新幹線の切符を券売機で買って領収書をもらい忘れた時の対処法!

会社の出張などで新幹線を利用する際は、
領収書をもらい忘れないように
注意しなければなりませんが、
やはり忙しさや疲れから券売機で
新幹線の切符を買ったときに領収書を
もらい忘れてしまうという事もあるかもしれません。

かくいう私もそんな1人なんですが…

私の場合領収書をもらい忘れた事に
気がついた時には降車駅の駅を出てしまっていたので、
切符は改札に吸い込まれてしまっており、
「こんな時はどうすれば領収書を
発行してもらえるのだろう?」
と、疑問に思いました。

そこで、新幹線の切符を券売機で買って
領収書をもらい忘れた時の対処法について
調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も多いようだったので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

新幹線の切符を券売機で買って領収書をもらい忘れた時の対処法!

 

新幹線の切符を券売機で購入する場合、
領収書をもらうためには、
券売機で新幹線の切符を購入した後、
領収書発行ボタンを押さなければ
領収書をもらう事ができません。

ついうっかり、
券売機で領収書発行ボタンを押さないでしまうと、
領収書をもらい忘れてしまうことになりますが、
会社の経費で新幹線を利用している場合は、
領収書がなければ経費精算してもらう事ができなくなるなど
いろいろと不都合が出てきてしまうので大変です。

もし、券売機で領収書発行ボタンを
押し忘れてしまったとしても、
領収書をもらい忘れたことに気がついた時、
切符を持っている状況であれば、
切符を持ってみどりの窓口に行き、
「領収書を券売機で発行し忘れたのですが、
領収書を発行していただけますか?」
というふうにお願いすれば、
その切符が支払いの証明になるので、
領収書を発行してもらえます。

しかし、すでに降車駅の改札に切符を入れてしまって
切符が手元になくなっている状況で、
現金で支払っていた場合は支払いを
証明する方法がなくなってしまうため、
領収書を発行してもらう事はできないでしょう。

もし、券売機での支払いを
クレジットカードで済ませていれば、
支払い履歴が証明となり領収書を
発行してもらう事もできるかもしれませんが、
切符やクレジットカードの利用履歴など
客観的に支払いを証明できるものがなければ
領収書を発行してもらう事はできないので、
新幹線の切符の領収書が必要な際は、
購入時にもらい忘れたりする事がないよう
細心の注意を払うよう留意する必要があります。

 

注意

 

注意1.領収書の発行は同じJRの管轄のみどりの窓口でのみ可能です

 

領収書をもらい忘れたのがJR東日本の駅だった際は、
その旨をJR東日本のみどりの窓口に相談しましょう。
JR西日本やJR東海などの別のJRに相談してしまうと、
JR東日本のみどりの窓口に行くように言われてしまいます。

 

 

注意2.領収書を発行してもらうには支払いを証明できるものが必要です

 

領収書をもらい忘れてしまった際、
みどりの窓口に行って領収書を発行する際は、
切符やクレジットカードの利用控えなどの
支払いを証明できるものがないと
取り合ってもらえませんので注意して下さい。
もし、領収書をもらい忘れて支払いを証明できない
となってしまった場合はあきらめましょう。

 

まとめ

 

今回は、新幹線の切符を券売機で買って、
領収書をもらい忘れてしまった時は
どう対処したら良いのか?という事について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

切符を券売機で買った時すぐ気がついて、
みどりの窓口に切符を持って相談すれば、
領収書をスムーズに発行してもらう事ができますが、

現金で支払っていて切符を降車駅の
改札に通してしまったような場合は、
支払いを証明することが出来なくなり
領収書を発行も出来なくなってしまうので、

領収書をもらい忘れないように
注意するのはもちろんですが、
領収書をもらい忘れても支払いが証明できる
クレジットカードなどを利用するなど
何かしらの対策を考えるのも良いかもしれません。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください