洗濯機の風乾燥機能の仕組みや使い方!乾かない?電気代はかかる?

いろいろな機能がついている
洗濯機を買ったものの…
使うのはいつも標準コースばかり、
なんて事もあるのではないでしょうか?

私はまさにそんなタイプだったんですが…

「せっかく、いろんな機能があるんだから
使いこなさないともったいない!」

と思い、ちょっと新しいコースを
使ってみようと思ったら、
使い方がピンと来ないコースがありました。

そのコースは「風乾燥」という
コースだったんですが、
「風乾燥って一体何?」って感じでした(笑)

そこで、洗濯機の風乾燥はどんなコースなのか?
ということについて調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、洗濯機の風乾燥の仕組みや使い方などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



洗濯機の風乾燥の仕組みや使い方!乾かないって本当?

ということで、
風乾燥はどんなコースなのか?
ということについて調べてみたのですが…

結論から言ってしまうと、
風乾燥は脱水の回転力を利用して
洗濯物の水気を飛ばす機能になります。

なので、風乾燥は完全に洗濯物を
乾燥させるために使うわけではなく…

ある程度洗濯物水気を飛ばして、
干した時に乾燥するまでの時間を
短縮するために使うだったり…

梅雨時期に部屋干ししなければならない時に、
風乾燥を使って洗濯物の水気を飛ばす事で
部屋がジメジメしにくくなったり、
洗濯槽も乾燥するので洗濯槽にカビが
発生するのを予防するために使う
というのが風乾燥のベターな使い方になります(*^^*)

【洗濯機】風乾燥をすると電気代はいくらくらいかかるの?

さて、風乾燥の使い方については
ここまででしっかりマスターできたと思いますが…

風乾燥についてもう1つ疑問に
思うことがあったので、
ここからはこの事について
書いていきたいと思うのですが、

それは何かというと…

風感をう使うと1回あたり
いくらくらいの電気代がかかるの?
ということだったんです。

ヒートポンプ式乾燥をさせると、
1回あたり約20円の電気代がかかりますし、
ヒーター式だと約40円の電気代がかかるので、
乾燥機能というとなかなかに
電気代がかかってしまうという
イメージがありますからね(^_^;)

・ヒートポンプ式とヒーター式乾燥の違いとは?

というわけで、
風乾燥をさせた時の電気代について調べてみたのですが…

なんと風乾燥1回に必要な電気代はわずか1~2円程度
ということが分かりました!

というのも、
風乾燥は洗濯槽を回転させるだけという
いたってシンプルな仕組みなので、
必要なのは洗濯機のモーターを回転させる
電気代だけなのです^^

洗濯機のランニングコストの大部分は
水道代になっているので、
モーターしか使わない風乾燥は
とても省エネで便利な機能なんですね~

・洗濯機のランニングコストはいくらかかるの?

まとめ

今回は、洗濯機の風乾燥の仕組みや
使い方などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

風乾燥はヒートポンプ式やヒーター式のように
洗濯物を完全に乾燥させる機能ではなく、
洗濯物の水気を切るための機能となるので、
完全に洗濯物を乾かす事はできませんが、

1回あたりのコストが安いので、
気兼ねなく使いやすい乾燥機能
という位置づけになりそうです。

なので、我が家では風乾燥を
使う事がグーンと増えました(笑)

みなさんも、もしよかったら
風乾燥を活用してみてくださいね^^

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(*´ω`*)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする