新幹線にスーツケース置き場はある?足元に置けるサイズの目安は?

「新幹線にスーツケースを
持ち込もうと思っているのですが、
スーツケースを置く場所ってあるのでしょうか?
また、足元に置く事はできるのでしょうか?」

こんな、疑問を持っている方も多いようです。

新幹線の座席や荷物を置くスペースは
あまり広くないイメージなので、
「スーツケースのような大きな荷物を
持ち込んだとしてもちゃんと置けるの?」と、
思われるのは自然な事だと思います。

そこで、今回は、新幹線の座席の足元に
置く事ができるスーツケースのサイズの目安や、
大きなスーツケースが置ける荷物置き場は
どこにあるのかという事について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

新幹線に持ち込めるスーツケースの大きさ

 

新幹線に持ち込んだスーツケースの
置き場について解説していく前に、
まずは、新幹線に持ち込めるスーツケースの
最大の大きさはどう規定されているのか?
という事について確認しておきましょう。

新幹線に持ち込める荷物の大きさは…
縦・横・高さの3辺の合計が250センチ以内で、
長さが2メートル以内、かつ重さが30キロ以内のもの
というふうに決められています。

おそらく、3辺の合計が250センチ以上の
スーツケースを新幹線に持ち込もうなんて
思われる方はいらっしゃらないと思いますし、
実際持ち込もうとしても断られてしまいますよ。

さて、新幹線に持ち込める大きさの
スーツケースを実際に新幹線に持ち込んだ場合、
置き場はどこにすれば良いのでしょうか?

荷物棚や足元に置けるスーツケースのサイズの目安は?

 

新幹線にスーツケースを持ち込んだ際、
最もベーシックな置き場所は、
座席の上にある荷物棚になります。

スーツケースのような大きな荷物だと、
荷物棚に入り切らないのではないか?
と不安になってしまうかもしれませんが、
新幹線の荷物棚は意外に広くて、
3辺の合計が160センチ以内のスーツケースであれば、
大抵の場合新幹線の荷物棚に入れる事ができます。

「3辺の合計が160センチ以内ってどれくらい?」
という方のためにイメージしやすい例を上げると、
飛行機に乗る際無料で預ける事ができる
スーツケースの大きさという事になります。

3辺の合計が160センチほどのスーツケースというと、
4~7日分の荷物が入るサイズになるので、
新幹線の荷物棚には結構大きなサイズの
スーツケースであっても入るのですね。

ただ、スーツケースの幅が40センチ以内で、
奥行きが30センチ以内のような、
3辺の合計が115センチ程度の小さなスーツケースであれば、
新幹線の座席の足元に置く事もできます。

これより大きいスーツケースだと、
新幹線の足元に置く事ができたとしても、
通路や隣の席にはみ出してしまったり、
自分の足を伸ばす事が出来なってしまう可能性があるので、
荷物棚に入れるようにして下さい。

 

3辺の合計が160センチを超える大きなスーツケースが置ける荷物置き場はどこ?

 

3辺の合計が115センチ程度のスーツケースであれば、
足元や荷物棚に置く事ができますし、
それ以上に大きなスーツケースであっても
3辺の合計が160センチ程度のスーツケースであれば、
荷物棚に置く事ができるという事については
ここまでにお話させていただいた通りなんですが、

万が一荷物棚にスーツケースが入らなかったり、
そもそも3辺の合計が160センチ以上あって、
荷物棚に入れる事ができないというような場合は、
新幹線のどこにスーツケースを置けば良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
荷物棚に入らないような大きなスーツケースの場合は、

  1. 新幹線の車両の最後列の後ろにある荷物置きスペース
  2. デッキやデッキ付近にある荷物置きスペース
    (※荷物置き場が設置されている新幹線の場合)

このどちらかに置くようにしましょう。

新幹線の車両の最後列の座席の後ろの部分には、
ちょっとしたスペースが空いているのですが、
この部分は共用の荷物置き場として
活用する事ができるスペースで、
荷物棚に入らないような大きなものを置く際に使用します。
(※自転車なんかも置いてあったりします)

この新幹線の車両の最後列の後ろの
荷物置きスペースにスーツケースを置いた際は、
車掌さんが通った際に使用している旨を
一声かけるようにしておくと良いですね。

また、新幹線によっては荷物置き場が
設置されているものもあります。
荷物置き場が設置されている新幹線の場合、
偶数号車もしくは奇数号車どちらかに
荷物置き場がありますので、

大きなスーツケースを持ち込む際は、
自分が乗車する新幹線に荷物置き場が
設置されているかどうかや、
もし設置されている場合は
偶数号車にあるのか、奇数号車にあるのか?
という事も確認しておくと良いと思います。

 

まとめ

 

今回は、新幹線にスーツケースを持ち込む際、
置き場はどうしたら良いのかという事について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

3辺の合計が115センチ程度の
小さなスーツケースであれば、
荷物棚にも入りますし、
座席の足元に置いておく事ができるので、
置き場には困らないはずです。

また、3辺の合計が160センチ以内の
スーツケースであれば座席の上にある
ほとんど荷物棚に入るので、
この場合も置き場には困らないかと思います。

ただ、3辺の合計が160センチを
超えるような大きなスーツケースの場合は、
置き場の確保が必要になりますので、
予めどこに置くのか考えておくようにしましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください