全席指定の新幹線のデッキに立つ人がいるのはなぜ?デッキでのマナー

先日、全席指定席の新幹線に
乗っていた時トイレに行こうとデッキに出たら、
何人かの人がずっとデッキに立って
新幹線に乗っているような感じだったんです。

「全席指定席なのにどうして立って
乗っているんだろう?
自分の席に戻らないの?」
と疑問に思った私だったんですが、

後から、全席指定の新幹線でも
混雑しているような場合には、
立ち乗りする人がいる可能性がある
という事が分かりました。

もしかすると、私と同じように、
全席指定の新幹線に立ち乗りしている人を見て、
「どうして?」と疑問に思われる方も
いらっしゃるかもしれませんので、

今回は、全席指定の新幹線のデッキに
立つ人がいることがあるのはどうしてなのかや、
デッキに立ち乗りする時のマナーについて
みなさんにシェアしていきたいと思います。

全席指定の新幹線のデッキで立つ人がいるのはなぜ?

 

全席指定の新幹線のデッキに
立って乗っている人がいる事がありますが、
これは一体どうしてなのでしょうか?

全席指定なのであれば、
どこかしらに自分の指定席があるはずなので、
どうしてわざわざデッキに立つのだろうと
疑問に思ってしまう人もいるはず。

結論から言ってしまうと、
全席指定の新幹線が満席になった場合、
デッキに立ち乗りすることができる
立席特急券という切符が枚数限定で発売されるので、
全席指定の新幹線のデッキに立つ人というのは
恐らく立席特急券を購入して
乗車している方だと思われます。

なので、全席指定の新幹線だったとしても、
満席になってしまったような場合は、
立ち乗りの人が出る事があるというわけなんですね。

新幹線が満席の時、立ち乗りはできる?料金はちょっと安くなる?

ちなみに、
全席指定の新幹線でない列車でもデッキに
立ち乗りしている人を見かける事がありますが、
席が空いているにも関わらず、
デッキに立ち乗りしている人は次のような
理由からデッキに立つ事を選ぶようです。

  • 1駅、2駅と短い距離しか乗らないため
  • 通路に立って席が空くのを待つのが苦手なため
  • 大きな荷物があるため
  • 立って乗っている方が楽なため

 

新幹線のデッキに立つ際のマナー

 

新幹線のデッキに立つ際は
どのような事に気をつけるようにすれば良いのでしょうか?

デッキは新幹線の出入り口
いわば玄関のような場所なので、
立つ際にはマナーが求められます。

まず、自由席特急券を持っていて、
自由席に座らずデッキに立つ場合は、
自由席車両のデッキを使用するのがマナーです。

指定席のデッキに立ち乗りする事も可能ですが、
これは、よほど混雑してきて車掌さんから
指定席車両のデッキを利用しても良い
というアナウンスが流れた場合に限ります。

ちなみに、グリーン車やグランクラスの
デッキでの立ち乗りは絶対にしてはいけません。
そもそも、グリーン車やグランクラスの
デッキでの立ち乗りはできませんし、
万が一デッキに立ち入ったのを見つかってしまうと、
グリーン料金やグランクラス料金を
別途請求される事になりますので注意して下さい。

 

続いて、デッキでの飲食をする際の
マナーについてになりますが、
やはり揺れる新幹線のデッキに立っている状態で
食べたり飲んだりするのは難しいので、
食べる場合はおにぎりやサンドイッチのような、
食べやすいものを食べるようにしましょう。

駅弁をデッキで座って食べるというのは
マナー違反になると考えた方が良いですね。

また、飲み物はこぼさないよう
ふたがついているペットボトルや
マイボトルなどを活用しましょう。

 

そして、大きな荷物を持っている場合で
デッキに立ち乗りする場合ですが、
大きな荷物は新幹線の荷物置きスペース
もしくは、車両内の最後列の後ろにある
スペースに置くようにしましょう。

また、折りたたんだりしてコンパクトに
出来るものに関しては折りたたんでコンパクトにした状態で
荷物置きスペースに置くのがマナーとなります。

新幹線にスーツケース置き場はある?足元に置けるサイズの目安は?

 

まとめ

 

今回は、全席指定の新幹線のデッキに
立つ人がいる事があるのはなぜなのかや、
デッキで立ち乗りする際のマナーについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

全席指定の新幹線が満席になると、
立席特急券という切符が枚数限定で販売されるので、
全席指定だったとしてもデッキに立つ人が
出てくる事があるという事は知っておくと
不思議に思う事が1つ減りそうですね。

また、自分自身が新幹線を予約しようと思った時、
全席指定の新幹線が満席になってしまっていた場合は、
立席特急券を探すという手段を使えるようにもなります。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください