【洗濯機】溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?何回するものなの?

洗濯洗剤を落とすために必要な
「すすぎ」ですが…

一口に「すすぎ」といっても…

「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」があるので、
この2つのすすぎの違いがわからないと、
うまく使いこなす事ができません。

という私も、
これまで標準コースばかり使っていたので
すすぎの設定をいじった事はなかったんですが、

すすぎをしっかりしないと、
洗濯物に洗剤が残ってしまい、
アレルギーが起こったりする可能性がある

ということを知ったのがきっかけで、
洗濯機のすすぎの重要性を知って、
すすぎについていろいろ調べてみた
という感じでした。

で、もしかしたら、
私と同じように溜めすすぎや注水すすぎの違いや
すすぎの回数設定は何回にすれば良いのか?
ということで悩んでいる方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は洗濯機のすすぎについて
いろいろとご紹介したいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【洗濯機】溜めすすぎと注水すすぎの違いとは?

すすぎの回数や方法を選択できる
洗濯機を使っていたとしても、
どうやって使いこなしたら良いか分からない
という方も多いのではないでしょうか?

ということで、早速
「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」の違い
について解説していきたいと思います。

まず、「溜めすすぎ」はどんなすすぎなのか?
ということなんですが…

「溜めすすぎ」は水を一定量まで注水し、
その後注水を止めて撹拌する
というすすぎ方法になるのに対し、

「注水すすぎ」は、
注水を止めることなく撹拌を続けていく
すすぎ方法になります。

つまり、「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」の
大きな違いはすすぎをする時に
注水するかしないかということになるのですね。

で、「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」の
使い分けについてですが、

「溜めすすぎ」は、
水を止めてすすぐため節水ができたり、
柔軟剤の香りが水で薄まってしまわないため、
洗濯物に香りを残したい時などは
溜めすすぎを使用すると良いでしょう。

一方「注水すすぎ」は水の使用量は多くなりますが、
洗濯槽から水が溢れるのと同時に、
ゴミや汚れ、洗剤なども一緒に排出されるので、
しっかりすすぎきりたい時に使うと良いですね。

【洗濯機】溜めすすぎと注水すすぎは何回するものなの?

ここまでは、
「溜めすすぎ」と「注水すすぎ」の違いについて
いろいろとご紹介しましたが、

最後にすすぎの回数は何回行えば良いか?
ということについてシェアしていきたいと思います。

すすぎの回数設定が出来るのは
知っているけれど、
何回に設定すれば良いのか
ちょっと良くわからない…

と疑問に思っている方も
少なくないと思いますが、

結論から言ってしまうと、
「溜めすすぎ」の場合は2回、
「注水すすぎ」の場合は1回
で設定すると良いでしょう。

先程もお話しましたが、
溜めすすぎは注水を止めてすすぎを行うため、
1回だけでは洗剤や柔軟剤が
残ってしまう可能性があるため、
最低でも2回すすぎを行う必要があります。

ちなみに、
洗濯機の標準コースを使用する場合は、
溜めすすぎ2回の設定が
デフォルトになっている事が多いです。

また、注水すすぎは1回だけでも
しっかりすすぎを行う事ができますが、
洗剤残りなどを気にする場合は、
2回行うようにすると安心かと思います。

まとめ

今回は、溜めすすぎと注水すすぎの違いや
すすぎは何回に設定すれば良いのか?
ということについてご紹介しまいたが
いかがだったでしょうか?

基本的に洗濯機にあるコースを使用すれば、
適切なすすぎを行ってくれるのですが、
知識としてすすぎについて知っておくと、
すすぎの重要性であったり、
適切な使い分けをすることができるので
知っておいて損はないかと思います(笑)

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする