洗濯機に残り湯を給水する方法!たまらない原因や節水効果について!

洗濯機のランニングコストは
ほとんどが水道代なんですが…

そんな、洗濯機の水道代を
節約できる方法として注目されるのが
お風呂の残り湯を使うという節約法。

ただ、いざ残り湯を使おうと思っても、
これまでにお風呂の残り湯を使った事がないと…

洗濯機にお風呂の残り湯を
給水する方法が分からなかったり、
給水しようとしても残り湯が
洗濯機にたまらずに困ってしまう
というケースも少なくないようです。

そこで、今回は、
お風呂の残り湯を洗濯機に給水する方法や、
お風呂の残り湯を洗濯に再利用すると
どれくらいの節約効果があるのか?

ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機に残り湯を給水する方法!残り湯が洗濯槽にたまらない原因とは?

さて、お風呂の残り湯を
洗濯に再利用したいと思われる方も
少なくないと思いますが…

もし、残り湯を洗濯に使用する場合は、
できるだけお風呂のお湯が汚れないように
入るということを意識する必要があります。

なので、

  • 体を洗ってから湯船につかる
  • お風呂から上がる前に湯船のゴミをネットですくう

というようにして、
お風呂のお湯ができるだけきれいな
状態になるようにしまう。

汚れた残り湯を使用してしまうと、
洗濯物の汚れ落ちが悪くなったり、
排水口に汚れが溜まって排水不良が
起こってしまう原因になりますからね。

では、お風呂の残り湯はどのようにして
洗濯機に給水すれば良いのでしょうか?

お風呂の残り湯を洗濯機に給水する場合は、
バスポンプを使用して移動させます。

たまに、バケツで運んで給水する
という方もいたりしますが、
この方法だととても大変ですし、
腰を傷めてしまう原因にもなるので、
あまりおすすめすることはできません。

ちなみに、お風呂の残り湯を
洗濯機に給水する場合は、

洗濯機の電源を入れて給水が始まった段階で
一時停止をして残り湯を給水するようにしないと、
洗濯機が排水モードになっていて、
洗濯槽に残り湯がたまらない場合があるので
注意してくださいね。

残り湯洗濯をすると、どのくらいの節約できるの?

ここまでは、
残り湯を洗濯機に給水する方法などについて
ご紹介しましたが…

ここからは、
残り湯を使って洗濯をすると、
どのくらい節約できるのか?
ということについて、
ご紹介していきたいと思うんですが…

とりあえず、
洗濯1回に必要な水量を100リットルとして、
その半分の50リットルを残り湯に置き換えたと
仮定して説明していきますね。

100リットルの水道代は約30円になりますので、
半分を残り湯に置き換えたとすると、
洗濯1回あたり15円の節約になります。

なので、
毎日1回洗濯をした場合、
1ヶ月で450円くらい
年間だと5400円くらいの節約になる
というわけですね。

・洗濯機のコンセントを抜くとどれくらい節約できるの?

まとめ

今回は洗濯機に残り湯を給水する方法や
どのくらい節約効果があるのかなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

洗濯機のランニングコストの大部分は
水道代となっているので、
残り湯を再利用すると多少手間はかかりますが、
ある程度の節約効果は期待することができそうです。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする