掃除機で水を吸った時の対処法!水を吸引できる掃除機ってあるの?

「掃除機で水を吸ってしまったんですが、
こんな時は一体どうしたら良いのでしょうか?」

先日、娘が水の入ったコップを落として割ってしまい、
掃除機でガラスと水を吸ってしまった
という事があったのですが、

こんなふうに掃除機で水を吸ってしまうと、
掃除機が動かなくなってしまったり、
水がフィルターなどに詰まって
モーターがうなるような音を出したり、
排気が臭くなってしまうという事になるようです。

なので、掃除機で水を吸った時の
対処法について調べてみたのですが、
調べてみると、私と同じ疑問を
持っている方も少なくないようだったので、

今回は、掃除機で水を吸った時の対処法や
水を吸引できる掃除機はあるのか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

掃除機で水を吸った時の対処法

 

掃除機は水を吸い込む事ができませんが、
もし万が一水を吸ってしまった場合は、
どのように対処したら良いのでしょうか?

この事について気になっている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
掃除機で水を吸ってしまった場合は、
使用をすぐに中止し内部を完全に
乾燥させるようにしてください。

また、掃除機を乾燥させる際には、
フィルターやダストカップなど
取り外す事ができる箇所はすべて取り外し、
日当たりと風通しが良い場所に置いて
乾燥させると良いでしょう。

ちなみに、
完全に乾燥しないまま使用してしまうと、
掃除機がショートしてしまうという危険もありますので、
必ず掃除機が完全に乾燥したのを確認するまでは、
電源を入れないようにしてください。

で、掃除機が完全に乾燥したら、
コンセントを挿して掃除機を動かしてみてください。

掃除機を乾燥させた後、問題なく動いた場合は、
そのまま掃除機を使用することができますが、
もし掃除機の電源が入らなかったり、
動いてもなんだか普段と違うという違和感がある場合は、
掃除機が故障している可能性があるので、
一度メーカーなどに連絡して
点検や修理してもらうようにしましょう。

ちなみに、掃除機のモーターが故障した場合にかかる
修理費用の相場は10,000~13,000円ほどとなるようです。
(※国産の掃除機の場合)

・掃除機が動かなくなった!修理代の相場はいくらくらい?

もちろん、保証が残っている場合は、
修理費用がかからないという可能性もありますが、
保証が残っていない場合は修理費用が高くなってしまい、
新しい掃除機を買い換えるのとほぼ変わらなくなってしまう
なんて可能性もあるので、

掃除機の修理をするかどうか依頼する前に、
保証が残っているかどうか一度確認して
それによって修理するか買い換えるかを
決めるようにしても良いかもしれませんね。

 

水を吸引できる掃除機もあるんです!

 

さて、ここまでは掃除機で水を吸った時の
対処法についてご紹介したんですが…

ここからは水を吸引できる掃除機はあるのか?
ということについて調べてみたので、
これについてみなさんにシェアしていきたいと思います。

 

まず、水を吸引できる掃除機があるのか?
ということなんですが、答えは「YES」です^^

 

では、その水を吸引できる掃除機は
一体どのようなものなのか?というと、
「乾湿両用」というジャンルの掃除機になります。

・乾湿両用コードレスハンディクリーナー

乾湿両用の掃除機は普通のホコリが吸えるだけでなく、
液体や濡れたゴミなどを吸い込む事にも対応しているので、
1台持っておくと何かと活躍してくれる場面がありそうです。

 

まとめ

 

今回は、掃除機で水を吸ってしまった場合の対処法や
水を吸引できる掃除機はあるのかどうか?
ということについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

通常の掃除機は水を吸い込む事ができないので、
水を吸わないように注意しなければなりませんが、
万が一水を吸ってしまった場合は、
一度使用をやめ掃除機を完全に乾燥させてから
再度電源をいれるようにしてみてくださいね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください