新幹線で化粧はマナー違反?洗面所のコンセントは使っても大丈夫?

先日、始発の新幹線に乗った時の事、
普通に座席で化粧をしている女性がいたんですが、
「新幹線で化粧をするのって
マナー違反にならないの?」
と、疑問に思ったんです。

電車で化粧をしているのも一時期
問題として騒がれていた事がありましたが、
やはりそれと同じで新幹線でも
同じような事が言えるのではないかと思ったんです。

ただ、実際のところ新幹線で化粧を
するのがマナー違反になるのかどうか
分からない部分もあったので、
この事について調べてみる事にしたんですが、

この事について調べてみると…
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、新幹線で化粧をするのは
マナー違反なのかどうか?
という事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

新幹線の座席で化粧をするのはマナー違反

 

新幹線で化粧をするのはマナー違反なのかどうか?
という事について考える上で、
まず、ほぼ確実にマナー違反になるのが
新幹線の座席での化粧になります。

指定席でも自由席でも自分の座席の周囲には
他の人がたくさん乗っているかと思いますが、

そんなふうに人が周りにいる状況で
化粧をしてしまうという事は…
化粧の匂いや、ファンデーションの粉が
飛んでしまうなどによって周囲の人に
迷惑がかかってしまう原因になってしまいます。

なので、新幹線の座席で化粧をするのは
マナー違反となってしまうのですが、

「メイクは人前でするものではない」と
考えている人も少なからずいて、
メイクをしている所を見るだけでも、
見苦しいと感じたり不快と感じる人も多いので、
人前でメイクを行う事自体がマナー違反である
と感じたり指摘している人も多いです。

ちょっと、食事を取った後に、
軽く口紅などを直す程度の化粧直しであれば
座席で行っても問題にならないかもしれませんが、
しっかり化粧をするのはマナー違反になると
認識しておいた方が良いでしょう。

 

新幹線で化粧するなら洗面所やトイレ?コンセントが使える場所は?

 

とはいえ、やむおえず新幹線に
乗っている最中しか化粧をする時間がない…
というような緊急事態もあるかもしれません。

そんな時は、新幹線の奇数号車に設置されている、
洗面所や洋式のトイレで行うようにするのが良いでしょう。

洗面所には仕切りがあり閉めれば周囲からの
目線を遮れるようになっていますし、
1,000Wまで使えるコンセントがあるはずなので
ヘアアイロンで髪の毛をセットする事もできます。

ただ、洗面所は座る事ができないので、
化粧をする際は揺れに邪魔されやすく、
化粧をするのには向いていません。

もし、洗面所で化粧をするのであれば、
壁に寄りかかりながら揺れを受けないようにして化粧をする…
というふうにするしかありませんが、
やはり揺れがあって難しいはずなので、
洗面所の向かいにある洋式のトイレで行いましょう。

洋式のトイレだと座って化粧できるので、
揺れがあっても手元が狂いにくいですし、
人から見られたりすることもないので
新幹線の中では化粧がしやすい場所のはず。
ただ、洋式トイレの鏡は小さいので、
鏡は持ちこんだ方が良いかもしれません。

ちなみに、洗面所もトイレも共有スペースなので、
長時間占有するような事がないようにしましょう。
一度の使用時間は長くても10分~15分以内にとどめて、
他の人の使用に影響が出ないように配慮が必要です。

ちなみに、座席についているコンセントで、
ヘアアイロンなどを使えないかと
考える人もいるようですが、
座席のコンセントは最大200Wまでとなっていて、
スマホの充電や、ノートパソコンの
電源供給のためのコンセントなので、
ワット数が大きいものの使用は避けましょう。

例えば、ワット数が大きいヘアアイロンを
新幹線の座席のコンセントで使用してしまい、
ワット数をオーバーさせてしまうと、
新幹線のブレーカーが落ちてしまう原因になりますが、

新幹線のブレーカーが落ちてしまった場合は、
すべての号車のすべてのコンセントの
電源が使えなくなってしまうため、
新幹線に乗っている人全体がコンセントを
使えなくなってしまうという事に
なってしまう可能性もあるようです。

もし、ブレーカーが落ちて新幹線の
コンセントが使えなくなってしまった場合、
何かしらの損害が発生してしまう可能性もありますが、
その場合は、ブレーカーが落ちる原因を作った人が、
責任を取らなければならなくなるようなので、
座席のコンセントではワット数が大きいものは
使用しないようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、新幹線での化粧は
マナー違反になるのかどうかや、
やむおえず新幹線で化粧をするしかない場合は、
どこですれば良いのか?という事について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

新幹線での化粧はマナー違反となるので、
化粧をしてから家を出発できるとベストですが、
どうしても、新幹線での移動中にしか
化粧をするタイミングがないという場合は、
今回ご紹介したような事を参考にして、
周囲に迷惑がかからないように
化粧をされるようにしてみて下さい。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください