新幹線の通路側でテーブルを出したまま寝るのはマナー違反?起こす?

「新幹線に乗る時は景色が見える
窓側の席の方が好き!」という方も
かなり多いかと思いのではないでしょうか?

私も窓側の席の方が好きなんですが、
先日、窓側の席に座っていた際に、
通路側に乗っていた人が
テーブルを出したまま爆睡し始めてしまい、
トイレに行こうと通路に出ようにも通れない状態で
トイレに行けなくなってしまい困ったんです。

そこで、こんな時はどうすれば良いのか?や、
そもそも、新幹線の通路側でテーブルを
出したまま寝るのはマナー違反になるのかどうか?
という事について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、この事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

新幹線の通路側でテーブルを出したまま寝るのはマナー違反?
窓側の座席で通路に出たい時は寝てる人を起こして良い?

 

「新幹線の通路側でテーブルを出したまま
寝るのは窓側の座席の人が通路に出られなく
なってしまう事になるのでマナー違反に
なりそうな気がするのですがどうなのでしょうか?」
こんな疑問を持っている方も多いようです。

もし、自分が窓側に乗っていた時、
通路側の人がテーブルを出したまま寝ていたら、
通路に出るために寝ている人を起こさなければ
ならなくなってしまうので気を遣ってしまうので、
「寝るなら窓側の席で…」と言いたくなってしまいそうですが、

結論から言ってしまうと、
通路側の座席でテーブルを出しながら寝る
という事自体はマナー違反になるかどうかは微妙で、
強いていえばギリギリマナー違反にならない
可能性が高いという事になります。

というのも、
新幹線で寝るということと、
テーブルを出して使うという事は
どちらもマナー違反にはならないからです。

もちろん、通路側の座席に座っているのであれば、
窓側の座席の人が通路にスムーズに出られるよう
配慮する気持ちを持っていなければなりませんが、
そうした意思表示が窓側の人からない状況であれば、
テーブルを出して使ったり、座席で寝たりしても
特に何か問題になるという事にはなりません。

なので、自分が窓側の席にいて、
通路側の席の人がテーブルを出したまま
寝てしまっていた場合で通路に出たい場合は、
寝ている人を起こして通路に通してもらうようにしましょう。

ただ、起こしても起きなかったり、
起きた後スムーズに通そうとしなかったりする場合は、
窓側の人はマナー違反になります。

 

通路側に座るのもアリかも!

 

ここまでは、
新幹線の窓側に座っていて、
通路側の人がテーブルを出したまま
爆睡し始めてしまった時は
どうしたら良いのかという事について
ご紹介しましたが、

ここからは、新幹線の通路側に
座るのもアリかもしれない
という事についてお話していきたいと思います。

新幹線に座席を取る際は窓側の方が
景色が見えて良いというイメージを
持っている人も多いかもしれませんが、
やはり、窓側の席だと通路に出る際に
隣にいる人の前を横切る事になるため、
通路に出たり、通路から席に戻る…
という事がしづらいデメリットがあります。

なので、もしスムーズに通路に出たり
席に戻ったりできた方が
景色が見えるよりも助かるという場合は、
通路側に座るようにすれば、
「通路に出るのが大変…」という事が
なくなるので気持ちも楽になるはずです。

新幹線の通路側の座席は
3席ある方ではC席、2席ある方ではD席になるので、
指定席を取る際はCかDに取っておくようにしましょう。

新幹線の座席はabcde席どれが良い?指定席の賢い選び方を目的別に!

 

まとめ

 

今回は、新幹線の通路側で
テーブルを出したまま寝るのは
マナー違反になるのかどうかや、
この対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

窓側の席は景色が見えるメリットがありますが、
通路側に人が座っていると通路に出づらい
というデメリットもあるので、
通路への出やすさを重視するのであれば、
通路側に座るようにした方が良いですね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください