洗濯機を屋外に設置すると雨で寿命が縮む?カバーはかけるべき?

物件によって洗濯機を設置するスペースが
ある場所は異なりますが、
洗濯機をベランダやバルコニーなどの
屋外に設置しなければならないという
物件も中にはあります。

しかし、屋外に洗濯機を設置してしまうと
雨で寿命が縮んでしまったりするのでは
ないかと疑問に思うことはありませんか?
また汚れなどが付いてしまわないかも心配です。

そこで、今回は屋外に洗濯機を設置する場合に
ついていろいろとご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


屋外に洗濯機を設置すると雨で寿命が縮む?

屋外に洗濯機を設置する場合に心配なのが
寿命が縮んでしまうのではないか
ということではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、
屋外に洗濯機を設置した場合には
寿命が短くなる可能性が高いです。

では、どうして寿命が短くなるのかというと、

  • 排気ガスなどの空気の汚れが付着する
  • 夏と冬の寒暖差で傷む
  • 雨が内部に入り込んでしまう可能性がある
  • 日差しでホースなどプラスチック部分が壊れやすくなる

というようにことが原因です。

ちなみに、洗濯機が動かなくなってしまう
理由は電気系統の故障によるものです。

洗濯機の電気部品は操作パネルにすべてありますが、
この基盤に雨が侵入してしまうと
ほぼ間違いなく故障してしまいます。

もちろん、操作パネルは水が侵入しないように
樹脂を流し込んで防水対策はされていますが、
温度変化などを繰り返していくと
膨張と収縮が繰り返されていって
最終的には亀裂が生じてしまいそこから
水が侵入するようになってしまいます。

なので、洗濯機を屋外に置く場合には
何らかの防水対策や日差し対策は必須なのです。

洗濯機を屋外に設置するならカバーはかけるべき

さて、洗濯機を屋外に設置する場合には
寿命が短くなってしまうリスクが
たくさん潜んでいることについてご紹介しました。

しかし、屋外にしか設置できない場合は
屋内に設置することはできませんので
洗濯機を守るために対策をすることが大切です。

洗濯機の寿命を縮めてしまうのが

  1. 日差し

です。

いいかえると、この2つの対策ができれば
屋外に洗濯機を設置したとしても
寿命が縮んでしまうリスクを抑えることができるんです。

では、どうやって対策をすれば良いかというと
洗濯機用の屋外カバーをかければOKです。

洗濯機すっぽりカバー

カバーをかければ、洗濯機の寿命を心配する
必用はなくなりますし、
汚れなどが付着することもないので
屋外に洗濯機を設置する場合には
カバーだけはかけておくようにしましょう。

まとめ

今回は、屋外に洗濯機を設置すると寿命が
短くなるのかどうかについてご紹介しました。

やむおえず屋外に洗濯機を設置しなければ
ならないという物件もありますので、
そういった場合にはカバーをかけて
雨や日差し対策をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする