お湯洗いすると洗濯機が故障する?適切な水温やお湯の貯め方とは?

洗濯物の汚れがすっきり落ちていると、
とても嬉しい気分になりますよね?

なので、我が家では、
汚れ落ちが良い洗剤を使って
洗濯をしているんですが、

汚れが良い洗剤に加えて、
お湯を使って洗濯をするようにすれば、
もっと汚れをしっかり落とせるのでは?
と思いつきました(笑)

ただ、お湯を使って洗濯機を
動かしても良いかどうか分からなかったので、
洗濯機でお湯洗いしても大丈夫か
どうか調べてみたところ…

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は洗濯機でお湯洗いしても良いかどうか?
ということなどについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



お湯洗いすると洗濯機が故障する!?適切な水温は何度?

食器洗いでもそうですが、
熱いお湯で洗った方が
汚れ落ちが良くなるので、

洗濯機でも同じ現象が起こるのでは?
と思った私は、
洗濯機でお湯洗いしても良いのかどうか
ということが気になりました。

そこで、早速この事について調べてみると…

40~50℃のお湯を使うのであれば、
洗濯機でお湯洗いすることができ、
また汚れ落ちも良くなる
ということが分かりました。

実際、クレヨンでつけた汚れを
40~50℃のお湯で洗った場合と
20℃の冷水で洗った場合の
汚れ落ちの違いを検証したものが
洗濯機メーカーから発表されていたので、
お湯洗いすると汚れ落ちがよくなる
というのは間違いないです^^

ただ、50℃以上のお湯を使って
洗ってしまうかえって汚れ落ちが
悪くなってしまう場合があったり、
洗濯機が故障してしまう原因になる
可能性があるので注意が必要です!

というのも、
皮脂汚れに含まれるタンパク質は
熱を加えると固まるという性質があるからです。

例えば、
生卵を熱していくとどんどん透明な部分が
白く固くなっていきますが、
これは熱によってタンパク質が
変質して固くなってしまった状態ですが、

皮脂汚れのタンパク質も同じように、
熱してしまうと固くなってしまい
取れにくくなってしまうので、
熱々のお湯で洗うよりも
40~50℃の温度のお湯で洗うのが
最も汚れ落ちがよくなるというわけなんですね(*^^*)

洗濯機にお湯を貯める簡単な方法

洗濯機でお湯洗いしたい
と思ったとしても、
洗濯機にお湯を沸かす機能がないと
お湯を洗濯機に貯める事が難しい
と思ってしまいますよね?

ですが、
簡単に洗濯機にお湯を貯める方法が
あるのでここからはその方法について
ご紹介していきたいと思うのですが、

その方法は一体どんな方法なのかというと…

お風呂でお湯を沸かして、
そのお湯をバスポンプを使って
洗濯機まで移動させてお湯を貯める
という方法になります^^

この方法であれば、
洗濯機に簡単にお湯を
貯められるのでお試しあれ!

まとめ

今回は、洗濯機でお湯洗いするのは
大丈夫なのかどうか?
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

お湯の温度が熱ければ熱いほど、
汚れも落ちやすくなるのかと思いきや、
そうではないというのは驚きでしたが、

熱々のお湯を沸かさないといけない
なんてことよりかは、
40~50℃のお湯を沸かす方が楽なので、
結果この方が良いですよね(笑)

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする