洗濯機を床に直接置いたら跡や凹みが出来る?保護した方がいい?

あなたのご家庭では洗濯機はどのように
設置されていますでしょうか?

防水パンや洗濯機台の上に設置しているという方もいれば、
床に直接置いているという方もいるとおもいますが、
床に直接洗濯機を置いていない人からすると、
洗濯機を床に直置きすると跡や凹みができるのではないかと
心配する声もあるようです。

そこで、今回は洗濯機を床に直接置いたら跡や凹みが
できてしまうのかどうかについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



洗濯機を床に直接置いたら跡や凹みが出来る?

洗濯機を床に直接置くかどうか

これについて激しい議論を交わした経験を
持っているという方も意外と多いようで、
ネット上でも様々なところでやり取りがされているようです。

床に置きたくない派の理由としては

  • 床に跡や凹みができてしまうかもしれないから
  • 洗濯機の下の掃除がしにくくなるから
  • 洗濯機の下のスペースに湿気がこもりにくくなるから
  • 水漏れした時に対処しやすくなるから

このような理由が挙げられているようです。

一方で、洗濯機を床に直置きしても良いと考えている人の理由は、

  • 洗濯機を床に直置きしている家もたくさんある
  • 洗濯機の下を掃除することはまずない
  • そもそも台をつけるかどうかは自由、ということは必要ない
  • 振動が大きくなる可能性がある

というような根拠を持っているようですね。

では、議論の焦点となっているところに絞って話を進めていきますが、
「洗濯機を床に置いたら跡や凹みができるか」
ということなのですが、
洗濯機を床に直置きすると跡や凹みが出来る可能性はあります。

それはなぜかというと、
洗濯機の底の部分は結露しやすく
結露した水が床に落ちると床が弱くなり
それによって跡や凹みなどができたり
床そのものが弱ってしまう場合があるからなのです。

なので、洗濯機を置くスペースの床を傷つけたくない
という場合には防水パンや洗濯機台を使って床を
保護しておいた方が良いと思います。

洗濯機を置くなら床を保護した方がいい

以前、洗濯機の防水パンの必要性について
ご紹介したことがあるのですが、
やはり洗濯機を設置する場合には防水パンなどを
置いた上に設置した方が良いとおもいます。

もちろん、防水パンを使用せず床に直置き
することもできるのですが、
それで何も問題が起こらない保証はどこにもありませんよね。

なので、安心料としてこうした一手間を
付け加えておくということは
やるだけの意味があるといえるでしょう。

まとめ

今回は洗濯機を床に直接置くと跡や凹みが
出来るのかどうかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯機の底は結露を起こしやすく床を弱らせてしまう
事も多いので水漏れの心配が少なくなった今でも
防水パンを設置するメリットは大きいようです。

もし、洗濯機を床に直置きするかどうか
悩まれているのであればぜひ今回の記事を
参考にされてみてくださいね^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする