洗濯機の予約タイマーは終わる時間それとも始まる時間?使い方!

洗濯機についている予約タイマー機能が
使いこなせたとしたら
自分が最も都合の良い時間に
洗濯が終わるように設定することができるので、
例えば外出先から帰ってくる時間に
洗濯が終わるように設定しておく
なんて使い方が出来るのは分かるんですが、
「洗濯機の予約タイマーで設定した時間は
洗濯が終わる時間なのかそれとも始まる時間なのか?」
ということが分からなかったために
これまで使うことがありませんでした(^_^;)

取扱説明書があればよかったんですが、
どこかに行ってしまって見ることができなかったんですよね~

洗濯機の予約タイマーは洗濯がはじまる時間か
それとも洗濯が終わる時間かが分からないと
狙った時間に洗濯を終わらせることが出来なくなってしまい困るので
洗濯機の予約タイマーについて調べてみたのですが、
私と同じような疑問を抱く人もいるかもしれないので
今回は備忘録として洗濯機の予約タイマーの
使い方を書いていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機の予約タイマーは終わる時間?始まる時間?

というわけで、取扱説明書もなく
洗濯機の予約タイマーは洗濯がはじまる時間を
予約するものなのか、
それとも洗濯が終わる時間を予約するものなのか
分からずこれまで使うことがなかった
洗濯機の予約タイマー機能だったんですが、
結論から言ってしまうと、
洗濯機の予約タイマーは設定した時間後に
洗濯が終わるようにするものとなります。

なので、例えば朝の7時に洗濯機の電源を入れ
予約タイマーを6時間後に設定したとしたら
洗濯が終わるのは13時ということになります。

ということは、だいたい12時くらいから
洗濯機が自動的に動きはじめて
洗濯が13時に終わるようにしてくれる
ということなんですね。

というわけで、洗濯機の予約タイマーは
洗濯が終わる時間の設定をするためのもの
ということになるんですが、
洗濯機にはいろんなコースがあって
それぞれ必要な時間は変わってきてしまうので
もし6時間後に洗濯が始まるというふうな
予約タイマーにしてしまうと、
終わる時間がバラバラになってしまって
分かりづらくなってしまうので、
終わる時間を指定することが出来た方が
いろいろと都合が良いですよね。

洗濯機の予約タイマーの使い方

というわけで、洗濯機の予約タイマーは
洗濯が終わる時間を指定するものになるので
一般的な使い方としては、
自分が確実に家に戻ってきている時間に
洗濯物が終わるように予約タイマーを
設定しておくという使い方があります。

洗濯物は洗濯が終わってから長い時間
放置されてしまうと雑菌が繁殖したりして
においが出てきてしまったり、
洗濯槽にカビが生えやすくなってしまったりするので
洗濯が終わったらすぐ洗濯物を干す
というのが理想的です。

ただ、洗濯は1回に1時間くらいの時間がかるので、
すぐに出来上がるわけではないので
洗濯が終わる前にでかけなければならない
というような場合もあると思います。

そんなときに洗濯機の予約タイマーを設定しておけば
自分が帰ってきて確実に家にいる時間帯に
洗濯を終了させることができるので
予約タイマーはかなり便利な機能ということなんですね^^

まとめ

というわけで、今回は洗濯機の予約タイマーは
洗濯がはじまる時間を指定するものなのか
それとも洗濯が終わる時間を指定するものなのか
ということについてご紹介しました。

洗濯機の予約タイマーは洗濯が終わる時間を
指定するためのものである
ということを頭のなかに入れておけば
自分が最も都合が良い時間に
予約タイマー機能を使って洗濯を
終わらせるようにすることができるので
ぜひ活用していきたい機能ですよね~

というか、これまで使い方が分からず
予約タイマー機能を使ってこなかったのは
かなり損をしていたなぁという感じなんですが、
これからは予約タイマーをバシッと
使いこなしていきたいと思います^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする