洗濯物から魚の臭いがする原因は雑菌だった!魚の臭いを消す方法!

「洗濯機で洗って乾かしたはずなのに、
なんだか洗濯物が魚臭い…」
こんな経験をした事ある方も多いのではないでしょうか?

急に洗濯物が魚臭くなってしまうと、
「いつもなら、洗濯物から魚の臭いなんてしないのに、
一体なぜ洗濯物が魚臭くなってしまったの?」
と思ってしまうかと思います。

私も何度か洗濯物が魚臭くなって
困った事があるのですが、
実は、洗濯物が魚臭くなっている場合は、
洗濯物に雑菌が繁殖していることが
原因かもしれません。

では、早速洗濯物から魚の臭いがする原因や、
魚臭い洗濯物の臭いを消す方法について
ご紹介していきたいと思います。

洗濯物から魚の臭いがする原因

 

洗濯物が魚臭い…そんな時には、

  1. 魚の臭いが染み付いている
  2. 雑菌が繁殖している

この2つのどちらかが原因の可能性が高いです。

生魚などを調理したりした時に
着ていて服に魚の臭いが染み付いてしまい、
取れなくなってしまったのであれば、
わざわざ調べなくても原因が分かっているかと思います。

しかし、生魚を調理したり、
触ったりしたこともないのに、
洗濯物が魚臭くなってしまっている…という場合は、
洗濯物に雑菌が繁殖してしまった事が原因で
魚の臭いがしている可能性が考えられます。

なので、魚臭くなるはずがないのに
洗濯物から魚の臭いがするという場合は、
繁殖してしまった雑菌を撃退しないといけないのですが、

洗濯物の臭いの原因となる雑菌
(モラクセラ菌)は普通に洗濯するだけでは
死滅させることができないので、
普通に洗濯しているだけだと、
何度も臭いがぶり返してしまうので、
次にご紹介する洗い方で雑菌を撃退し、
魚の臭いを消すようにしましょう。

 

服や洗濯物の魚の臭いを消す方法

 

洗濯物が魚臭くなってしまった場合は、
普通に洗濯するだけでは臭いを消すことができず、
ずっと魚の臭いがしてしまうというような
ことになってしまう場合があるので注意が必要です。

雑菌が繁殖していることで洗濯物が魚臭い場合も、
生魚の臭いが染み付いてしまった場合も、
ここでご紹介する方法で洗うようにすれば
臭いを消すことができるので参考にしてください。

 

■用意するもの

  • 魚臭い洗濯物
  • 粉末ワイドハイター
  • ぬるま湯(40℃くらい)
  • バケツ
STEP.1
バケツにぬるま湯を溜めワイドハイターを溶かす

 

まずは、バケツにぬるま湯を溜め
ワイドハイターを適量溶かして
洗濯物をつけおきするための溶液を作ります。

ワイドハイターはお湯1リットルに対し1グラムの
割合で溶かすようにしてください。

STEP.2
洗濯物をつけおきする

 

バケツに溶液を作ることができたら、
魚臭くなっている洗濯物を溶液にしっかり浸るように入れ、
そのままの状態で2時間つけおきします。

STEP.3
洗剤を入れず洗濯機ですすぎと脱水を行う

 

洗濯物のつけおきが完了したら、
洗濯機に入れすすぎと脱水のみを行いましょう。

この時洗濯機には洗剤などは何も入れません。

STEP.4
乾燥させる

 

洗濯機ですすぎと脱水ができたら、
洗濯物を乾燥させてください。

干して乾燥させても良いですが、
乾燥機がある場合は乾燥機で乾かした方が良いですね。

 

雑菌臭の発生を予防するには?

 

洗濯物から魚の臭いがする原因や、
魚の臭いを消す方法については
ここまでにご紹介した通りなんですが、

できれば、洗濯物が魚臭くならないように
雑菌が発生するのを予防したいですよね?

そこで、ここからは、
洗濯物の雑菌臭の発生を予防するには
どのようなことに注意したら良いのか?
ということについて解説していきたいと思います。

 

1.洗濯物を濡れた状態で長時間放置しない

 

洗濯物に雑菌が繁殖する原因となるのが、
濡れた状態で長時間放置してしまう
ということになります。

例えば、お風呂上がりに体を拭いたタオルを
濡れたままの状態で丸めて洗濯カゴに入れたり、
洗濯機に溜めたりすると、
あっという間に雑菌がタオルに繁殖して
タオルが魚臭くなってしまうでしょう。

このような事にならないためには、
濡れた洗濯物は乾燥させて
洗濯機で洗うまで保管しておくのが効果的です。

なので、濡れたタオルなどは、
一度干す場所を用意しておいて乾かしてから
洗濯カゴに入れるようにするというイメージです。

ちなみに、洗濯カゴを使わず、
洗濯槽にどんどん洗濯物を溜めている
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
洗濯槽の中は湿度が高く風通しが悪いので、
洗濯槽を洗濯カゴ代わりにしてしまうと、
洗濯物に雑菌が繁殖しやすくなりますし、
洗濯槽にもカビが発生しやすくなるので、
洗濯物は洗濯槽に溜めないようにしてください。

洗う前の洗濯物を洗濯機にためるのがNGな3つの理由とは?

 

2.洗濯物が乾きづらい時は乾燥機を使用する

 

雨の日や梅雨時期や冬場の寒い日は、
洗濯物が乾くまで時間がかかってしまいますが、
このように乾くまで時間がかかる時も、
洗濯物が濡れている時間が長くなってしまうため、
雑菌が繁殖しやすく注意が必要です。

なので、洗濯物が乾きづらい時は、
乾燥機を使用するのがおすすめです。

乾燥機がない場合は、
除湿機やサーキュレーターをつけながら
室内干しして乾くまでの時間を短縮しましょう。

 

3.洗濯槽を定期的に掃除しておく

 

洗濯槽の掃除も定期的にしておくようにすると、
洗濯物の臭いを予防するのにつながります。

1~2ヶ月に1回は洗濯槽クリーナーで
洗濯槽を掃除しておくようにしましょう。

洗濯機に黒カビぴろぴろワカメが出来る原因と根こそぎ除去する方法!

 

まとめ

 

今回は、
洗濯物から魚の臭いがする場合に考えられる原因や
洗濯物の魚の臭いを消す方法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

魚を触ったりしていないのに
洗濯物が魚臭くなってしまった…
という場合は洗濯物に雑菌が
発生してしまっている可能性が高いので、
今回ご紹介したように粉末ワイドハイターで
つけおきして雑菌を撃退しないと、
ずっと魚臭さが残ってしまうので気をつけましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください