【洗濯機】ソフトコースとドライコースの違い!洗濯表示手洗いはどっち?

この間、洗濯機を買い換えたのですが、
操作盤にあるコースの種類が多すぎて
何がなんだか分からなくて
戸惑ってしまうことがあるんですよね(^_^;)

どのコースがどの衣類に適しているのか
ちゃんと把握して使いこなせるようになると
かなり便利だと思うんですが、
その辺がうやむやになっていつも標準コースを
ポチッと押してしまうのは私だけじゃないはず…

ですが、ドライコースとソフトコース(デリケート)の違いは
ばっちり覚えているんです(笑)

それは、なぜかというと違いが分かりづらいコースで
「これって何に使うコースなの?」と思ったからなんです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機のソフトコースとドライコースの違いとは?

さて、洗濯機は操作盤からたくさんのコースを
選ぶことができるようになっていますが、
ソフトコース(デリケート)とドライコースの違いって
みなさんご存知でしょうか?

私もはじめ分からなかったんですが、
「ドライコース」は最も弱い水流で
衣類を洗うためのコースになります。

例えば、洗濯表示に「ドライ」と書かれてある場合は
ドライコースを使用する必要がありますし、
「ウール、カシミヤ、アンゴラ、麻、絹」などの
デリケートな繊維が使われている衣類などを
洗うために使うのがドライコースです。

ちなみに、ドライコースは水流の強さだけでなく
洗い方も洗剤を浸透通過させるように仕上げていくので
繊維にダメージを与えないような場合に最適です。

・ドライコースで洗えるものそうでないもの

では、ソフトコース(デリケート)は
どのような衣類を洗うのに適しているコースなのかですが、
ソフトコース(デリケート)は
洗濯表示に「手洗い・洗濯機」と書かれてある
衣類を洗うのに適しているコースとなります。

ソフトコースはドライコースよりも
少し強い水流で洗うコースなので、
ドライコースでしか洗えないデリケートな
繊維素材が使われているものを洗うことはできませんが、
洗濯表示に「手洗い・洗濯機」と書かれてある
衣類を洗うのに適しているコースとなります。

手洗いの洗濯表示ならどちらのコースを使うべき?

さて、ここまでドライコースとソフトコースの
違いについてご紹介してきましたが、
どちらも非常に弱い水流で洗い衣類の繊維を
傷めないためのコースということなんですが
洗濯表示が「手洗い」とだけ書かれているものは
これらのコースで洗うことはできるのでしょうか?

洗濯表示が「手洗い」とだけ書かれてあるのであれば、
やはり自分でやさしく手洗いしてあげるのが最も間違いないのですが
洗濯機で洗えなくもありません。

ちなみに、洗濯機で「手洗い」の洗濯表示がされている衣類を洗う場合は
「ドライコース」か「手洗いコース」を使用するようにしましょう。

ただ、ドライコースや手洗いコースを使ったとしても
洗濯機で洗うことになってしまうので
大切にしているおしゃれ着などを洗いたい場合は
洗濯機ではなくクリーニングに出した方が良いと思います。

まとめ

今回は洗濯機のドライコースとソフトコースの
違いなどについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯機にはたくさんのコースがありますが、
使いこなせるようになると
洗う衣類に対して適切なコースを選べるようになるので
衣類の繊維を洗濯で傷めてしまう事を減らすことができますね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする