【洗濯機】溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?何回するものなの?

洗濯洗剤を落とすために必要なのが「すすぎ」ですが、
このすすぎには「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」があり、
どのような違いがあるのかよく分からず
うまく使いこなすことができていない方も少なくありません。

適切なすすぎができていないと、
衣類に洗剤が残ってしまい、
アレルギーなどが起こってしまうなどの
リスクが高くなってしまいますので
今回は洗濯機の溜めすすぎと注水すすぎの違いや、
何回に設定すれば良いのかなどについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



【洗濯機】溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?

全自動洗濯機を使っている場合は、
すすぎの方法や回数を選択することが
できるようになっていると思いますが、
どのような設定にすれば良いのか
イマイチよく分からず困っていませんでしょうか?

というわけで、まずは溜めすすぎと注水すすぎの
違いについて簡単に解説していきたいと思います。

溜めすすぎは、一定量まで水を注水した後、
水を止めて撹拌(かくはん)するのに対し、
注水すすぎは一定量まで水を注水した後も
水を注水し続けて行きます。

注水すすぎをすると洗濯槽から水があふれますが、
それは洗濯槽上部にある排水穴から排出される仕組みで、
このオーバーフロー時にゴミなども一緒に
排出されるようになっています。

つまり、この2つのすすぎの大きな違いは
水の使用量にあるといえます。

溜めすすぎは節水効果が高く、
洗剤や柔軟剤が水で薄まってしまわないので
それらの香りや柔軟剤効果が高く出ますが、
注水すすぎに比べると洗剤が残留しやすいです。

一方の注水すすぎは水の使用量が多くなるものの、
洗剤などをしっかりとすすぎきることができるメリットがあります。

洗濯機のすすぎは何回するものなの?

さて、ここまでは「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」の
違いについてご紹介してきましたが、
これらのすすぎは何回行えば良いのかについてご紹介します。

まず、溜めすすぎの場合には最低でも2回以上行うようにしましょう。

先程お話した通り、溜めすすぎは水を一定量のみ使用し
撹拌してすすぎを行う方法なので、
1度だけでは十分に洗剤などをすすぎきることはできず
洗剤や柔軟剤などが残ってしまいますが、
2回溜めすすぎをすると人体に影響が出ない数値まで
落とすことができるというデータがあるので、
溜めすすぎは2回以上に設定する必要があるのです。

そして、注水すすぎですが、
注水すすぎは1回でも良いと思いますが、
洗剤残りなどが心配な場合は2回行うと良いと思います。

まとめ・ベターなすすぎの方法について

今回は溜めすすぎと注水すすぎの違いや
何回行えば良いかなどについてご紹介しましたが、
普通は溜めすすぎ2回で洗濯をしている人が多いようです。

また洗濯機の「標準コース」も
溜めすすぎ2回の設定になっているものが
ほとんどなので標準コースを使っている方は
そのまま使い続けて大丈夫ですよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする