洗濯機からワカメがなくならない!正体や除去方法を画像で徹底解説!

みなさんは定期的に洗濯槽の
お掃除はされていますでしょうか?

先日、数カ月ぶりに槽洗浄をしてみたら、
洗濯槽の中にワカメのようなものが
出てきてしまったんです(^o^;)

「これはかなりマズイ状況なのでは…」と思った私は、
もう一度槽洗浄コースをしてみたのですが…
ワカメはまだまだ出てきているようで、
なくならないようでした…

そこで、洗濯槽の掃除をしたら
出てきたワカメのようなもの正体や、
ワカメがなくならない時の対処法
について調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も少なくなかったので、

今回は、洗濯槽から出てくるワカメの正体や、
ワカメがなくならない時はどうしたら良いか?
ということについてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

【洗濯機】洗濯槽からワカメがなくならない!
ワカメの正体は黒カビだった…

 

洗濯槽の掃除をした時に出てきた
ワカメのようなものの正体は何なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
洗濯槽から出てきた黒いワカメの正体は、
黒カビ」になりますΣ(´∀`;)

なんとなく、
黒カビのような気がしていたんですが、
いざ洗濯槽の中に大量の黒カビがある
という事実を突きつけられるとショックですね。

ちなみに、余談ですが、
洗濯槽から出てくる黒カビの事は
ちまたでは「黒カビピロピロわかめ」なんて
言われていたりするようです(笑)

そのまんまって感じですが、
それだけ多くの人が、
洗濯槽に発生してしまう黒カビに
悩まされているという事なのでしょう。

また、黒カビが発生している洗濯槽で
洗濯物を洗ってしまうと、
洗濯物に黒カビが付着してしまうので、
それによってアレルギーやアトピー、皮膚炎などを
引き起こす原因となる可能性もあるようなので、
洗濯槽に黒カビが発生してしまっている場合は、
次の手順でしっかり除去していきましょう。

 

洗濯槽の黒カビピロピロわかめを除去方法【画像解説】

 

ということで、
洗濯槽の黒カビピロピロわかめを
除去する方法について解説していきます。

 

■洗濯槽の黒カビを除去する方法

 

●用意するもの

  1. 粉末ワイドハイターEX
  2. ゴミすくいネット
  3. 洗面器かバケツ
  4. 40~60℃のお湯

 

◆手順1・洗濯機の中に何も入っていないか確認する

 

まずは念の為洗濯機の中に洗濯槽の中に
何も入っていないかどうか確認しておきましょう。

 

 

◆手順2・糸くずフィルターを掃除する

 

次に、洗濯槽の中にある
糸くずフィルターを取り外して、
ほこりやゴミなどを掃除して、
フィルターをきれいにします。

 

 

◆手順3・洗濯槽のふちを掃除する

 

洗濯槽のふちの部分をのぞいてみると、
こんな感じで汚れていると思いますので、
雑巾などで拭き掃除します。

 

 

◆手順4・洗濯槽に40~60℃のお湯をためる

 

洗濯槽の中にお湯をためていきます。

水よりもお湯を使った方が
汚れ落ちがよくなりますので、
なるべくお湯を使いましょう。

また、お湯の温度は40℃~60℃が最適です。

熱湯だと洗濯機が故障する原因になるので
使用しないように注意して下さい。

 

洗濯槽の中にお湯を入れる方法はいろいろありますが、
洗濯機の水栓からお湯が出ない場合は、
バケツや洗面器にお湯をためて
洗濯槽の中にお湯を運んで溜めたり、
お風呂でお湯を沸かしてバスポンプで
洗濯槽にお湯を移動させましょう。

 

 

◆手順5・粉末ワイドハイターEXを水10Lに対し50g入れる

 

洗濯槽いっぱいにお湯を溜め終わったら、
粉末ワイドハイターを水10Lに対して50g入れます。

例えば、60Lだった場合は、
300gの粉末ワイドハイターを
洗濯槽の中に投入します。

 

 

◆手順6・洗濯機を3分間洗いで運転する

 

粉末ワイドハイターを投入したら、
洗濯機のふたを閉めて、
洗いのみで3分くらい運転させて、
粉末ワイドハイターを溶かして、
洗濯槽の中に行き渡らせます。

 

 

◆手順7・一時停止ボタンを押し3時間つけおき状態にする

 

3分ほど、洗いで運転させたら、
洗濯機の一時停止ボタンを押して
そのまま3時間ほどつけおき状態にします。

また、時間に余裕がある場合は、
12時間くらいつけおきさせると理想的です。

 

 

◆手順8・洗濯機を洗いのみで運転し、水面に浮いている黒カビを取り除く

 

つけおきが終わったら、
洗いのみで洗濯機を運転させ
汚れを浮かせていきます。

今回は水が黒っぽく濁っただけですが、
黒カビが発生している洗濯槽ですと、
水面に黒カビが浮いてきますので、
ゴミすくいネットで大きなところを
取り除いておきます。

 

 

◆手順9・脱水を行う

 

水面のゴミを取り除き終わったら、
洗濯機の水を脱水させます。

 

◆手順10・糸くずフィルター、洗濯槽内の黒カビを掃除する

 

糸くずフィルターや洗濯槽の底に
ゴミや黒カビが出てきているので、
それらを取り除きます。

 

 

◆手順11・洗濯機の空運転を2回行って終了

 

最後に洗濯機を標準コースで2回
空運転させて終了となります。

 

このようにすると、
洗濯槽の黒カビを除去することができますよ^^

また、洗濯槽を取り外して、
洗濯槽を掃除して黒カビを除去する
という方法もあるので、
徹底的に黒カビを退治したい…
という場合は分解掃除にチャレンジ
してみてはいかがでしょうか?

 

 

また、洗濯槽に黒カビピロピロわかめが
出来ないように予防するコツも
いくつかあるのでご紹介していきますね^^

  1. 洗濯機を使わない時は蓋を開けておく
  2. 洗濯物は洗う直前まで洗濯カゴに入れておく
  3. 洗濯が終わった洗濯物はすぐ取り出して干す
  4. 洗剤の使用量を守る
  5. 1~2ヶ月に1回槽洗浄を行う

このような事を意識するだけで、
洗濯槽に黒カビが発生するのを
防ぐことができますので、
ぜひ参考にしてみてください(^^)

 

まとめ

 

今回は、洗濯槽に発生するワカメの正体や、
洗濯槽から黒カビがなくならない時の
対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗濯槽は黒カビが発生しやすい環境なので、
普段から黒カビを発生させないように
注意することが大切ですが、

もし、洗濯槽に黒カビが発生して
なくならなくなってしまった…
という場合は今回ご紹介した除去方法で
黒カビピロピロわかめを退治してみてください^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください