洗濯機に熱湯を入れても大丈夫?掃除・消毒したいけど故障しない?

「お湯で洗濯をすると汚れ落ちが劇的に良くなる!」
という情報を耳にしたことがあるという方も少なくないと思いますが、
どうせだったら、熱湯で洗濯をしたり洗濯機を掃除消毒した方が
効果を発揮してくれるのではないかと思われて
「実際はどうなのか?」と疑問に感じている方も多いようです。

確かに、熱湯だと汚れなどがガッツリ落ちそうですよね。

ということで、今回は洗濯機に熱湯を入れても大丈夫か
どうかということについてご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


洗濯機を熱湯で掃除消毒しても大丈夫?故障しない?

洗濯物をお湯洗いすると汚れ落ちが良くなるのは事実なのですが、
だからといって熱湯を使用するということはNGです。

というのも、洗濯機自体が熱湯に耐えられる構造ではなく
耐熱温度は50℃までとなっているので、
熱湯を使用してしまうと洗濯機が故障してしまう可能性があります。

つまり、洗濯機に熱湯を入れるのは故障させる行為となるので、
間違っても洗濯機に熱湯は入れないようにしましょう。

また、洗濯機の掃除や消毒をしたいという場合にはお湯ではなく
市販されている洗濯槽クリーナー洗剤で行ってください。

洗濯機で使えるお湯の温度について

さて、洗濯機の耐熱温度は基本的に50℃までとなっているので、
お湯を使用する場合には50℃以下のお湯を
使うようにすれば良いということになりますが、
50℃だとちょっと熱すぎる可能性があるので、
40℃くらいのお湯を使うようにすると良いとおもいます。

また、熱すぎるお湯で洗濯をしてしまうと
衣類の繊維を傷めてしまう原因にもなるため、
汚れ落ちがよくなるからといって
お湯の温度を高くして洗濯するのは
あまり良いことではありません。

したがって、洗濯機で安心して使用できる40℃くらいの
お湯で衣類の汚れをやさしく落とすのが
最良のお湯での洗濯方法といえるのです。

・洗濯機で使うお湯の最適な温度や溜め方

まとめ

今回は洗濯機で熱湯を使っても大丈夫かどうか
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

洗濯機は耐熱温度が50℃に設定された構造なので、
それ以上の温度のお湯を使うのは不可能なのですが、
そもそも熱湯で洗濯をしてしまうと
衣類を傷めてしまうだけなので
あまり良い方法ではなかったんですね(^_^;)

なので、お湯を使って洗濯をする場合には
衣類を傷めず汚れ落ちがよくなる40℃くらいが最適ですし、
また洗濯槽を掃除したり除菌する場合には
50℃以下のお湯を使うようにすれば良いと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする