洗濯物の量の測り方!洗濯機が容量オーバーにならないか確認する方法

洗濯機に洗濯物を入れすぎてしまうと、
振動が大きくなってガタガタしたり、
洗濯機への負担が大きくなって故障の原因になったり、
オーバーフローを起こして水漏れが起こす
などの原因になるので気をつけたいです。

ですが、今溜まっている洗濯物が
何キロ分溜まっているのか?って
測ってみないと分かりませんよね。

そこで今回は、
溜まっている洗濯物の量の測り方について
みなさんにシェアしていきたいと思います。

「ちょっと洗濯物の量が多そうで
洗濯機が容量オーバーしたら嫌だな~」
という時洗濯物の量を測るようにすれば、
容量オーバーになるかならないか分かるので、
安心して洗濯機を回すことができますよ。

洗濯物の量の測り方

 

では、早速洗濯物の量の測り方を見ていきましょう。

 

●用意するもの

  1. 洗濯カゴ
  2. 洗濯物
  3. 体重計
STEP.1
体重計に洗濯カゴを持って乗る

 

まずはじめに、
洗濯物が入っていない状態の洗濯カゴを持って
体重計に乗り何キロあるかメモしてください。

この記事では手順を説明するため、
50キロだったとして、
話をすすめていきます。

STEP.2
洗濯カゴに洗濯物を入れて体重計に乗る

 

次に、洗濯カゴに溜まっている洗濯物をすべて入れ、
それを持った状態で再度体重計に乗り、
何キロかメモをしてください。

ここでは説明のため、
60キロだったとして話をすすめていきます。

STEP.3
洗濯物ありとなしの重さを引き算する

 

洗濯カゴに洗濯物を入れた状態のときと、
入れていないときの重さを測り終えたら、

「洗濯物ありー洗濯物なし=○Kg」

という計算式に当てはめて引き算します。

ここでは、
「60ー50=10Kg」となるので、
洗濯物の量は10キロ分溜まっている
ということが分かります。

STEP.4
洗濯機のキロ数を確認する

 

さて、溜まっている洗濯物の量が何キロか分かったら、
洗濯機の容量に対してオーバーしないか確認しましょう。

例えば、使っている洗濯機が7キロなのに、
10キロの洗濯物を入れてしまったら、
当然容量オーバーになってしまうので、
2回に分けて洗濯しなければならない
ということになります。

このように、洗濯物の量を測るのは、
体重計と洗濯カゴがあれば簡単に測れるので、
もしちょっとでも洗濯物の量が気になったら、
この方法で何キロあるのか確認してみてさい!

 

洗濯物の1枚あたりの重さの目安

 

ここでは、目安として、
洗濯物として多い服の種類1枚あたり
どれくらいの重さがあるのか?
ということについてご紹介します。

Tシャツ110g/枚
ワイシャツ・ブラウス200g/枚
スラックス・スカート400g/枚
タオル70g/枚
バスタオル300g/枚
靴下50g/枚
トランクス80g/枚
ショーツ30g/枚
パジャマ上下500g/枚
肌着(長袖・半袖)130g/枚・110g/枚

 

洗濯機に入れる洗濯物の量は容量の7割くらいがおすすめ

 

使っている洗濯機の容量通り、
洗濯物を入れて洗うということは
もちろんできなくはありませんが、

洗濯機が最も性能を発揮することができるのは、
容量に対して7割くらいの洗濯物が入っている時なので、
洗濯機に入れる洗濯物の量は、
容量の7割くらいにするのがおすすめです。

なので、
例えば7キロの洗濯機を使っている場合は、
5キロくらいの洗濯物を入れて
洗うようにするという感じになります。

洗濯物の量の測り方を知っていれば、
洗濯機の容量に対して適切な量の
洗濯物を入れて洗うことができるので
ぜひ活用してみてください^^

 

まとめ

 

今回は、洗濯物の量の測り方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯物の量の測り方を知らないと…

「洗濯物今何キロ溜まっているのかしら?
ちょっと多いような気がするけど
洗濯機になんとか入ったから大丈夫よね?」
と、疑問を抱えながら洗濯することが
出てきてしまうかもしれませんが、

今回ご紹介した洗濯物の測り方を知っていれば、
「今日は、洗濯物の量が多いから
2回に分けて洗濯した方が良いわね」
という感じで迷わず洗濯することが
できるようになりますよ。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください