洗濯機を床に直置きするデメリット!床が水浸しになって変色する?

洗濯機を置くスペースには
防水パンが設置されている
というイメージがありますが…

引越し先の洗濯機の設置スペースが
床に直置きするタイプで、
「え?洗濯機で床に直置きしても大丈夫なの?」
と思ってしまったりすることもあるようですね。

洗濯機を床に直置きしてしまうと、
床に洗濯機の跡が残ってしまったり、
結露が落ちて床が変色してしまうような気がするので、
なんとなく洗濯機を床に直置きするのは
気が引けるという感じもします。

そこで、洗濯機を床に直置きする
デメリットについて調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は洗濯機を床に直置きすると、
どんなデメリットが考えられるのか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機を床に直置きするデメリット!床が水浸しになって変色する?

洗濯機を床に直置きすると、
どんなデメリットが考えられるのでしょうか?

この事について気になっている方も
少なくないようですが、

洗濯機を床に直置きしてしまうと、

  1. 床に跡や凹みが出来てしまう
  2. 洗濯機の底に発生した結露が落ちて床が変色したりする
  3. 水漏れした時の受け皿がなにもない

というようなデメリットがあります。

なので、防水パンなり洗濯機トレイなり
何かしら洗濯機の下に置いて、
その上に洗濯機を設置した方が
安心して洗濯機を使えるということになりそうですね。

とはいえ、
別に床に洗濯機の跡がついたりしても特に気にしない…
という方は洗濯機をそのまま床に
直置きしているという場合もあるようですが、

やはり、万が一洗濯機が水漏れを
起こしてしまった時のことを考えると、
床に直置きすると受け皿が何もなく
床が水浸しになってしまったり、
階下に水漏れしてしまう
なんて事になりかねないですし、

洗濯機の底は結露しやすく、
その結露が床に落ちてしまうと、
床が弱ったり腐ってしまう…
ということもあったりしますので、

洗濯機を床に直置きするのは
デメリットの方が大きいといえそうです。

洗濯機を設置するなら床の保護とリスク管理を

ここまでは、
洗濯機を床に直置きするデメリットについて
いろいろとご紹介してみたんですが…

やはり、洗濯機を設置する場所は
しっかりと床を保護し、
万が一水漏れが発生した時の事も考えて、
防水パンや防水トレイを設置した上に
洗濯機を置くというようにして
しっかりリスク管理をしておいた方が良いと思います。

洗濯機の防水パンの必要性

ただ、賃貸物件だと入居する人によって
使う洗濯機のサイズがまちまちなので、
そもそも防水パンを設置しない…
というケースもあったりするのですが、

このような場合であれば、
自分が使う洗濯機のサイズに合った
防水パンなり防水トレイを使えますし、
床に直置きしない事で、
退去時のムダな費用を抑えられる
かもしれませんよね。

まとめ

今回は洗濯機を床に直置きする
デメリットについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗濯機を床に直置きしてしまうと、
床を傷めてしまう原因になったり、
水漏れが起きた時のリスクが高くなってしまうので、
洗濯機は床に直置きしないほうが
何かと安心できるのではないかと思います!

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする