洗濯機に長期保証は必要?保証期間内でも有料修理になる場合とは?

大手家電量販店では、長期保証をしますという
謳い文句でアフターケアの安心感を打ち出し
ネット通販などとの差別化を図っていますが、
洗濯機を購入する場合にこの家電量販店の
長期保証は必要なのでしょうか?

例えば、5年とか10年というような長期保証期間を
設けている家電量販店も少なくありませんが、
果たしてこの長期保証は本当に必要なのか?
ということについて疑問も残ります。

そこで、今回は洗濯機に限定してお話しますが、
長期保証は必要なのかどうかということなどについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



洗濯機の長期保証は必要なのか?

洗濯機を購入する場合には本体価格だけでなく、
アフターケア、つまり保証の内容も
購入を決定するための判断材料となると思いますが、
5年や10年というような長期保証は
果たして本当に必要なのでしょうか?

結論からいうと、長期保証は必要ではありますが、
期間は5~7年あれば充分だと思います。

洗濯機の故障で最も厄介なのが初期不良です。
購入してから間もない段階でいろいろな
動作不良やエラーが発生してしまう場合には
保証に入っておかないと修理代が高くついてしまう可能性があるので、
このような初期不良対策として保証に入っておくというのは必須です。

また、洗濯機の寿命は7年くらいと言われていますので、
10年の保証期間をつけたとしても
そこまで使い切れるかどうかは分かりませんし、
故障の修理をするにも部品がなくなってしまっている
という場合も少なくありません。

それに、新たに高性能な機種がたくさん
発売されているはずなので、
寿命が来るであろう7年目以降の故障に関しては
買い替えをしていった方が賢い選択といえます。

・洗濯機の修理費用の相場はいくらくらい?

というわけで、まとめると…
洗濯機には長期保証が必要ではありますが、
寿命といわれている7年ほどあれば
完全にカバーすることができるでしょう。

しかし、長期保証に入ったからといって
必ずしも安心というわけではないのです。
その理由は次にご紹介していきます。

長期保証期間内でも有料修理になる場合がある?

さて、長期保証がついている場合
保証期間内に洗濯機が故障してしまったとしたら
もちろん無料で修理してもらえると思いがちですが、
実は必ずしもそうではないようです。

まず、多いパターンが年数を重ねるごとに
保証限度額が下がってしまうタイプの
長期保証で修理金額がオーバーしてしまったという場合です。

例えば、ヤ○ダ電機では、

  • 1年目:メーカー保証100%
  • 2年目:購入金額の80%
  • 3年目:購入金額の40%
  • 4年目:購入金額の30%
  • 5年目:購入金額の20%

というように年々保証限度額の割合が下がってしまいます。
安い洗濯機を購入した場合には保証限度額を
修理費用が超えてしまう可能性もなくはないので
長期保証だからといって油断することはできません。

このように保証限度額が年々下がってしまうタイプの長期保証は
他にもコジ○やジョー○ン、ヨ○バシなど
多くの家電量販店が採用していますが、
保証限度額が下がらないところもあるんです。
それはケーズデ○キなのですが、
ケーズデ○キは保証限度額なし&保証回数無制限なので
アフターケアが最も良い家電量販店と言えそうですね。

まとめ

今回は洗濯機の長期保証は必要なのかどうか
ということについてご紹介しました。

洗濯機の耐用年数や故障パターンなどを考えると
初期不良時の対策と寿命と言われている7年までの
期間をカバーできる保証内容があれば完璧といえそうです。

また、長期保証といっても年々保証限度額が
下がっていってしまうタイプを採用している
ところも少なくありませんので、
保証内容が充実しているところで
洗濯機は購入した方が安心度は高いと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする