洗濯機でお湯洗いすると故障する?適切な温度やお湯の貯め方!

洗濯物の汚れがすっきり落ちると
とっても嬉しい気分になりますよね?

で、汚れ落ちを良くするために洗剤を
洗浄力の高いものにしたりもしているんですが、
さらにお湯を使って洗濯をしたら
もっと汚れ落ちがよくなるのではないかと思ったんです^^

そこで、洗濯機のお湯洗いについて
調べてみることにしたんですが、
「お湯洗いすると洗濯機が故障する」と書かれていたり、
「お湯洗いすると汚れ落ちがよくなる」と書かれていたり、
いろんな情報があって分けがわからない(;・∀・)

という状態に…

もしかしたら、私と同じように
洗濯機でお湯洗いしたいと思う人も
いるかもしれないので、
今回は洗濯機でお湯洗いするのがOKかNGか
ということを備忘録的な感じで
書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



洗濯機のお湯洗い、適切なお湯の温度は何℃?

というわけで、お湯を使って洗濯をした方が
汚れ落ちがさらに良くなるのでは
とふと思いついた私だったんですが、
お湯で洗濯をする時は使うお湯の温度に
気をつけなければならないということが分かりました。

というのも、汚れ落ちがよくなるお湯の温度と
かえって汚れ落ちを悪くしてしまうお湯の温度
というのが研究によって分かっているからなんですが、
汚れ落ちがよくなるお湯の温度というのは
40~50℃のお湯になります。

40~50℃のお湯で洗った時と、
20℃の冷水で洗った時の
クレヨンで浸けた汚れの落ち具合を比較すると
お湯で洗った方がしっかりクレヨンの
汚れが落ちたというデータが
洗濯機メーカーから発表されています。

なので、冷たい水で洗うよりも
お湯で洗った方が基本的には汚れ落ちが良くなるのですが、
40~50℃のお湯ではなくそれ以上に熱いお湯で
洗ってしまうとかえって汚れ落ちが
悪くなってしまうので注意が必要です。

というのも、皮脂汚れなどに含まれるタンパク質は
熱を加えると固まるという性質があるからなんですが、
例えば、生卵を熱していくとどんどん透明な部分が
白く固くなっていきますよね?

このようにタンパク質は熱せられると
固くなってしまうため、
あまりにも熱いお湯で洗濯をしてしまうと、
汚れに含まれているタンパク質を固めてしまうため
かえって汚れ落ちが悪くなってしまうのです。

というわけで、お湯洗いすると汚れ落ちが
良くなるというのは半分正解で半分間違いなんです^^

適切な温度、つまり40~50℃のお湯で
洗濯をした場合は汚れ落ちがよくなりますが、
それ以上に高い温度のお湯を使ってしまうと
かえって汚れ落ちが悪くなってしまう
ということになってしまうので注意が必要です。

お湯洗いする時は使う洗剤も適切なものを使いましょう

また、洗濯洗剤との兼ね合いも汚れ落ちのポイントです。

洗濯洗剤がお湯洗いを想定していないものだと
お湯洗い時に洗剤の洗浄効果がかえって
悪くなって汚れが落ちにくくなってしまう可能性があるので
お湯洗いをするという場合は
洗剤がお湯洗いを想定しているかどうか
ということも一応チェックしておくことをおすすめします。

また、40~50℃以上の熱いお湯で衣類を洗ってしまうと、
繊維を傷めてしまう原因になってしまう場合もあったり、
洗濯機は熱湯で洗うと故障してしまう可能性もあるので
お湯洗いするときはしつこいようですが、
適切な温度のお湯を使うようにしてください。

洗濯機にお湯を貯める方法

さて、洗濯機の機能でお湯を沸かして
お湯洗いすることができるという機種もありますが、
そうではない機種を使っている場合
どのようにして洗濯機にお湯を貯めれば良いのでしょうか?

もしも、お湯を沸かす機能が付いていない
洗濯機でお湯洗いをしたいという場合は
自分でお湯を洗濯機の中に貯めなければなりませんが、
例えば、お風呂でお湯を沸かして
洗濯機に運んで入れるという方法があります。

お風呂で沸かしたお湯をバスポンプを使って
洗濯機まで移動させれば
お湯洗いすることができるはずです。

洗濯機でのお湯洗いは故障の原因になる?

さて、「洗濯機でお湯洗いすると故障の原因になる」
という情報も出回っているようなのですが、
これは70℃以上の熱湯を使ってお湯洗いした場合となります。

なので、適切な湯温(40~50℃)で
お湯洗いをするのであれば
洗濯機が故障してしまうことを
心配する必要はありません。

ということで、洗濯機でお湯洗いする場合は
お湯の温度が重要ということなので、
みなさんもお湯洗いする時は
お湯の温度を意識してやってみてください^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする