【洗濯機】手洗いコースがない時の対処法!ドライコースとの違いは何?

この間、洗濯機を買い換えたら、
新しい洗濯機には手洗いコース
がありませんでした(^_^;)

「手洗いコースがなかったら、
洗濯表示が手洗いの服が洗えないじゃん…」

結構手洗いコースを使う事も多かったので、
手洗いコースがないのに驚いたのですが、

「さすがにこれだけたくさんコースがあれば、
手洗いコースの代わりになるコースもあるのでは?」

と思い、
早速手洗いコースの代わりに使える
コースはあるのかどうか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機に手洗いコースが
ない時の対処法などについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【洗濯機】手洗いコースがない時の対処法!

さて、洗濯表示が「手洗い」と
なっている衣類を洗濯機で洗う場合は
「手洗いコース」を使用して洗うと思いますが、

洗濯機に手洗いコースがない場合は、
手洗いコースで洗うような衣類を
どのコースで洗ったら良いのでしょうか?

これについて気になっている方も
少なくないようですが…

結論から言ってしまうと、
手洗いコースがない場合は、
「ソフトコース」もしくは「ドライコース」を
使って洗っていくのが正解です。

・「ソフトコース」と「ドライコース」の違いとは?

ドライコースは洗濯機のコースの中で
最も弱い水流で洗うコースで、
ソフトコースはドライコースよりも
若干強い水流で洗うコースになるので、
どちらかのコースで代用して洗うと良いでしょう。

ちなみに、
「羊毛コース」がある場合は、
このコースも手洗いコースに相当するので、
羊毛コースを使用して洗うのも間違いではありません。

手洗いコースとドライコースの違いとは?

というわけで、
手洗いコースがない場合は、
ソフトコースやドライコースを使えば
問題ないということだったんですが、

実は、ドライコースというのは、
手洗いコースの改良版なんだそうです(笑)

なので、洗濯機を買い換えたら
手洗いコースがなくなっていた…
というのは自然な事なんですね。

つまり、これまでの洗濯機では
手洗いコースだった部分が、
新しい洗濯機ではドライコースに
置き換わっていたということだったんです。

もちろん、ドライコースの方が衣類を
いためず優しく洗うことができるので
手洗いコースよりもドライコースの方が
優れているコースになるので、
むしろドライコースになってくれて
とてもありがたいのです(笑)

ちなみに、ドライコースと言っても
クリーニング店の「ドライクリーニング」
とは異なるので注意しましょう。

洗濯機のドライコースは
とても弱い水流で洗うコースですが、
ドライクリーニングは石油系の溶剤で
衣類を洗うクリーニング店でしか出来ない洗い方なので
名前は似ていますが間違わないようにしてくださいね。

まとめ

今回は、洗濯機に手洗いコースがない時の
対処法などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

古い洗濯機では手洗いコースだったものが、
今はドライコースと置き換わっているようなので、
洗濯機を買い換えたら手洗いコースが見当たらない…
と、なってしまう事も多いようです。

ただ、手洗いコースがないといっても、
ソフトコースやドライコース、
羊毛コースなどが手洗いコースに相当するので、
このどれかのコースが洗濯機にあれば、
代用できるので問題ありませんよ。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする