご飯を炊いているにも関わらず、

生炊きになってしまうという場合は、

炊飯器の故障が原因である可能性も考えられます。

炊飯器が故障してしまっていることで
生炊きになってしまっている場合は、
炊飯器を修理に出すか、
新しい炊飯器に買い換えるか、
炊飯器を使わずにご飯を炊くか
する必要があります。

・炊飯器を使わずにご飯を炊く方法

ご飯が生炊きの時の対処法!

ということで、

ここまでは、
ご飯が生炊きになってしまう場合に
考えられる原因について
ご紹介したんですが、

ここからは…

ご飯が生炊きになってしまった場合は
どんなふうに対処していけば良いのか
ということについて
書いていきたいと思います^^

1,水を加えて再度炊飯する

ご飯が生炊きになってしまっている場合に
最も手堅い対処法となるのが、

足りなかった分の水を加えて、
再度炊飯器で炊き直しをする
という方法になるんですが、

このように本来必要だった水を足して
もう一度炊飯をすると、
生炊き状態が解消され
ちょうど食べごろのご飯に
炊き直すことができます!

ただ…

加える水の量が多すぎると、
ご飯が柔らかくなったり
べちゃべちゃになってしまうので、
その点だけ注意しましょう(笑)

2,ご飯をガラスの耐熱ボウルに移し、水を加え電子レンジで加熱する

次にこんな対処法もあります。

それは、ご飯をガラス製の耐熱ボウルに移して
水を少し加えてラップをかけ
電子レンジで加熱していくという方法です。

軽くご飯が生炊きと感じるくらいの場合は
わざわざ炊飯器で炊き直しをするのではなく、

このように電子レンジを使って
1分ずつ様子を見ながら加熱していく
というようにした方が
早く食べられるかもしれません。

ただ、この場合ちょっと手間がかかるのと
水加減や加熱加減を感覚で調整していかなければならないので、
少し難しいと感じるかもしれません。

3,雑炊やリゾットなどにアレンジする

3つ目の対処法は、

生炊きご飯を雑炊やリゾットに
アレンジしてしまう
という方法です。

これなら、生炊きご飯でも
しっかりと美味しく
アレンジすることができるので、

炊き直しして白ご飯を食べるより
雑炊やリゾットにして食べたいという
気分だった場合は
アレンジしてみると良いと思います(*^^*)

まとめ

今回は、炊飯器でご飯が生炊きになってしまう原因や
生炊きご飯の対処法についてご紹介しました。

ご飯が炊けたと思ったら
生炊きだったなんてことも
たまにあったりするんですが、

そういった場合は、
今回ご紹介したような方法を参考にして
対処してみてください^^

この記事が何かのお役に立てれば幸いです\(^o^)/

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする