新幹線のコンセントでヘアアイロンは使って良い?ワット数は足りる?

新幹線に乗っている間って、
やることがなくて暇をしてしまう…
なんて方も多いと思いますが、

そんな新幹線の移動中に
ヘアアイロンで髪の毛をセットしている
なんて女性の方を見かける事がありました。

まさか、新幹線の座席のコンセントで
ヘアアイロンが使えるなんて
思っても見なかった私だったんですが、
ふと、「新幹線のコンセントで
ヘアアイロンって使っても良いものなの?」
と、疑問に思いました。

そこで、この事について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、新幹線のコンセントで
ヘアアイロンは使っても良いのかや、
ワット数が不足する心配はないのか?
という事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

新幹線のコンセントでヘアアイロンは使えるの?
ワット数が不足する可能性はある?

 

新幹線の座席についているコンセント。
本来であればスマホの充電や、
ノートパソコンの電源供給に使うものになりますが、
新幹線の座席のコンセントは2Aまで使えるので、
消費電力が200W以下のヘアアイロンであれば使える
という事になります。

この事を踏まえてヘアアイロンの
消費電力を見ていくと…

サロニア ダブルイオンストレートアイロン60W
アレティ 2Wayヘアアイロン30W
ヴィダルサスーン ヘアアイロン73W
アゲツヤ プロフェッショナルヘアアイロン45~150W
アドスト フラットヘアアイロン150W

※各ヘアアイロンの中で最も消費電力が大きいタイプの場合のワット数

このように、
主要なメーカーの消費電力が最も
大きいタイプのヘアアイロンの
消費電力を見ていくと、
どれも200Wを下回る消費電力なので、
新幹線の座席のコンセントにつないで
使用することが理論上は可能である事が分かりました。
(※もちろん200W以上のヘアアイロンはNGです)

 

新幹線の座席のコンセントでヘアアイロンをするのはマナー違反

 

さて、大抵のヘアアイロンであれば、
消費電力量が200W以下なので、
新幹線の座席のコンセントで使用することはできる
という事は先程お話した通りなんですが、

そもそも新幹線の座席でヘアアイロンを使って
髪の毛をセットするのはマナー違反となりますので、
新幹線の座席のコンセントでヘアアイロンを
使用するのはやめましょう。

新幹線の座席でヘアアイロンを使ってしまうと、

  1. ヘアアイロンが別の人にあたってやけどさせてしまう恐れがある
  2. ヘアアイロンを使った時の匂いが迷惑になる
  3. ヘアアイロンをかける動作がうるさく迷惑になる

このような事で周囲の人の迷惑に
なってしまう可能性が高いので、
新幹線の座席のコンセントでヘアアイロンが
使えるとしても使ってしまったら
マナー違反になってしまうので注意しましょう。

 

もし、ヘアアイロンを新幹線で使うなら洗面所のコンセントで…

 

ここまでの話を一度まとめると、
新幹線の座席についているコンセントで
大抵のヘアアイロンは使用する事ができるものの、
実際に使ってしまったらマナー違反なので
新幹線の座席ではヘアアイロンを使うのはNG
という事でした。

とはいえ、どうにかしてヘアアイロンを
新幹線の中で使いたいという方も
いらっしゃるかもしれませんので、
そんな場合は新幹線のどこで
ヘアアイロンを使ったら良いのか?
という事についてご紹介したいと思います。

結論から言ってしまうと、
新幹線でヘアアイロンを使いたい場合は、
奇数号車のデッキに設置されている洗面所に行き、
そこにあるコンセントを使って
ヘアアイロンを使うようにしましょう。

洗面所であれば周囲に人がいないので、
ヘアアイロンをかけていたとしても
それほど迷惑になりませんし、
洗面所のコンセントは1,000Wまで使えるので、
消費電力が大きいヘアアイロンでも使う事ができます。

ただ、洗面所は他の乗客の人も使いに来るので、
長時間占領してしまう事がないようにし、
もし、他の乗客の方が洗面所を使いたそうにしていたら、
サッと洗面所を譲るようにすると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、新幹線の座席のコンセントで
ヘアアイロンは使っても良いのかどうか?
という事などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

座席にあるコンセントでヘアアイロンを使うのは
マナー違反になってしまうので、
座席でヘアアイロンを使う事はできませんが、
洗面所のコンセントを使用してヘアアイロンを
少し使うという事はできるので、
もし、新幹線に乗っているときにヘアアイロンを
使いたいと思った際は洗面所で
使うようにすると良いかと思います。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください