【洗濯機】洗濯物に毛玉がつく原因とは?毛玉を予防するコツ5つ!

洗濯した後に洗濯物を見てみると、
毛玉がくっついてしまっている…
ということってありませんか?

服に毛玉がついてしまうと、
だらしなく見えてしまうので、

「なんとかして洗濯する時に
洗濯物に毛玉ができないようにしたい…」

と思う方も多いと思いのではないでしょうか?

私も洗濯物に毛玉がやたらついて
困ったことがあったんですが、
当時は洗濯機が古いから毛玉が出来ていると思い、
わざわざ洗濯機を新しくした事があったのですが、

その後、毛玉が出来ていた原因は
洗濯機が古かったからではない
ということを知ってビックリしましたΣ(´∀`;)

で、もしかしたら、
私と同じように洗濯物に毛玉が
ついて困っているという方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は、洗濯をした時に毛玉が出来る原因や、
毛玉がつくのを予防するにはどうしたら良いのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【洗濯機】洗濯物に毛玉ができる原因とは?

洗濯機で洗い終わった洗濯物に
毛玉ができてしまっていると
残念な気分になってしまいますが、

一体、何が原因で洗濯物に
毛玉が出来てしまうのでしょうか?

ざっくりと説明すると、

洗濯物が洗濯中にこすり合わさることで繊維が伸び、
その伸びた繊維がからまるって毛玉が出来る
ということになります。

なので、
洗濯物に毛玉が発生する場合は、
洗濯物同士の摩擦が大きくなってしまっている
という事が考えられるというわけなんですね。

【洗濯機】洗濯物に毛玉が出来るのを予防する5つのコツ

洗濯物に毛玉が出来てしまう場合は
洗濯物同士が強く摩擦してしまっているのが
原因で出来てしまうということについては、
先程ご紹介した通りなんですが、

では、どうすれば、
洗濯物に毛玉が出来るのを予防することができるのでしょうか?

ここからは、
洗濯物に毛玉が出来るのを予防する5つのコツについて
ご紹介していきたいと思います。

■1,1回に洗う洗濯物の量を少なくする

洗濯物に毛玉が出来るのを予防するコツの1つ目は…

1回に洗う洗濯物の量を少なくする
ということになります。

洗濯物の量が増えれば増えるほど、
洗濯中の洗濯物同士の摩擦が増えてしまい、
結果的に毛玉ができやすくなってしまうので、

極力洗濯物を入れる場合は、
洗濯機にぎゅうぎゅう詰めにせず、
余裕を持った量までを入れて
洗濯をすると毛玉の発生を防ぐ事ができます。

■2,「洗い」を短く設定する

洗濯物に毛玉が出来るのを予防する2つ目のコツは…

「洗い」の時間を短く設定する
ということになります。

洗いの段階は洗濯物を
擦ったり叩いたりすることで、
汚れを落とそうとするので、
洗いが長くなってしまうと、
その分毛玉ができやすくなってしまいます。

なので、
「洗い」の時間を短く設定すれば、
毛玉がつきにくくなる場合があります。

■3,毛玉ができやすいものは洗濯ネットに入れて洗う

3つ目のコツは…

毛玉ができやすいものは洗濯ネットに入れて洗う
ということになるんですが、

毛玉ができやすい服というのは、
繊維が毛羽立っているなど、
摩擦が大きくなりやすい素材である事が多いので、

そういった毛玉のできやすい服などは、
洗濯ネットに入れて洗うようにすると、
他の洗濯物との摩擦を抑えることができるので、
毛玉が出来るのを防ぐ事ができます。

■4,すでにある毛玉は切っておく

洗濯物に毛玉がつきにくくするコツの4つ目は…

すでに毛玉がついている場合は、
毛玉を切ってから洗濯する
ということになります。

毛玉がついているまま洗濯してしまうと、
洗濯中の摩擦によって余計毛玉の状態を
悪化させてしまうことになるだけでなく、
他の洗濯物との摩擦も増やしてしまう原因になるので、

すでにある毛玉は切っておく
ということが大切です。

・【TESCOM】毛玉クリーナー

■5,同じ服を毎日着ないようにする

そして、最後5つ目のコツは…

同じ服を毎日着ないようにする
ということになります。

毛玉が最もできやすい
シチュエーションというのが、
毎日同じ服を着るという状況になるので、

長時間同じ服を着ないようにする
ということを徹底すると、
毛玉が出来るのを
予防しやすくなるでしょう。

まとめ

今回は、洗濯物に毛玉が出来る原因や、
毛玉が出来ないようにするコツについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ちょっとしたことに気をつけるだけで、
毛玉はできにくくすることができるので、
ぜひ毛玉が出来てお悩みの場合は、
今回ご紹介した毛玉を予防するコツを
実践されてみてください。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする