洗濯機が漏電する原因とは?修理代はいくらくらい?防止策はある?

洗濯機を使用している時の事故で
怖いのが「漏電」ですが、
実際に洗濯機が漏電を起こしてしまって
どうしたら良いか分からず困っている
という方も時々いらっしゃいます。

とりあえず、漏電しているうちは洗濯機に
触れると感電してしまう可能性があるので
洗濯機にはノータッチでいなければなりませんが、
どのように対処するのがベストなのでしょうか?

そこで、今回は洗濯機が漏電する原因や
修理代、防止策などについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機が漏電する原因とは?

洗濯機が漏電を起こしてしまう原因として
どのようなものが考えられるのでしょうか?

まず多いのがビニルコード(電線)が劣化してしまい、
本体の金属部分に接触していることで
漏電が起こってしまっている可能性が考えられます。

また、排水が悪くなってしまっていることで、
洗濯機の電気系統部が水に浸かってしまい
その結果漏電が起こっている可能性もあります。

ですが、洗濯機がどのような原因で漏電を
起こしているのかということは
実際に見てみないとハッキリと分からないので、
自分で判断しようとするのではなく
電気工事士の資格を持っている人に
見てもらうようにしましょう。

洗濯機の漏電の修理代はいくらくらい?

さて、洗濯機が漏電を起こしてしまっている場合に
考えられる原因についてご紹介しましたが、
修理を依頼した場合、修理代はいくらくらいかかるのでしょうか?

これについて調べてみると、

  1. 出張料
  2. 技術料
  3. 部品代

この3つの項目に関する費用が発生するようで、
実際に漏電修理を依頼した人の情報では
3万円ほどかかると言われたそうです。

なので、洗濯機の漏電修理を依頼すると
それなりに修理代がかかるということになるというわけですね。

もし、まだ新し目の洗濯機であれば修理して使う
ということも理にかなったことだとは思いますが、
洗濯機の寿命と言われている7年以上使用している場合には
新しい洗濯機に買い換えをした方が賢明だとおもいます。

・洗濯機って下取りしてもらえるの?

洗濯機の漏電の防止策

洗濯機の漏電の防止策としては、
日常的に洗濯機を点検することが大切ですが、
部品の劣化などはなかなか分かりづらいので
漏電してしまったとしても大丈夫なように
アース線がしっかりとつながれているようにしましょう。

・洗濯機のアース線をつけないとどうなる?

また、アース線がつなげないという場合には
コンセント式の漏電ブレーカーを設置するだけでも
安全度は格段に良くなるので、
保険として付けておくと良いでしょう。

まとめ

今回は洗濯機が漏電する原因や防止策、
そして修理代はいくらくらいなのかということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

漏電する洗濯機は基本的には古いものが多いですが、
その場合には電気部品の劣化による漏電も多いため
新しい洗濯機に買い換えた方が良いかもしれません。

とはいえ、漏電している原因は業者の人に
見てもらわなければ分かりませんので
漏電した際にはまずは業者の人を呼んで
原因を調査してもらうようにされてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする