【洗濯機】ソフトコースとドライコースの違い!洗濯表示手洗いはどっち?

みなさんは、
洗濯機のソフトコースとドライコースの
違いってご存知ですか?

私は、
これまでソフトコースとドライコースの
使い方や違いが分からず、
使う機会がほとんどなかったんですが、

「洗濯機を使いこなすためには、
ソフトコースとドライコースについて
知っておかなければ…」

と思ったので、
ソフトコースとドライコースについて
調べてみたことがあるのですが、

もしかしたら、
私と同じことを疑問に思われる方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は、洗濯機の
ソフトコースとドライコースの違いなどについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

【洗濯機】ソフトコースとドライコースの違いとは?

 

というわけで、

早速、ソフトコースとドライコースの違い
についてご紹介していきたいと思います^^

まず、「ドライコース」はどんなコースか?
ということなんですが…

「ドライコース」は、
最も弱い水流で衣類を洗うためのコース
となるのでデリケートな繊維を
洗う時に使用するコースになります。

ですから、

  • ウール
  • カシミヤ
  • アンゴラ

のようなデリケートな繊維を
洗う際はドライコースを使用しましょう。

 

続いて、
「ソフトコース」はどんなコースか
ご説明していきたいと思います。

ソフトコースは
洗濯表示が「弱」と表示されている
洗濯物を洗うのに適したコース

になります。

なので、洗濯表示を見て
弱い水流で洗濯をすることができる、
と表示されている衣類を洗う場合は
ソフトコースを使用すると良いですね。

 

MEMO
  • ドライコース … 最も弱い水流で洗うコース
  • ソフトコース … 標準コースよりもソフトな水流で洗うコース

 

洗濯表示が「手洗い」の衣類を洗う場合は
ソフトコースとドライコースどっちを使えばいい?

 

ここまでは、
ドライコースとソフトコースの違い
についてご紹介しましたが、

 

ソフトコースとドライコースについて
いろいろと調べているうちに…

「洗濯表示が手洗いと書かれてある
衣類を洗う場合はソフトコースとドライコース
どちらのコースを使えば良いの?」

という疑問を持っている方も
たくさんいらっしゃったので、
この事についても書いていきたいと思います。

 

洗濯表示が手洗いとなっている場合、
基本的には優しく手洗いするか、
クリーニングに出すのが
理想的な洗い方になりますが、

ドライコースもしくは手洗いコースで、
洗濯ネットに入れて洗うようにすれば
洗濯機で洗っても問題ありません(^^)

もしよかったら参考にしてみてください。

 

まとめ

 

今回は洗濯機の
ドライコースとソフトコースの違いについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

基本的にドライコースが
最も弱い水流で洗うコースで、
ソフトコースはドライコースよりも
やや強い水流で洗うコースとなるのですが、

洗濯機の機種によって、
「ドライコース、手洗いコース、ソフトコース、
おうちクリーニングコース」
というように呼び方が違っていたりするので、

コースの使い分けがよくわからないという場合は、
取扱説明書などでコースの説明を
確認してみると良いと思います^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください