洗濯機に手洗いコースがない時の対処法!ドライコースとの違いとは?

洗濯機を買い替えたら、
「手洗いコースがなかった…」
なんてことってありますよね?

洗濯表示に「手洗い」とあった場合、
洗濯機の手洗いコースを使っている
という方も多いと思いますが、

手洗いコースがなかったら、
洗濯機で洗う事ができないですね(^_^;)

とはいえ、
洗濯機で洗濯表示が手洗いのものを
洗えなくなってしまうのは不便なので、
何か「手洗いコース」の代わりになる
コースはあるのかどうか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
洗濯機に手洗いコースがない時の対処法や、
手動で手洗いコースを再現する設定方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【洗濯機】手洗いコースがない時の対処法!

 

さて、
洗濯表示に手洗いマークがある場合、
洗濯機で洗う際は「手洗いコース」を
使用するのが普通かと思いますが、

洗濯機に「手洗いコース」がない場合は、
どのコースを代わりに使って
洗ったら良いのでしょうか?

この事ついて気になっている方も
少なくないようですが…

結論から言ってしまうと、
手洗いコースがない場合は、
「ソフトコース」もしくは「ドライコース」を
使って洗っていくのが正解になります。

・「ソフトコース」と「ドライコース」の違いとは?

ソフトコースもドライコースも
どちらも弱い水流で洗うコースになるので、
手洗いコースの代わりに使用する事ができますが、
ソフトコースの方がやや強い水流で洗い、
ドライコースは洗濯機の中で
最も弱い水流で洗うコースになります。

ちなみに、
「羊毛コース」がある場合は、
羊毛コースも手洗いコースに相当するので、
羊毛コースを使用して洗っても良いでしょう。

 

手洗いコースとドライコースの違い

 

ということで、
手洗いコースが洗濯機にない場合は、

  • ソフトコース
  • ドライコース
  • 羊毛コース

で代用することができるというわけだったんですが、

ここで手洗いコースとドライコースの
ちょっとした豆知識について
お話していけたらと思います。

一見すると手洗いコースとドライコースは
別のコースに見えますが、
実は、ドライコースは手洗いコースの
改良版にあたるコースになるんです(笑)

つまり、ドライコースは手洗いコースの
次世代版コースという事になるので、
手洗いコースがなくなった洗濯機には
必ずと言っていいほどドライコースが
搭載されているはずです。

逆にいうと、
洗濯機から古いタイプにあたる
手洗いコースがなくなってしまった
というのはごく自然な事だったんですね。

単純に手洗いコースが
改良版であるドライコースに
置き換わっているのですが、

機能的にはドライコースの方が、
繊維をいためず優しく洗う事ができるので、
ドライコースがある洗濯機をお使いの場合は、
ぜひ積極的に活用されていってください(*^^*)

ちなみに、ドライコースと言っても
クリーニング店の「ドライクリーニング」
とは異なるので注意しましょう。

洗濯機のドライコースは
とても弱い水流で洗うコースですが、
ドライクリーニングは石油系の溶剤で
衣類を洗うクリーニング店でしか出来ない洗い方なので
名前は似ていますが間違わないようにしてくださいね。

 

手動で手洗いコースを再現する方法

 

洗濯機の設定を自分で決めて、
手洗いコースを再現する方法について
ご紹介していきたいと思います。

洗濯機に手洗いコースに相当するコースがない
という場合はぜひ参考にしてみてください。

まず、
手洗いコースで洗いたい
洗濯物を洗濯ネットに入れ、
おしゃれ着用洗剤を用意します。

そうしたら、
洗濯機の洗いは普通に行い、
すすぎ2回の脱水1分に設定し洗えばOKです。

脱水の時間を長くし過ぎてしまうと、
しわがついてしまうので注意してください。

 

まとめ

 

今回は、洗濯機に手洗いコースがない時の
対処法などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

古い洗濯機では手洗いコースだったものが、
今はドライコースと置き換わっているようなので、
洗濯機を買い換えたら手洗いコースが見当たらない…
と、なってしまう事も多いようです。

ただ、手洗いコースがないといっても、
ソフトコースやドライコース、
羊毛コースなどが手洗いコースに相当するので、
このどれかのコースが洗濯機にあれば、
代用できるので問題ありませんよ。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください