赤ちゃんの新幹線料金は無料?抱っこ紐は疲れる?自由席でも大丈夫?

今年は、赤ちゃんを連れて実家に
帰省しないといけないけれど、
赤ちゃんと一緒に新幹線に乗った事がないから、
分からない事がたくさん…

  • 赤ちゃんの新幹線料金って無料なの?
  • 抱っこ紐で連れて行ったら赤ちゃんは疲れる?
  • 座席は指定席を取らず自由席でも大丈夫? など

このように、いろいろと分からない点があったので、
赤ちゃんと新幹線に乗る時にまつわる疑問について
じっくり調べてみる事にしたんですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、赤ちゃんの新幹線料金や、
一緒に乗る時に知っておくべきポイントについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

赤ちゃんの新幹線料金は無料?何歳から子供料金がかかる?

 

新幹線に乗る時って結構運賃が高いなぁ…
なんて感じてしまう方も多いと思いますが、
赤ちゃんや小さいお子さんが乗る場合は、
どれくらいの料金がかかるのでしょうか?

区分年齢運賃・料金
大人12歳以上(中学生以上)大人料金
小児6~12歳の小学生小児料金(大人料金の半額)
幼児1~6歳の未就学児無料
乳児0歳(赤ちゃん)無料

さて、このように新幹線の運賃表を見てみると、
赤ちゃんから小学校に入学する前までの幼児までは、
新幹線に乗る際は無料である事が分かります。

なので、帰省する際、
小学校に入学する前のお子さんも
一緒に新幹線に乗っていくという場合は、
料金がかからないのですね。

ただ、次のような場合は乳児や幼児であっても
料金がかかってしまうため注意が必要です。

  • 大人1名に対し、乳児・幼児は2名までは無料。3名からは1人につき子供料金が必要
  • 乳児・幼児のみで乗車する場合は子供料金が必要
  • グリーン車・グランクラス・指定席を使用する場合

つまり、大人が1人しかいなくて、
乳児と幼児が3名いた場合、
1人分子供料金が必要になってしまうという事です。

また、このケースは少ないと思いますが、
乳児や幼児がひとりで新幹線に
乗車する際は子供料金となりますし、
別に指定席を使う場合は子供料金と特急料金、
グリーン車やグランクラスを利用する場合は、
大人と同じグリーン、グランクラス料金がかかります。

自由席であれば赤ちゃんを座席に乗せても
料金が発生することはありませんが、
乗車率が高い時期となると、
赤ちゃんを座席に座らせることは難しいので、
自分の座席を確保したら、抱っこひもで
赤ちゃんを抱っこしながら乗るようにしましょう。

 

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時に知っておきたい事6つ

 

さて、赤ちゃんや小学校に入学するまでの
小さなお子さんであれば、
大人1名につき2名まで無料で
新幹線に乗る事ができるということは
先程お話した通りなんですが、

やはり、赤ちゃんと一緒に新幹線に乗るとなると、
いろいろと不安なことも多いですよね。

そこで、ここからは、
赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る際に
知っておきたい事について、
6つほどご紹介していきたいと思います。

 

1.座席は自由席でも大丈夫?

 

赤ちゃんと新幹線に乗る時、
座席は自由席でも大丈夫なのでしょうか?

自由席だと料金が割安になるので、
普段新幹線に乗る際は自由席にしている
という方もいらっしゃるかもしれませんが、

自由席だと確実に座れるかどうか分からないため、
もし座れなかった場合赤ちゃんをずっと
抱っこしながら新幹線に乗って移動しなければならず、
目的地についた頃には赤ちゃんも自分も
疲労困憊になってしまっている…
なんて事になりかねません。

なので、赤ちゃんと一緒に乗るのであれば、
指定席を取って座席を確保しておいて、
確実に座れるようにしておくのがおすすめです。

特に乗車率が高い時期の場合は、
新幹線の通路にまで立ち乗りの人が
溢れているような状態になってしまうので、
赤ちゃんを連れた状態で座席に座れない…
なんて状態になってしまうと、
かなり困った状態になってしまいます。

 

2.抱っこ紐だと赤ちゃんが疲れる?

 

新幹線に赤ちゃんと一緒に乗る際は、
抱っこ紐でおんぶしながら連れて行く
というのが一般的だと思いますが、
「ずっと抱っこ紐だと赤ちゃんが疲れてしまうのでは?」と
心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、
長時間の移動になる場合、
常に赤ちゃんが抱っこ紐に入っていると
赤ちゃんが疲れてしまう場合があるので、
様子を見ながら抱っこ紐から出してあげて
膝の上で抱っこしてあげると良いでしょう。

また、ベビーカーは持っていくのが大変ですし、
ベビーカーを新幹線に置く場所というのも
かなり限定されてしまっていたり、
乗る座席によってはベビーカーを置く場所がない
なんてことになってしまうので、
必ずベビーカーがなければならないという
事情がなければ抱っこ紐で連れて行く方が良いでしょう。

 

3.赤ちゃんと一緒に乗る時便利な座席はある?

 

赤ちゃんと新幹線に乗る際は、
確実に座れるよう指定席を取っておく安心
ということは1番目にお伝えした通りなんですが…

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る際は、
多目的室や多目的トイレが設置されている
車両の最前列、もしくは最後列の座席を
指定して取っておくと便利です。

多目的室は体調不良になった人や、
体の不自由な人が利用するためのスペースですが、
赤ちゃん連れの場合はおむつ交換や授乳のために
使用することも可能なスペースになります。

もちろん、他の人が多目的室を使っている際は、
多目的室を使用することができませんが、
多目的室がある車両には多目的トイレも設置されていて、
そこにはおむつ交換台が設置されているので、
赤ちゃん連れの場合はとても便利です。

なので、赤ちゃん連れで新幹線に乗る際は、
多目的室や多目的トイレが設置されている
車両を見つけて指定席を取っておくと良いのです。

また、可能であれば最前列か最後列に
座席を取っておくと赤ちゃんがぐずって
うるさい時サッとデッキに出る事が出来ます。

最前列や最後列が取れない場合は、
前の方もしくは後ろの方に近い座席を
指定して取っておくと良いでしょう。

 

4.持ち物は?

 

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る際は、

  • おむつ、おしり拭き
  • ビニール袋
  • 赤ちゃんの体温調節用の服、着替え
  • 授乳ケープ
  • 赤ちゃん用の飲み物(ジュースやお茶など)
  • 離乳食
  • ミルク、哺乳瓶、お湯(ミルクの場合)
  • タオル

このような物を揃えて持っておくようにすると、
不便なく新幹線で移動できるかと思います。

新幹線の移動時間が短いのであれば、
あまりたくさん持っておかなくても大丈夫かもしれませんが、
移動時間が長い場合は多めに用意しておいて
持っておくようにすると良いかと思います。

 

5.おむつ交換や授乳はどこですればいい?

 

新幹線に乗っていて赤ちゃんのおむつ交換や
授乳が必要になった時はどこですればいいのでしょうか?

先程もお話しましたが、
やはり多目的室や多目的トイレを活用して
おむつ交換や授乳を行うのがおすすめです。

授乳であれば授乳ケープを使って
座席で行うこともできますが、
やはり多目的室で行える方が安心感があります。

 

6.赤ちゃんがぐずってうるさい時はどうすればいい?

 

赤ちゃんが突然ぐずり初めて
周りの人に迷惑がかかってしまう場合は、
新幹線のデッキに出るようにしましょう。

新幹線のデッキには人はほとんどいないので、
迷惑がかかってしまう心配はありませんし、
赤ちゃんの泣き声も車両には聞こえなくなるので、
赤ちゃんがぐずってしまった場合は、
落ち着くまでデッキにいるようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時の
疑問についていろいろとご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

赤ちゃんは大人と一緒に新幹線に乗る場合、
大人1人につき2人まで無料で乗る事ができるので、
料金については全く心配はありませんが、

座席は多目的室や多目的トイレがある車両に
指定席を取っておくようにしないと、
おむつ交換や授乳がしずらくて不便な事が多いので、
赤ちゃんと新幹線に乗る際は今回ご紹介した事を参考にして、
自分も赤ちゃんも快適に過ごせるようにしましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください