洗濯機のコンセントを抜くと電気代はどれくらい節約できるのか?

みなさんは、
洗濯機を使い終わったらコンセントを
抜いたりしていますでしょうか?

コンセントを抜くと、
ムダな待機電力がかからなくなるため
節電が期待できるという話しを
昔耳にした事があったので、

ふと、洗濯機のコンセントを
使わない時抜くようにすると、
どれくらい節電できるのか?
ということについて
気になったので調べてみたのですが、

調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機を使わない時、
コンセントを抜くと
一体どれくらい電気代を節約できるのか?
ということについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います。

洗濯機のコンセントを抜くと電気代はどれくらい節約できるの?

 

洗濯機というと、
動かしている時間よりも、
使わず動かさない時間の方が長いので、

洗濯機を使っていない時は、
コンセントを抜くようにすると、
かなり待機電力が抑えられて、
節電ができそうなイメージがありますが、

洗濯機のコンセントを使わない時抜くと、
一体どれくらい待機電力を節電することが
できるのでしょうか?

この事について
気になっている方も少なくないようですが、

まず、
洗濯機の待機電力について調べてみると、
洗濯機の待機電力は0.3Wほどで、
新しい機種だた待機電力が0というものもありました。

なので、
洗濯機を使わない時コンセントを抜いたとしても、
節電効果を実感できない可能性が高いです。

もし、待機電力が0.3Wの洗濯機のコンセントを
1ヶ月間挿しっぱなしにしていた場合、
待機電力は5円ほどしかかからないので、
毎日頑張ってコンセントを抜き差ししたとしても
5円ほどしか節電できないというわけなんですね(^_^;)

 

ただ、
次のような待機電力が大きい家電の場合は、
使わない時にコンセント抜いておくようにすると、
それなりに節電につながるので、
もし使用されている場合は使用しない時
コンセントを抜くと良いかもしれません。

  • ミニコンポ … 待機電力約4.8w
  • 留守番電話機能付き電話機 … 待機電力約4.5w
  • パソコン … 待機電力約2.8w
  • エアコン … 待機電力約2.4w
  • ビデオデッキ … 待機電力約2.4w

ちなみに、
上記の家電も新しい機種になればなるほど
待機電力が抑えられている傾向があります。

 

コンセントの抜き差しが家電の寿命を短くする理由

 

ここまでは、
洗濯機を使わない時コンセントを
抜くとどれくらい節電になるのか?
ということなどについて
ご紹介してきたのですが、

ここからは、
コンセントを頻繁に抜き差しする行為は、
家電の寿命を短くしてしまう原因になる場合がある
ということについてご紹介していきたいと思います。

 

家電製品に最も大きな負荷がかかる瞬間は
コンセントを挿した瞬間に発生する
突入電流が流れた時になります。

コンセントを挿した瞬間の突入電流は、
通常流れている電流の約10~40倍もの
強い電流が流れるため、
コンセントを頻繁に抜き差ししてしまうと、
家電製品に過剰な負荷がかかり続けてしまい、
寿命が短くなってしまう場合があるので注意が必要です。

コンセントを抜き差しすることで、
ある程度節電できたとしても、
寿命が短くなってしまっては
元も子もありませんので、
家電製品のコンセントは
挿しっぱなしが基本的には無難と
いうことになりそうですね。

 

まとめ

 

今回は、洗濯機を使わない時に
コンセントを抜くとどれくらい
節約できるのかなどについて
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

洗濯機の待機電力はわずかなので、
洗濯機を使わない時にコンセントを
抜いたとしてもあまり意味がありません。

ただ、
定期的にコンセントプラグを抜いて
溜まったホコリを乾いた布で拭き掃除しないと、
発火したりする可能性もあるので、
定期的にコンセントを抜いてホコリを拭き掃除して
火災予防はしておいた方が良いですね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください