洗濯機に熱湯を入れても大丈夫?掃除や消毒をしたいけど故障しない?

熱湯を使うと汚れ落ちが良くなるので、
掃除をする時あえて熱湯を使ったりしますが、

ならば、洗濯機に熱湯を入れて洗濯物を洗えば、
汚れ落ちが劇的にアップさせられそう…
と思いつきました(笑)

ただ、これまで洗濯機に熱湯を入れて洗う
なんて事は見たことも聞いた事もなかったので、

「洗濯機に熱湯を入れても大丈夫なのか?」

ということについて調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、
洗濯機に熱湯を入れても大丈夫なのかどうか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機に熱湯を入れて掃除や洗い物・消毒をしても大丈夫?

洗濯機は熱湯を入れても大丈夫なのでしょうか?

もし、
熱湯を入れても大丈夫なら、
洗い物の汚れ落ちがよくなったり、
洗濯槽の消毒も簡単にできそうですよね。

早速、この事について調べてみたことろ…

残念ながら、
洗濯機に熱湯を使用するのはNG
ということが分かりました(^_^;)

というのも、
洗濯機は熱湯に耐えられる設計になっておらず、
耐えられるのは50℃までとなっているので、
熱湯を使用してしまうと洗濯機が故障する
原因になってしまいます。

なので、
例えば、洗濯槽の消毒をしたい…
というような場合は、

50℃のお湯を洗濯槽に張り
塩素系漂白剤を1カップほど入れ、
3分くらい撹拌したら、
2時間ほどつけおきし、
脱水したら水量MAXの標準コースで洗う…

というようにする事で洗濯槽の
消毒をすることができるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

お湯で洗うと繊維を傷める原因になる場合も…

ここまでは、
洗濯機に熱湯を入れると
故障する原因となるからNGで、
50℃までのお湯なら大丈夫
ということについてご紹介しましたが、

洗濯物を洗うためにお湯を使う場合は、
50℃だと熱すぎて繊維を傷めてしまう可能性があるので、
40℃くらいに調整して洗うようにするのが無難です。

また、衣類を手洗いする場合も
汚れ落ちが良くなるから…
と熱すぎるお湯を使ってしまうと、
服の繊維を傷めてしまう原因となりますので、
40℃くらいのお湯を使うようにすると良いでしょう。

・洗濯機で使うお湯の最適な温度や溜め方

まとめ

今回は、洗濯機に熱湯を入れるのは
大丈夫なのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗濯機は耐熱温度が50℃となっているので、
50℃以上のお湯を使ってしまうと
故障してしまう原因になるので
熱湯を入れる事はできないのですが、

そもそも熱湯で洗濯をしてしまうと
衣類の繊維を傷めてしまう事にもなるので、
熱湯で洗濯するのはNGだったんですね(^_^;)

というわけで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする