洗濯機の風乾燥とは?洗濯槽のカビ予防になる?電気代の目安はいくら

洗濯機っていろんなコースや機能がありますが、
その全部を使いこなしている人って
多分なかなかいないのではないでしょうか?

我が家の場合は、
いつも標準コースばかりになってしまうのですが、

ふと、
「せっかく、いろんな機能やコースがあるんだから、
使わないと意味がない…」
と思い、洗濯機の操作パネルを見ていたら、
「風乾燥」という機能がある事に気が付きました。

「風乾燥って何?」と、
風乾燥がどんな機能がよく分からなかったので、
風乾燥についていろいろ調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、洗濯機の風乾燥はどんな機能かや、
電気代はいくらくらいかかるのか?
ということなどについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

洗濯機の風乾燥とは?洗濯槽のカビ予防になる?

 

では、まず洗濯機の風乾燥とは
一体どんな機能なのか?
ということについて簡単に
ご紹介していきたいと思います。

風乾燥は、洗濯槽を脱水時のように回転させる事で、
洗濯物の水気を飛ばして乾燥時間を短縮するための機能です。
温風を出して乾燥させる乾燥と違うため、
洗濯物を完全に乾燥させるのはできませんが、
水気を飛ばす事ができる分、
乾燥時間が短縮される効果がある機能となります。

 

例えば、
梅雨時期に部屋干ししなければならない時、
風乾燥を使って洗濯物の水気を切ってから干した場合と、
そのまま干した場合では洗濯物が乾く時間に
かなり大きな違いが出てきたりします。

また、風乾燥を使用すると、
洗濯槽の水気も飛んで洗濯槽も乾くので、
洗濯槽のカビ予防にもなるので一石二鳥です(笑)

 

ただ、繰り返しになりますが、
温風を出して乾燥させるわけではないため、
完全に風乾燥だけで乾かすことはできませんし、
洗濯物がふんわりしてシワが伸びるわけではないので、

シワになりやすい綿100%の服を
風乾燥してしまうとかなりシワシワになって
シワ伸ばしが大変になってしまったり、
型崩れすると困るような服を
型くずれさせてしまったりするので、

  • シワになりやすい服
  • 型くずれしやすい服

には、風乾燥は使用しない方が良いでしょう。

しかし、温風で乾かすわけではないので、
繊維に与えるダメージはそこまで大きくないので、
乾燥機で乾かすよりかは風乾燥の方が
デリケートな繊維にも安心して使えるため、

普通に洗濯物が終わったら風乾燥すると
洗濯物が乾くまでの時間が短縮でき、
また洗濯槽のカビ予防にもなる便利な機能なので、
洗濯機に風乾燥機能がある場合は、
積極的に使用すると良いと思います。

 

【洗濯機】風乾燥の電気代の目安はいくら?

 

さて、ここまでは風乾燥とは
一体どんな機能なのか?
ということについてご紹介しましたが、

もう1つ風乾燥機能について
気になる疑問として上がってくるのが、
「電気代」ではないでしょうか?

一般的に乾燥機能を使用すると、
かなり電気代がかかるという
イメージがありますが、
風乾燥機能は1回あたりいくらくらいの
電気代がかかってくるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
風乾燥1回あたりにかかる電気代は
1~2円程度となります!

ですから、風乾燥機能は
ほとんど電気代がかからない
乾燥機能というわけなんですね^^

 

ちなみに、
ヒートポンプ式の乾燥機は1回使用すると約20円、
ヒーター式の乾燥機は1回あたり
約40円の電気代がかかるそうです。

1回あたりのコストで見ると少ない金額にも見えますが、
1ヶ月1年単位で比べていくとかなりの違いになるので、
風乾燥機能のコストは相当低いといえますね。

・ヒートポンプ式とヒーター式乾燥の違いとは?

風乾燥は洗濯槽を回転させるだけという
いたってシンプルな仕組みの乾燥方法なので、
温風を作らなければならない乾燥方法と違って
電気代がほとんどかからないのですね。

洗濯機のランニングコストの大部分は水道代なので、
モーターしか使わず省エネな風乾燥は、
洗濯物の乾燥時間を短縮させたり、
洗濯槽のカビ予防のために使用する目的であれば
とても重宝する機能となりそうですね。

・洗濯機のランニングコストはいくらかかるの?

 

本格的に洗濯物を乾燥させたい場合は、
しっかりした乾燥機を用意するか、
コインランドリーの乾燥機を使用するようにしましょう。

・コインランドリーの乾燥機で洗濯物が乾く時間の目安

 

まとめ

 

今回は、
洗濯機の風乾燥とはどんな機能なのかや、
風乾燥にかかる電気代はいくらなのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

風乾燥はヒートポンプ式やヒーター式のような
洗濯物を完全に乾燥させる本格的な乾燥機能ではなく、
洗濯物の水気を切って乾燥時間を
短縮させるのが目的の機能になるので、
完全に洗濯物を乾かす事はできませんが、

1回あたりの電気代が1~2円と安く、
毎回でも気兼ねなく使えるライトな
乾燥機能といえそうですね♪

なので、
我が家では風乾燥を気兼ねなく
毎回のように使っています。(笑)

みなさんも、もしよかったら
風乾燥を活用してみてくださいね^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください