新幹線の学割切符はインターネットで買える?あとから学割に出来る?

学生の時間があるうちに新幹線で
いろいろな所に行っておこう…
と考えている人も多いのではないでしょうか?

学生の時ならば学割料金で新幹線に乗れるので、
ちょっとお得にいろんな所に行く事ができるので、
利用しておかないともったいない気もします。

そこで、
いざ新幹線の切符を学割料金で
購入しようと思うとみどりの窓口に行って
切符を買わなければならないと思いますが、
わざわざ駅まで行くのが大変…
という方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな時、インターネットで新幹線の
学割切符を買う事ができたらいいのに
と思われると思うんですが、
実際の所インターネットから学割を適用した
新幹線の切符を購入することはできるのでしょうか?

また、学割を使わず大人料金で
新幹線の切符買ってしまった場合、
あとから学割にしてもらうことはできるのでしょうか?

こんな疑問を持っている方も多いようだったので、
今回はこういった事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

新幹線の学割切符を買う方法!
インターネットから新幹線の割引切符は買える?

 

新幹線の切符を学割料金で購入するには、

  1. 学校に学割証を発行してもらう
    (正式名称は「学校学生生徒旅客運賃割引証」)
  2. 駅のみどりの窓口に学割証を持っていき切符を購入する

基本的にこの2つのステップを踏む必要があります。

なので、わざわざ一度学校に、
学割証を発行してもらうための用紙を記載して、
先生に提出してハンコをついてもらった上で、
その学割証を駅の窓口に持っていって、
切符を購入してはじめて学割料金の切符が買える
ということになっています。

ちなみに、
新幹線の切符に学割が適用されるのは
乗車券のみで2割割引されます。
自由席特急券や指定席特急券は割引にならないので、
特急券の料金を加えたトータルから見ると、
実質的には10%前後の割引という事になります。

また、学割が適用されるためには、
利用区間が片道101キロ以上であることと、
利用目的に合致している必要もあります。

  1. 休暇、所要による帰省
  2. 実験実習並びに通信による教育を行う学校の面接授業及び試験などの正課の教育活動
  3. 学校が認めた特別教育活動又は体育・文化に関する正課外の教育活動
  4. 就職又は進学のための受験等
  5. 学校が修学上適当と認めた見学又は行事への参加
  6. 傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
  7. 保護者の旅行への随行

出典元:Wikipedia・学校学生生徒旅客運賃割引証

このように、
新幹線を学割料金で乗ろうとすると、
まず利用条件や目的に合致しているか確認し、
学校に学割証の申請用紙を提出。
ハンコをもらえたらその学割証を
駅の窓口に持っていって切符を買う
というようにかなりややこしいシステムになっているのですね。

例えば、子供料金なんかは、
年齢を証明することができればOK
というふうになっているわけなので、
学割料金の適用も年齢確認と学生証だけにするとかして
もう少し簡略化しても良い気がします。

少し話が脱線してしまいましたが…

このように新幹線の切符を学割料金で購入するためには
学割証を駅の窓口に見せて確認してもらわなければならないため、
インターネットや自動券売機などでは
学割料金の切符を購入することは出来ません。

なので、学割料金で新幹線の切符を購入する際は、
必ず学割証を持ってみどりの窓口に行って下さい。

また、新幹線の切符を予約できるようになるのは、
列車が出発する1ヶ月前の午前10時からとなっているので、
1ヶ月以上先の新幹線に乗ろうとしている場合は、
購入できるようになるまで待ちましょう。

 

普通料金で買った切符をあとから学割してもらうことはできる?

 

ここまでは、新幹線の学割切符は
インターネットで購入することができるのかどうか?
という事についてご紹介しましたが、

ここからは、普通に大人料金で買った
新幹線の切符や電車の切符があったとして、
「そういえば、学割証を使えば
学割料金で切符が買えるんだった!」
といって、あとから学割証を取得し
普通料金の切符と学割証を持っていって
「学割料金にしてください」といえば、
学割料金にしてもらうことはできるのかどうか?
という事について解説していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、
普通の大人料金で買った切符そのものを
あとから学割に変更することはできませんが、
大人料金で買った切符を所定の手数料を払い、
払い戻しをしてもらうことはできるので、
払い戻してもらった後学割証を提示し
学割料金の切符を
買い直すということは可能です。

ちなみに、新幹線の指定席特急券を買っていた場合、
2日前までであれば330円の手数料で
払い戻しをしてもらう事ができますが、
前日になってしまうと30%の払い戻し手数料が
必要になってしまいますので、

「新幹線の切符を払い戻ししてもらって
学割の切符を買い直さなければならない…」
というような場合は前日や当日に
窓口で聞くなんて事にならないよう、
早めに切符を買い直しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は、新幹線の学割切符は
インターネットからでも買えるのかや、
普通の大人料金で買っていた新幹線の切符を
あとから学割にすることはできるのか?
という事についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

新幹線の学割切符を買うためには、
残念ながら学割証をみどりの窓口に持っていって
買うしか今の所方法がないようです。

また、普通の大人料金で買った切符を
あとから学割に変更することはできないので、
一度切符を払い戻ししてもらってから、
あらためて学割切符を買い直すようにしましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください